ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Chrome OS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

企業のChromebook導入が進む?
「ChromebookでWindowsアプリを使う」がソフトで実現 もうChromebookで十分?
GoogleとParallelsは、Chromebookの法人向けモデルでWindowsアプリケーションの利用を可能にする「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を発表した。Chromebookの企業利用が広がるきっかけとなるのか。(2021/1/23)

ASUS、Chromebookを10万台増産 “子供1人にPC1台”施策での需要見込む
ASUS JAPANが、Chromebook1機種を10万台増産すると発表。文科省が推進する「GIGAスクール構想」による需要を見込む。(2021/1/15)

「SOCIAL IMPACT」でデル・テクノロジーズが手がける教育サポートとは?
「デジラボ琉球新報 こどもIT・プログラミング発表会 沖縄地区代表選考会」において、デル・テクノロジーズが教育事業とCSRを通じた地域サポートについて言及した。(2021/1/11)

中古PC活用:
【超番外編】ラズパイ+Chromium OSでリモデス&Google Meet端末をこしらえてみる
教育目的として開発された比較的安価なワンボードコンピュータ「Raspberry Pi」は性能が着々と向上し、用途によってはPCの代わりとしても利用可能なほどになっている。そこで、Raspberry Piに、Chromium OSをインストールして、Chromeリモートデスクトップクライアントにする方法を紹介しよう。(2021/1/8)

学校導入にも向くマルチOS対応ワイヤレスディスプレイアダプター
マトリックスコミュニケーションズは、複数のデバイス利用に対応した業務用ワイヤレスディスプレイアダプター「TrinityVision」を発売する。(2020/12/21)

2020年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
連載「山口真弘のスマートスピーカー暮らし」でおなじみの山口さんが、2020年に購入したデジタル製品の中から、仕事に役立つ製品ベスト5をピックアップする恒例の企画。あなたのベスト5は何ですか?(2020/12/18)

Atariの新ゲームコンソール「Atari VCS」は独自OSにChromeブラウザ搭載
Atariは来年初頭に出荷予定の新型ゲームコンソール「Atari VCS」にGoogleのWebブラウザ「Chrome」をプリインストールすると発表した。ゲームモードのままストリーミングやGmailなどが使える。AndroidおよびiOS版コンパニオンアプリを使えば、モバイル端末をキーボードやマウス代わりに使える。(2020/12/17)

Google、古いPCをChromebookにするOS「CloudReady」のNeverwareを買収
Googleが、古いPCやMacにインストールしてChromebook化できるOS「CloudReady」を手掛けるNeverwareを買収した。CloudReadyはGoogleの「Chrome OS」に統合され、正式にサポートされるようになる。(2020/12/16)

TrackPointを初搭載:
ThinkPadブランドのChromebookが日本上陸 AMDプロセッサを搭載して9万5000円(税別)から
海外では幾つか発売されていたThinkPadブランドのChromebookが、ついに日本でも発売される。Chrome OS搭載のThinkPadとしては初めて、ThinkPad独自のポインティングデバイス「TrackPoint」も搭載している。(2020/12/15)

Google、Intel、ZoomなどがクラウドとITツール変革を目指す「Modern Computing Alliance」結成
Google、Intel、Box、Dell、Slack、VMware、Zoomなどが、企業向けクラウドの共通の問題を解決し、新たな標準と相互運用可能な技術開発を推進するアライアンス「Modern Computing Alliance」を立ち上げた。(2020/12/11)

Android版「CLIP STUDIO PAINT」公開 月額100円から
セルシスが、Android版「CLIP STUDIO PAINT」の提供を始めた。料金は月額100円から。(2020/12/10)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【後編】
「Powerwash」とは? 「Chromebook」を安心して使うセキュリティ機能
業務で「Chromebook」を利用する場合、IT管理者はそのセキュリティ機能を理解しておく必要がある。「Powerwash」をはじめ、Chromebookが持つ主なセキュリティ機能を紹介する。(2020/11/26)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【中編】
「Chromebook」を安全にする「確認付きブート」「自動更新」「サンドボックス」とは?
「Chromebook」はさまざまなセキュリティ機能を備える。その中から「確認付きブート」「自動更新」「サンドボックス」をざっくりと解説する。(2020/11/13)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【前編】
いまさら聞けない「Chromebook」の基礎 “データを持たない”利点と欠点は
「Chromebook」は機能をそぎ落としてコスト効率を追求したノート型デバイスだ。ビジネスでChromebookを利用する上で、IT管理者が考慮すべき点は何か。まずはChromebookの基本的な仕組みを説明する。(2020/11/3)

国内では貴重なCore i7搭載のハイエンドChromebook「ASUS Chromebook Flip C436FA」を転がしてみた
ASUS JAPANとして初めて国内にChromebookを投入してから6年を経て、コンシューマー向けにハイエンドモデルを投入する。ASUSのChromebook初となる要素が満載の「ASUS Chromebook Flip C436FA」をチェックした。(2020/10/26)

Acerが新しいPCを一挙に発表 ポルシェデザインとのコラボモデルも
Acerが、オンラインイベントで新型PCを披露した。ドイツの「Porsche Design(ポルシェデザイン)」とコラボレーションしたモバイルノートPCを始めとする注目機種を紹介する。(2020/10/22)

エイサー、法人向けChromebookにCeleron搭載15.6型モデルを追加
日本エイサーは、法人向けChromebookのラインアップに15.6型液晶を搭載した新構成モデルを追加した。(2020/9/24)

PR:約3年間電池交換不要! デル・テクノロジーズの新型ワイヤレスマウスが法人導入に最適な理由
“良いマウス”を使うことは、PCを使ったオフィスワークやテレワークの効率を向上する近道となる。デル・テクノロジーズの最新ワイヤレスマウスは、手頃な価格ながら仕事効率をアップしてくれる魅力的な選択肢だ。(2020/9/17)

Google、Web会議「Meet」用AI搭載ハードウェアキット、2699ドルから
Googleが、Web会議サービス「Meet」専用の企業向けハードウェア「Series One」を11月に発売する。Lenovoと共同開発した専用製品で、AIプロセッサ「Edge TPU」を搭載し、Googleアシスタントでも操作できる。(2020/9/16)

Tech TIPS:
スマホ版とWindows版 二刀流で「LINE」全方位対応
部署内の連絡などでLINEを利用するところも増えているようだ。ただ、PCで作業していると、いちいちLINEを見るためにスマートフォンを手に取るのが面倒になる。実は、LINEアプリはWindows 10用にも提供されている。そのインストール方法を紹介しよう。(2020/8/27)

シリーズ「私とテレワーク」:
モバイルワークの「柔なスタイル」を生かしつつ在宅型テレワークに最適化
自宅で本格的に仕事をできるように、テレワーク環境を構築するにはどうしたらいいのか。PC USERには、以前から自宅で仕事しているライター諸氏が多数いる。彼ら彼女らからその極意を伺っていく。フリーランスライターの井上晃氏に伺った。(2020/8/26)

エイサー、Core i3モデルや2in1筐体モデルなどChromebook計6機種を投入
日本エイサーは、Chrome OS搭載ノートPC5シリーズ6機種を発表、9月18日から順次販売を開始する。【訂正】(2020/8/25)

デル、Core i7モデルや4Kパネル搭載モデルも用意する法人向けChromebook
デル・テクノロジーズは、Chrome OSを採用した法人向けノートPC「New Latitude 7410 Chromebook Enterprise ノートパソコン/2-in-1」を発表した。(2020/8/21)

ゲームストリーミング「GeForce NOW」、Chromebookをサポート
NVIDIAのゲームストリーミング「GeForce NOW」がChrombookに対応した。同サービスは既に、Windows、Mac、Android、SHIELDに対応している。(2020/8/19)

Chromebookでフル機能Windowsを利用できる「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」 2020年秋予定
Parallelsは、Chromebook向けのデスクトップ仮想化ソリューション「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」の告知を行った。(2020/8/18)

Google、Chromebookでのアプリ開発を支援する「ChromeOS.dev」公開
Googleが、Chromebookを使うアプリ開発者向けのハブサイト「ChromeOS.dev」を公開した。Chromebook対応Androidアプリの開発を支援するだけでなく、Androidアプリの“完全な”エミュレーターの提供や、Chrome OS上のLinux(β)の更新情報も提供する。(2020/8/13)

ASUS、省スペース設計の法人向けビデオ会議システム
ASUS JAPANは、ビデオ会議に必要な機器をセットにした法人向けビデオ会議システム「ASUS - Google Meet hardware kit」を発表した。(2020/7/27)

Windowsフロントライン:
Windows 10Xの戦略変更と2画面デバイス「Surface Neo」の投入延期
Microsoftが2020年末の投入に向けて開発中の2画面デバイス「Surface Neo」だが、搭載OS「Windows 10X」の戦略変更に伴って、2022年への延期がうわさされている。最新事情を見ていこう。(2020/7/22)

ピクセラ、LTE対応USBドングルの新モデルを告知 2020年秋に発売予定
ピクセラは、microSIMカードの利用に対応したUSB接続型のLTEアダプター「PIX-MT110」を発表した。(2020/6/23)

ASUS、軽量設計の11.6型Chromebook「ASUS Chromebook C223NA」の一般向け販売を開始
ASUS JAPANは、法人および教育機関向けに販売を行っていた11.6型Chromebook「ASUS Chromebook C223NA」の一般向け販売を発表した。(2020/6/12)

Adobe、Flash PlayerやFramemakerなどの脆弱性を修正
「Flash Player」「Experience Manager」「Framemaker」のセキュリティアップデートが公開された。(2020/6/10)

レノボ、キーボード着脱型2in1モデルなどChromebook計3製品を発表
レノボ・ジャパンは、Chrome OSを搭載した2in1ノートPC「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」など計3製品の発表を行った。(2020/6/2)

短期集中連載「プログラミング教育とGIGAスクール構想」 第2回:
Windowsが圧倒的? 課題はネットワーク? ICT教育の現状と課題、先端事例
2020年度は小学校、2021年度は中学校で新しい「学習指導要領」が完全実施される。教育へのICT(情報通信技術)の活用がより進むことになるが、実際の教育現場はどうなっているのだろうか。その先進的事例を紹介しつつ、学習用端末、通信ネットワーク、デジタル教材やサービスにまつわる現状と課題を見ていく。(2020/5/29)

Chromeブラウザのグループタブ機能、バージョン83で正式リリース
Googleが予告していたChromeブラウザのタブグループ化機能は、5月18日の週にリリース予定の「Chrome 83」でロールアウトする。タブの右クリックでグループ作成、追加、解除などが可能だ。(2020/5/14)

Google、混沌のコミュニケーション系アプリ担当を1チームに統合
GoogleでG Suiteを統括するハビエル・ソルテロ副社長が、モバイルコミュニケーションアプリのGoogle Duo、メッセージ、電話も担当することになった。これでGmail、Google Meet、Google Chat、ハングアウトを含むすべての同社のコミュにケーション関連サービスを1チームで担当することになる。(2020/5/8)

Chromebook入門:
Chromebookどうかな? に答える10の疑問
テレビコマーシャルを見て「Chromebook」が気になっている人も増えているのではないだろうか。Chromebookは、Windows PCとどう違い、どんなメリットがあるのだろうか。ここでは、10個の質問から「Chromebookって何?」を明らかにする。(2020/4/30)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(73):
新型コロナウイルス感染拡大の余波――モダンブラウザへの影響は?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大は、IT環境や関連する製品、サービスにもさまざまな影響を与えています。例えば、Webブラウザのリリーススケジュールやセキュリティプロトコルのロックダウンのスケジュール変更などです。(2020/4/28)

短期集中連載「プログラミング教育とGIGAスクール構想」 第1回:
「プログラミング教育」が必修化されたのはなぜ? それを支える「GIGAスクール構想」とは?
2020年度は小学校、2021年度は中学校で新しい「学習指導要領」が完全実施される。特に小学校の課程では「プログラミング教育」が導入されるなど、非常に大きな変化がもたらされる。必須化の背景はどこにあるのか、そしてそれを支える「GIGAスクール構想」とは何なのか。(2020/4/16)

Google「Chrome 81」リリース TLS 1.0とTLS 1.1の無効化は先送りへ
「Chrome 81」では32件のセキュリティ問題を修正。TLS 1.0とTLS 1.1の完全無効化は「Chrome 84」に持ち越された。(2020/4/8)

Google、「Chrome 80」の脆弱性を修正 次期バージョンは4月7日週に公開
新型コロナウイルスの影響で一時的に見合わせていたリリースは再開し、Chrome安定版の次期バージョンとなる「Chrome 81」は4月7日の週に公開する。(2020/4/2)

新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第2回】
統合エンドポイント管理(UEM)10製品の「得意・不得意」な機能
「モバイルデバイス管理」(MDM)製品と「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)製品のどちらから発展したのか。この視点で「統合エンドポイント管理」(UEM)製品を評価すると、各製品の強みや弱みが見える。(2020/4/6)

Google、新型コロナで停止したChrome更新を再開 次期安定版は4月7日の週に
Googleが、新型コロナウイルスの影響で更新を停止していたChromeブラウザおよびChrome OSのアップデートを再開したと発表。来週に現行版のセキュリティ更新を配信し、3月17日に予定していた「Chrome 81」は4月7日の週にリリースする計画。バージョン82は欠番になる。(2020/3/27)

Google、「Chrome 80」の脆弱性に対処 新型コロナ影響で今後のリリースは見合わせ
デスクトップ向けの更新版では13件の脆弱性が修正された。勤務スケジュールの調整を理由に、ChromeとChrome OSの今後のリリースは見合わせる。(2020/3/19)

Google、Chromeのアップデートをセキュリティ関連以外一時停止 新型コロナの影響で
従業員にテレワークを義務付けているGoogleが、WebブラウザChromeとChrome OSの今後のアップデートを一時的に停止する。セキュリティ関連は優先させるが、今週リリース予定だったバージョン81は予定通りにはリリースしない。(2020/3/19)

日本通信が「テレワーク向け商品」を販売開始 プリペイドSIMとUSBモデム/ルーターのセットも用意
新型コロナウイルスの流行に伴うテレワークへのニーズの高まりを受けて、日本通信が「テレワーク向け商品」の販売ページを開設した。プリペイドSIMの他、プリペイドSIMと通信機器をセットにしたものも用意している。(2020/3/6)

レノボとNTTコミュニケーションズがなぜ? 「GIGAスクールパック」の背景に迫る
レノボ・ジャパンとNTTコミュニケーションズが、GIGAスクール構想に準拠するPCと各種サービスを一挙に提供する「GIGAスクールパック」を発表した。その発表会の模様をお伝えする。(2020/3/6)

エイサー、文教向け2in1ノート3製品に5年間保証モデルを追加
日本エイサーは、5年間保証を標準付属した文教市場向けコンバーティブルノートPC計3製品を発表した。(2020/3/5)

2画面で使えるアプリはどれだけ登場するか
2画面スマホ「Surface Duo」は何の役に立つのか? Microsoft製のAndroid機
Microsoftの2画面スマートフォン「Surface Duo」はビジネス用途に適しているのだろうか。Surface Duo向けのアプリケーション開発は進むのだろうか。専門家の見解を示す。(2020/3/5)

エイサー、シンプル設計のCeleron搭載12型Chromebook 4:3比ディスプレイを搭載
日本エイサーは、Celeronを採用した12型ディスプレイ搭載Chromebook「C851T-H14N」を発売する。(2020/3/4)

Microsoft Focus:
プログラミング必修化で日本PC市場にバブルが来るか ついに始まった「GIGAスクール構想」
義務教育機関におけるICT教育の計画として「GIGAスクール構想」がスタートした。2023年までに小中学校の児童生徒が1人1台端末を持ち、高速大容量の通信を利用できる環境構築を目指す。これはPCでベンダーにとって大きなバブルとなるのか。(2020/3/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。