ニュース
» 2009年10月20日 12時11分 UPDATE

Teradata PARTNERS 2009 Report:データマートの統合で難局に立ち向かう米先進企業、Teradataはクラウド戦略も明らかに (1/3)

「Teradata PARTNERS 2009」がワシントンD.C.で幕を開けた。ユーザーグループ主催にふさわしく、早朝から企業向けアワードの授与式が行われたほか、オープニングセッションの主役もレンタカー最大手のEnterpriseでデータウェアハウスのリードアーキテクトを務めているボルマー運営委員長だった。

[浅井英二,ITmedia]
harbor01.jpg 会場はポトマック川沿いに建つゲイロードホテル

 週末、鉛色の雲に覆われ、冷たい雨を降らせていた空も青く晴れ渡り、色づき始めた木々が静かなポトマック川に映える。Teradataユーザーグループの年次カンファレンス、「Teradata PARTNERS 2009」は米国時間の10月19日、秋が深まりつつあるワシントンD.C.で幕を開けた。ユーザーグループ主催にふさわしく、早朝から「Enterprise Intelligence Awards」の授与式も行われ、AT&TやUnited States Postal Serviceといった名だたる企業や公社が受賞している。

 PARTNERSは、今年で何と24回目を数える。今年、30周年を祝うTeradataは1979年、ロサンゼルス有数のヨットハーバーで知られるマリーナ・デル・レイのガレージで産声を上げた。その数年後からPARTNERSが始まり、同社はユーザーとともに常にエンタープライズデータウェアハウスの市場をリードしてきた。

 未曾有の世界同時不況が企業に与えた打撃は大きく、参加者は昨年の3000人から2600人へと減ったものの、220以上のセッションが用意され、そのうち約70はAT&Tのようなユーザー企業によるものだ。日本からもJCB、ふくおかフィナンシャルグループ、京王百貨店、および楽天の4社が選ばれ、その先進事例を紹介する。

レンタカー最大手のEnterpriseがデータマート統合

james01.jpg PARTNERS運営委員会のボルマー委員長

 オープニングセッションのステージにスポーツカーで乗り込むという俳優並みの派手なパフォーマンスで登場したのもユーザーだ。今年のPARTNERSのホストを務めるジェームス・ボルマー運営委員長は、AlamoやNationalも傘下に持つレンタカー最大手のEnterpriseでデータウェアハウスのリードアーキテクトを務めている。

 同社はばらばらに乱立していたデータマートをTeradataで統合し、顧客はもちろん、損害保険会社や自動車修理工場といったパートナーにも情報を適時提供することで、単にクルマを借りる顧客への対応だけでなく、ビジネス全体のプロセスを迅速化することに成功しているという。

 「この難しい時期、われわれはさまざまな既存のツールを再利用しつつ、2カ月でビジネスの要求に応えることができた。ばらばらだったデータは統合され、次のイノベーションへの礎となる。われわれは失敗や成功から学び、未来への洞察を見つけることができる」とボルマー氏。今年のPARTNERSが掲げるテーマは、「Accelerating Insight」だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -