ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Webアプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Webアプリケーション」に関する情報が集まったページです。

安全なWebアクセスをWebAssemblyベースで実現:
Webアプリの脆弱性から影響を受けないソフト基盤の確立に向けて、「Bytecode Alliance」が発足
Webで利用されているコードの80%は再利用ベースのモジュールだ。ここに脆弱性があるとエンドユーザーのWebアクセスが危険にさらされてしまう。そこで、「WebAssembly」などの標準をベースにクロスプラットフォーム、クロスデバイスの新しいソフトウェア基盤の構築に取り組むオープンソースコミュニティー「Bytecode Alliance」が発足した。(2019/11/15)

会議の質を採点するシステム 「資料の共有が遅い」「時間通りに進行できている」など数値化
アドバンスト・メディアが、自動文字おこしWebアプリ「AmiVoice スーパーミーティングメモ」を11月2日にバージョンアップする。文字起こしした会議の議事録を分析することで、各出席者の発言回数や発言内容などを数値化できるようにする。(2019/10/18)

守りが薄いWebアプリケーション(2):
常に偵察にさらされるWebアプリケーション、脆弱性が見つかるまで
当連載ではWebアプリケーションのセキュリティが置かれている状況と、サイバー攻撃について具体的なデータを示し、防御策を紹介している。前回はインターネットにはクリーンではないトラフィックが常にまん延していることを実証し、攻撃対象となる領域と、領域ごとの被害例について簡単に整理した。今回は、攻撃者の目線を交えて、Webアプリケーションが攻撃を受けるまでにたどるプロセスに沿って、順に解説していく。(2019/10/10)

山市良のうぃんどうず日記(162):
「Invoke-WebRequest」コマンドレットをTLS 1.2対応にする2つの方法
WebサイトやWebアプリのセキュリティの要である「SSL/TLS」は、SSL 3.0以前のレガシーなプロトコルの脆弱(ぜいじゃく)性が問題視され、より新しいプロトコルに移行することが求められてきました。SSLの後継であるTLS 1.0/1.1も脆弱性があることが明らかになり、最近ではTLS 1.2以降を要求するWebサイトやサービスも増えてきています(例:2019年7月下旬のTwitterサービスなど)。今回は、TLS 1.2以降への移行の影響で失敗するようになった「Invoke-WebRequest」コマンドレットの回避策について。(2019/9/25)

Google Chrome完全ガイド:
【Chrome拡張】このWebサイトいいね、どんなソフトウェアやサービスを使っているの?
デザインの優れたWebサイトや使い勝手のよいWebアプリを見つけたとき、「どうやって作ったんだろう?」と気になるようならば、事前に拡張機能「Wappalyzer」をインストールしておくと、利用されているソフトウェアやサービスを簡単に調べられます。(2019/8/21)

第一生命、スマホで完結できる保険 チャットで契約、電子マネーで保険料支払いと給付金受取にも対応へ
チャット形式で保険の加入や保険金の請求手続きが行えるWebアプリを第一生命保険が開発。8月15日から提供を始める。(2019/8/14)

「シャドーIT」の隠れた通信も落とし穴に
7pay事件で再考すべき「Webアプリケーション」のリスクと対策
「7pay」の不正アクセスなど、インターネット通信を利用するWebアプリケーションのインシデントが後を絶たない。Webアプリケーションのユーザー側と提供者側の双方から見て注意すべきリスクとは何だろうか。(2019/8/8)

システム改修なしでWebアプリケーションのUIを改善、NTTテクノクロスが「BizFront/SmartUI」の販売開始
Webアプリケーション画面にドロップダウンリストやラジオボタンなどを重ねて表示させてUIを改善、システムを改修せずに業務システムの使いやすさを向上する。(2019/7/17)

Twitter.comの3カラム新デザイン、本格的にローリングアウト中(後戻りなし)
Twitterが1月からテストしてきた新しいWebアプリ版サービスTwitter.comのデザインを世界でローリングアウトしている。複数アカウントの切り替えやDMへのアクセスが手軽になった。ダークモードへの切り替えだけでなく、フォントやベースカラーの変更もできる。(2019/7/16)

ユーザーの「なりたい自分」を調査:
12種類の声に“転生”できるボイスチェンジャー グリーが公開
グリーは、Webアプリケーションとして実装したボイスチェンジャー「転声こえうらない」の提供を開始した。スマートフォンなどから無料で利用できる。(2019/7/4)

守りが薄いWebアプリケーション(1):
狙われるWebアプリケーション、何が起こるのか
当連載ではWebアプリケーションのセキュリティがどのような状況にあり、どのような攻撃や防御策があるのかを紹介していく。第1回はWebアプリケーションがどのように狙われているのか、概要を紹介する。Webアプリケーションに向けた攻撃は数多く、規模も大きい。主に4つの部分が攻撃にさらされており、被害の内容は異なる。(2019/6/25)

授業の発表はGoogleスライド、フォームで模擬選挙も 学校教育で進むWebサービス活用 リードする埼玉県に聞いた
教育のICT化でGoogleのWebアプリを活用している埼玉県にイマドキの学校のICT環境について聞いた。(2019/6/17)

攻撃手段は「SQLインジェクション」が中心:
ゲーム業界が「攻撃者にとって魅力的」な理由とは アカマイが調査レポートを公表
アカマイテクノロジーズが公表した「Web攻撃とゲーム業界への攻撃」によると、2017年11月からの17カ月間にゲームWebサイトを標的とした不正ログイン攻撃は120億件。Webアプリケーションに対する攻撃のうち、SQLインジェクションが65.1%を占めていた。(2019/6/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(79):
クラウドアプリ開発を手軽に試せるWeb Apps Linux向けの無料プランが登場
Azure App Serviceの「Web Apps(Webアプリ)」で、Web Apps Linux向けの無料のサービスプラン「F1」が利用可能になりました。「F1」プランを利用すると、Linuxベースのクラウドアプリ開発を、期限や支払いを心配することなく気軽に試すことができます。(2019/5/20)

機械学習を利用してテストを作成:
UIを変更するとテスト内容を自動調整、Webアプリ向けツールをDatadogが提供開始
DatadogはWebアプリケーションのテスト自動化ツール「Datadog Browser Tests」を提供開始する。Webサイトを変更した場合でも、機械学習によってWebサイトの要素を再認識し、テストを自己調整できることが特徴。(2019/4/26)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(76):
Web App for ContainersのWindowsコンテナ対応が最新OSベースに刷新――Azure各種サービスのWindowsコンテナ対応状況まとめ
Webアプリのデプロイにコンテナイメージを使用できる「Web App for Containers」のWindowsコンテナ対応(プレビュー)が、Windows Server 2019ベースのイメージに対応しました。Windowsコンテナ対応のその他のサービスと併せて、現時点での対応状況をまとめました。(2019/4/15)

Twitterの監視もできる:
NICT、サイバー脅威情報を自動集約できるWebアプリ「EXIST」を公開
NICTのサイバーセキュリティ研究室は、サイバー脅威情報を横断的に収集し、キーワードによって脅威情報を検索できるWebアプリケーション「EXIST」の利用を呼び掛けた。(2019/3/19)

SlackのiOS/Androidアプリ、「ダークモード」設定が可能に
コラボレーションアプリのSlackでダークモードの設定が可能になった。まずはiOSおよびAndroidアプリでのみ可能だが、将来的にWebアプリにも追加する。「Settings」で切り替えられる。(2019/3/12)

製造マネジメントニュース:
コーディングなしに業務用Webアプリが開発できる、OutSystemsが日本本格進出
OutSystemsジャパンは2019年3月8日、東京都内で記者会見を開き、同社が提供するローコード開発プラットフォーム「OutSystems」の概要と日本市場における事業戦略を説明した。(2019/3/12)

Google、通話アプリ「Duo」のWebアプリを公開
Googleが、AndroidおよびiOS向けの1対1の動画・音声チャットアプリ「Duo」を、PCのWebブラウザでも利用できるようにした。(2019/2/27)

Twitter.com、一部ユーザーで新UIをローリングアウト カラムが2つになり、ツイートが少し手軽に
Twitterが一部のユーザーを対象にTwitter.com(Webアプリ版)の新ユーザーインタフェースの提供を開始した。オプトイン式で「表示する」をクリックするとカラムが2つになり、絵文字ボタンの新機能などが使えるようになる。(2019/1/23)

PWAやSPAの時代に
WebサイトとWebアプリの境目がなくなった時、Web開発の現場はどうなるか
Webアプリ、モバイルアプリ、Webサイトの境が曖昧になり、それぞれの開発における独自性が消えている。プログレッシブWebアプリ(PWA)やシングルページアプリ(SPA)の構築を学ぶべきタイミングが来た。(2018/12/27)

情シスも開発者もWebデザイナーも使える
Webサービスの安全性を底上げする脆弱性診断、誰でも手軽に実施できる時代に
自社のWebサービスやWebアプリケーションの安全性を高める必要性は理解していても、開発スケジュールや予算の制約で脆弱(ぜいじゃく)性診断を行うのは容易ではない――この前提を覆し、時間や費用を抑えた診断ができるとしたら?(2018/11/6)

動的診断と静的診断の使い分け
加速するWebサービスに追い付けない脆弱性検査、解決の鍵は?
Webアプリケーションの価値がビジネスを左右するほど重要になる一方で、脆弱性を突かれたセキュリティ被害は後を絶たない。脆弱性検査にまつわる課題を解決する鍵は。(2018/10/31)

Microsoft、手描きコラボアプリ「Whiteboard」のiOS版公開 Webアプリもプレビューに
Microsoftの“フリーフォームのデジタルキャンパス”「Whiteboard」のiOS版がApp Storeで公開された。Webアプリもプレビューになり、Android端末からも利用できる。(2018/9/26)

「オフラインGmail」Chrome拡張機能、12月3日に提供終了へ
Googleが、「Gmail」のWebアプリにオフライン機能を4月に追加したため、Chrome拡張機能の「オフラインGmail」の提供を12月3日に終了すると発表した。(2018/9/17)

Visual Studio Code+PHPの可能性を探る:
PHPプログラミングも快適に! VS Codeの二大拡張機能
VS CodeとPHPでWebアプリ開発はどこまで簡単になるのかを探る新連載。今回はVS Codeを利用したPHPによるアプリ開発に必須の拡張機能を2つ紹介する。(2018/9/11)

現実味を帯びてきたクラウドネイティブ化
企業情シス担当がコンテナ技術を導入する際に考慮すべきポイントは
Webアプリケーション開発で注目を集めたコンテナ技術が急速にエンタープライズITを変革し始めている。KubernetesやDockerを補う企業情シスのための実装を取材した。(2018/8/8)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeとFlaskによるWebアプリ開発「最初の一歩」
VS CodeとFlaskを組み合わせて、簡単なWebアプリを作りながら、ルーティング、テンプレートなどの基本を解説する。(2018/7/24)

ブラウザだけでなくWebアプリも移行:
IE固有の技術を撤廃してモダンWebへ、日本マイクロソフトがレガシーなWebアプリからの移行を促す
日本マイクロソフトは、Internet Explorer(IE)の利用を中止するだけでなく、IE固有の機能に依存したWebアプリケーションを改修し、モダンWebへ移行するよう促した。なお、IEのサポート終了時期については明言を避けた。(2018/7/20)

Microsoft、手書きコラボアプリ「Whiteboard」を正式版に iOSとWebアプリも準備中
Microsoftの手書きコラボレーションツール「Whiteboard」のWindows 10アプリが正式版になった。iOSアプリも間もなく登場し、Webアプリのプレビューも準備中だ。(2018/7/13)

LINEトークルーム内に自社Webアプリ展開 Messaging APIに新機能
LINEの企業向けAPI「Messaging API」に新機能。自社Webアプリの入力画面などをLINEのトークルーム上にオーバーレイ表示できる「LINE Front-end Framework(LIFF)」が登場した。(2018/6/6)

Web Performerの関連3製品を新たなプラットフォームとして刷新:
Webアプリ自動生成ツール「Web Performer」を刷新、AWS Elastic Beanstalkに自動展開可能に――キヤノンITS
キヤノンITソリューションズは、Webアプリケーション自動生成ツール「Web Performer V2.2」の販売を開始した。設計情報を登録後、そのまま開発画面でテストシナリオを作成したり、テストを実行したりできるようにした他、開発したWebアプリケーションを、直接AWS Elastic Beanstalkに自動展開できるようにした。(2018/5/9)

“Excel感覚”で業務アプリを作成できるSCSKの「CELF」にRPA機能が追加 RPA実装が可能に
SCSKが、エンドユーザー向けのWebアプリ作成・運用クラウドサービス「CELF」のアプリ開発機能にRPA機能を追加し、オプションとして提供を開始した。特定の分野や一部の人に限らず、多くの人がRPAによる業務効率化の恩恵を得られる“大衆普及型”のツールを目指すとしている。(2018/4/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10のEdgeとアプリを強化する鍵は「PWA」か
Edgeブラウザの開発チームを強化するMicrosoft。その背景には、Windows 10のWebアプリ実行プラットフォームとしての性能を強化する鍵になる「Progressive Web Apps(PWA)」の影響があるようだ。(2018/4/19)

テスト自動化ツールの工数削減効果とは:
PR:もう怖くないWindows 10移行 業務アプリテストを自動化、高速化する
業務アプリの検証が間に合わず、古いバージョンのWebアプリを使っている。セキュリティの懸念もあり何とかしたいが、人も時間も足りないといった企業は少なくない。(2018/3/9)

Seleniumの弱点を補うブラウザ自動テスト用フレームワーク「Selenide」とは
Webアプリケーションのテスト自動化に特化したJava用のフレームワーク「Selenide」は、人気のある「Selenium」と比べて大きなアドバンテージがある。使い方やコードを交えて解説しよう。(2018/3/5)

テスト自動化ツールの工数削減効果とは
もう怖くないWindows 10移行 業務アプリテストを自動化、高速化する
業務アプリの検証が間に合わず、古いバージョンのWebアプリを使っている。セキュリティの懸念もあり何とかしたいが、人も時間も足りないといった企業は少なくない。(2018/2/21)

組み込み開発ニュース:
工数/プロジェクト管理ツールのWebアプリケーション版を提供開始
デンソークリエイトは、工数管理、プロジェクト管理ツールの最新版「TimeTracker NX」を提供開始した。Webアプリケーションの形で提供され、工数入力からガントチャートまで全ての処理をWeb上で完結できる。(2018/2/14)

豊富なガイダンス機能で操作をサポート:
ITオンチのアプリケーション操作をガイド――日立ソリューションズ、ユーザーエクスペリエンス改善ツール「WalkMe」を販売開始
日立ソリューションズは、Webアプリケーション向けの入力支援ツール「WalkMe」の販売を開始する。ITに不慣れなユーザー向けに「操作手順の吹き出し表示」「入力内容に応じた動的ガイダンス」「入力内容の自動チェック」などの機能を備え、操作中のトラブルや誤入力を防ぐ。(2018/2/9)

「Webの将来の鍵を握る」技術を推進:
新しいアプリの形になるか――Microsoft、「プログレッシブWebアプリ」に関する取り組みが前進
Microsoftは、「Microsoft Edge」ブラウザのプレビュー版で「プログレッシブWebアプリ」(PWA)の基盤技術の一部をデフォルトで有効にした他、Microsoft StoreでのPWAの提供に向けたロードマップを打ち出した。(2018/2/8)

統一されたデザインと操作性を持つ管理画面を容易に開発:
シーエー・モバイル、アプリの管理画面の開発をサポートする「Viron」をオープンソースとして公開
シーエー・モバイルは、「Viron」をオープンソースとして公開した。「OpenAPI Specification 2.0」に準拠し、必要なAPIを定義し、OpenAPI(Swagger)に対応したAPIを書くことで、Webアプリやネイティブアプリなどの管理画面を構築できる。(2018/2/5)

AR+スマホのビデオカメラで自分に合った眉毛を試せるWebアプリ登場
米コスメメーカーBenefit CosmeticsのWebサイトで、スマートフォンのカメラで映している自分の顔にARで眉毛を重ね、似合う形を試せる「Brow Try-On」サービスが始まった。(2018/1/22)

迷惑なアカウントを一括でブロック Twitterでの不適切画像リプライに対策するWebアプリ登場
リストに登録されたアカウントを自動でブロック。処理は定期的に行われるので、リストが更新されても自動で適用されます。(2018/1/18)

連載:Forguncy 3でカンタンWebアプリ開発:
第4回 Excelワークシートからテーブルとページを作成してみよう
ForguncyはExcelライクな使用感でWebアプリを作成するだけのものではない。今回は既存のExcelワークシートを基にWebアプリを作成してみよう。(2017/12/28)

連載:Forguncy 3でカンタンWebアプリ開発:
第3回 テーブルを作ってみよう(2)
Webアプリを簡単に構築できるツールであるForguncy。前回はテーブルの基本的な機能を見た。今回はテーブルについてさらに詳しく見ていこう。(2017/12/14)

連載:Forguncy 3でカンタンWebアプリ開発:
第2回 テーブルを作ってみよう(1)
今回は、Forguncy 3でWebアプリを作成する際に肝となる機能「テーブル」について見ていくことにしよう。(2017/12/1)

連載:Forguncy 3でカンタンWebアプリ開発:
第1回 Forguncy 3に触ってみよう
「Excel方眼紙」の「方眼紙」をもじった名前で話題となったForguncy。そのバージョン3を題材に、Forguncy 3によるWebアプリ開発の基本を見ていこう。(2017/11/10)

Apache Strutsに重大な脆弱性、直ちに更新を
2008年以降にリリースされたStrutsの全バージョンに脆弱性があり、RESTプラグインを使っている全てのWebアプリが影響を受ける。(2017/9/6)

IoT向けBLEアプリをJavaScriptのみで作成可能:
JellyWare、Web Bluetooth APIのラッパーライブラリ「BlueJelly」を無償公開
JavaScriptのみでBLEアプリを開発できるライブラリ「BlueJelly」が公開された。Web Bluetooth APIを活用し、JavaScriptを使ったWebアプリ開発の知識があれば、比較的簡単にBLE対応アプリを開発できるという。(2017/9/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。