ニュース
» 2009年11月26日 17時36分 UPDATE

MicrosoftがChrome OSを打ち負かすための10の作戦 (1/2)

GoogleがChrome OSをリリースするのは1年後。Microsoftは迎撃するために、何をすべきだろうか。

[Don Reisinger,eWEEK]
eWEEK

 Googleがその手の内(Chrome OS)を見せた今、同社が今後1年間で、このオンラインOSで何をする計画なのかが非常にはっきりした。多くの人々にとって、同社の計画はエキサイティングだ。Chrome OSは、現在出回っているOSと比べると非常にユニークなサービスを提供するようだ。同OSは、MicrosoftとAppleが提供する既存の主流OSならびに各種Linux OSと競合する可能性もある。

 しかしMicrosoftの反撃次第では、Chrome OSが実質的な市場シェアを獲得できない可能性もある。ソフトウェア業界の巨人Microsoftが支配するOS市場の状況が大きく変化するとは思えず、GoogleがオンラインOSを提供する唯一の企業という状態をMicrosoftが許すとは考えられない。また、オンライン分野の宿敵であるGoogleが自社の市場シェアを奪うのをMicrosoftが許すということも考えられない。だとすれば、MicrosoftがChrome OSを打ち負かすためのプランを用意している可能性が高い。では、MicrosoftがGoogleのOSを打ち負かすには何をすればいいか考えてみよう。

1. Windows 7の改良を続ける

 Windows 7は、多くのユーザーが満足している優れたOSだ。だがWindows 7は、GoogleがChrome OSでターゲットにしている唯一のOSでもある。GoogleがこのオンラインOSの投入準備を進めている間に、MicrosoftはWindows 7を必死に改善する必要がある。できるだけ多くのユーザーを引き付けるための努力も必要だ。ユーザーの満足度が高ければ高いほど、彼らがChrome OSに乗り換える可能性が低くなる。

2. Web時代を受け入れる

 それと同時にMicrosoftは、これからはインターネットの時代だという事実を受け入れなければならない。MicrosoftはOfficeでオンライン化に向けた次の有望なステップを進めたが、Windows Azureにも力を入れる必要がある。そうすることによって、ユニークな機能をオンラインで提供する唯一の企業になることを目指すGoogleの野望を阻止できるのだ。それはさらに、GoogleのOSを使いたいユーザーとMicrosoftのOSを使いたいユーザーの間で市場を分割することにもなる。

3. Chrome OSの欠点を指摘する

 自社のOSが理想的であることを示そうと思えば、他社のOSの欠点を説明するのがいちばんだ。この作戦は効果がある。Appleの「Mac君とパソコン君」CMキャンペーンがその証拠だ。Microsoftが市場に対するChrome OSのインパクトを抑制し、最終的にはこのオンラインOSの敗北を目指すのであれば、まずは宣伝活動からスタートする必要がある。

4. 企業ユーザーに誠意を尽くす

 Chrome OSの主要な欠点の1つとして、企業サポートの欠如が挙げられる。誰が何と言おうとも、Windowsは企業の世界では完ぺきなOSだ。MicrosoftがオンラインOS市場に参入したいのであれば、取り残されたくないという企業に誠意を尽くす必要がある。Googleはこれらの企業を置き去りにしようとしている。Microsoftはそういうわけにはいかない。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ