ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Chromebook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Chromebook」に関する情報が集まったページです。

「次のWindows」も発表間近な今、各社OS戦略を考える Google I/O、WWDCから
Apple、Google、Microsoftの主要プラットフォームが最新OSをリリースする。彼らの方向性はどのように異なるか、西田宗千佳さんが分析する。(2021/6/18)

「Chromebookは学校用」という常識を覆す
「Chromebook」がテレワーク用デバイスに向いている、これだけの理由
セキュリティや管理性、起動速度、価格といった観点で評価すると「Chromebook」はテレワーク用デバイスとして十分な可能性を秘めていることが分かる。Chromebookがなぜビジネス用途に適しているのかを考察する。(2021/6/16)

Chromebookの「Chrome OS」も更新サイクルが4週間に
ChromebookのOS「Chrome OS」の更新サイクルが、6週間から4週間に短縮される。Webブラウザ「Chrome」は9月のバージョン94から、Chrome OSは11月のバージョン96からサイクルが変わる。(2021/6/13)

Google フォトの容量無制限終了で考える:
有料になった「Googleフォト」を使い続けるメリットとは? 企業の狙いとともに考察
容量無制限が終了した「Google フォト」を使い続けるメリットはあるのか。企業の狙いとともに考察する。(2021/6/11)

ワコム、「Wacom Intuos Small ベーシック」がChromebookに対応
ワコムは、同社製ペンタブレット「Wacom Intuos Small ベーシック」が“Works With Chromebook”として認定されたと発表した。(2021/6/10)

「Chromebook」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/7)

PC/モバイル向け:
「Armv9」ベースの新CPU/GPUを発表、Arm
Armは2021年4月に、サーバ向けCPUコア「Neoverse」から、インフラ向けプラットフォームとなる新シリーズ「Arm Neoverse V1」「Arm Neoverse N2」などを発表したばかりだが、今回立て続けにPC/モバイル用途向けの新製品をリリースした。(2021/6/1)

Windowsフロントライン:
過去10年で最も重要なWindowsのアップデートとは?
Microsoftの開発者カンファレンス「Build 2021」がオンラインで開催された。Windowsを中心に最新の話題を整理してみよう。(2021/6/1)

Acer、初の17.3インチ(380ドルから)を含むChromebookを4モデル発表
AcerがChromebookの新モデルを4種発表した。17.3インチの大画面「Chromebook 317」は380ドル(約4万2000円)から。最も安価な14インチ「Chromebook 314」は270ドルから。(2021/5/28)

プレミアムコンテンツ:
SSD全盛の今でも「テープ」が使われ続ける納得の理由
磁気テープにはHDDやSSDなど、他の種類のストレージにはないメリットがある。フラッシュストレージがストレージ市場で主流となりつつある中で、テープが評価される理由とは。(2021/5/28)

PR:「レッスンの提供を止めない!」 マンツーマン英会話のGabaが「ASUS Chromebox 4」にリプレースした理由
マンツーマン英会話でおなじみのGabaは、オンラインでも対面レッスンと同じように受講できる新受講システム 「Gaba Online」が人気だ。それを支えるシステムとして、新たに導入されたのがASUSの「Chromebox 4」だという。その理由と得られた成果を伺った。(2021/5/28)

next@acer:
Acer初のIntel EVOプラットフォーム対応/17.3型Chromebookを投入
Acerがオンラインイベント「next@acer〜New Perspectives」と題したオンラインイベントを開催し、多数のモデルを発表した。ここではChromebookの情報をまとめた。(2021/5/27)

レノボの小中学生向け「パソコンの扱い方」動画にWindows版が登場
レノボが5月17日から公開している小中学生向けの「パソコンの扱い方」動画にWindows 10 Pro版が登場した。GIGAスクール構想によってWindows 10 Proをプリインストールした学習用端末を手渡された子どもたちに向けた内容だ。(2021/5/27)

国内のPC市場、前年から約1.3倍も成長 その要因は
IDCによると、2021年第1四半期(1月〜3月)の国内トラディショナルPC市場の出荷台数は488万台で、前年同期比28.6%増となった。市場好調の要因とは?(2021/5/27)

英Arm、フラグシップCPU「Cortex-X2」発表 「Armv9を基にシステム全体の性能向上目指す」
英Armの日本法人アームは5月26日、フラグシップCPUコア「Cortex-X2」や高性能コア「Arm Cortex-A710」などを発表した。同社は「今後10年の戦略」として、これらを含むIP群を統合した「Arm Total Computeソリューション」をパートナー企業に提供する。(2021/5/26)

Ryzen×Chrome OSの実力は? 「ThinkPad C13 Yoga Chromebook」をじっくりチェック
ThinkPadブランドのChromebookが、ようやく日本にもやってきた。しかも、AMDプロセッサ(RyzenまたはAthlon)搭載である。その実力はいかほどのものか、実機で試してみよう。(2021/5/25)

ASUS、Ryzen 5 3500Cを搭載した15.6型2in1 Chromebookなど3製品を投入
ASUS JAPANは、Ryzenプロセッサを採用した高スペック仕様の15.6型2in1 Chromebook「ASUS Chromebook Flip CM5」など3製品を発表した。(2021/5/20)

パソコンは“優しく”使いましょう――レノボが小中学生向けに「PCの扱い方」動画を公開
レノボ・ジャパンが、小中学生向けにパソコンの使い方に関する動画を3本公開した。Chromebookを想定した内容だが、6月にはWindowsを想定した動画も公開される予定だ。(2021/5/17)

Windowsフロントライン:
「Windows 10X」中止が与える影響と「Surface Neo」の今後
Microsoftが開発を進めていた新機軸のOS「Windows 10X」が開発中止となったようだ。これまでの流れと今後についてまとめた。(2021/5/10)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(25)【最終回】:
MSがいよいよ開始か 新サービス「Cloud PC」に見えるWin 10の未来
Microsoftが近く公開すると言われている「Cloud PC」。その中身や名称に見えるMicrosoftの姿勢には、Windows 10の新しいステージのヒントがあります。Microsoftは今まで私たちがオフィスでPCを使っていた業務を一体どう変え、何を提供しようというのでしょうか。(2021/5/12)

オンライン教育を脅かす攻撃【後編】
学校がサイバー攻撃の標的になりやすい“深刻な理由”
「教育機関は攻撃者に狙われやすい」とセキュリティの専門家は指摘する。それはなぜなのか。オンライン教育の導入で新たなセキュリティ問題に直面する教育機関が、今知っておくべき現実を整理する。(2021/5/6)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年度)
SSDの駄目な使い方からWindows 10フリーズ対処法まで 新規会員が注目の話題は
さまざまな話題を紹介するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年度に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/4/29)

リモートTV視聴アプリ「DiXiM Play」のAndroid版がChromebookに対応 ライセンスの半額セールも開催中
デジオンが販売しているDTCP-IP対応DLNAクライアントアプリのAndroid版が、Chrome OSに正式対応した。同社のイメージとしては、Chromebookを持つ学生を想定しているようだ。5月6日まで、他のプラットフォーム向けを含めて買い切りライセンスを半額で提供するキャンペーンも実施している。(2021/4/28)

Linux開発環境も導入:
小型だけど超パワフル! いろいろと楽しめるASUS「Chromebox 4」を試した
ASUS JAPANからChrome OS搭載の超小型PC「Chromebox 4」が登場した。5月13日の発売を前に、実機を使ってテストしてみた。(2021/4/28)

オンライン教育を脅かす攻撃【中編】
「オンライン教育」と「セキュリティ対策」の2重苦に悩むコロナ禍の教員
教育機関にとって、新型コロナウイルス感染症対策としてのオンライン教育の導入は喫緊の課題だ。一方で新たなシステムの導入に伴うセキュリティ問題への対処もおろそかにはできない。教員の置かれた状況は。(2021/4/21)

「VDI」6つのメリットと5つの注意点【前編】
いまさら聞けない「VDI」のメリット 何がうれしいのか?
企業が「VDI」を導入することで得られるメリットには、どのようなものがあるのか。主なメリットを整理する。(2021/4/20)

シェア奪回が全てではない:
「日本の教育を全方位でサポートする」 日本マイクロソフトが教育関連の取り組みを発表
日本マイクロソフトが報道関係者向けに、GIGAスクール構想を含めた同社の取り組みについて説明会を開催。教員/児童・生徒・学生/家庭と全方位でサポートしていくことを表明した。(2021/4/16)

Slackに「トイオ・クラブ」開設 「toio」開発者とユーザーが交流できる
SIEのロボット玩具「toio」の開発者と、ユーザーやクリエイターが直接交流したり作品を共有したりできる公式コミュニティーがSlackにオープンした。(2021/4/12)

PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【中編】
Dell、HP、Lenovoの定額制PC「PCaaS」「Devices as a Service」の違いを比較
「PCaaS」(PC as a Service)と「Devices as a Service」の代表的なベンダーに、DellとHP、Lenovoがある。3社のサービス内容と特徴を説明する。(2021/4/7)

オンライン教育を脅かす攻撃【前編】
「ランサムウェア」攻撃を受けた学校は身代金を払うべきなのか? 実例から学ぶ
教育機関を狙うランサムウェア攻撃が活発化している。実際にランサムウェア攻撃を受けた米ネバダ州のクラーク郡学区は、どう対処したのか。それに対する専門家の見解とは。(2021/4/5)

Tech TIPS:
【Googleドキュメント】気付けば対応していた、Wordの変更履歴やコメントへの対応を試してみる
Wordの文書ファイルに変更履歴やコメントを付けて回覧するケースも多い。利用頻度が低い場合でも、こうした用途のためにOfficeのライセンスを購入して、Wordをインストールしなければならないのは少しもったいない。実は、Googleが無料で提供しているGoogleドキュメントを使えば、Wordの文書ファイル(DOCXファイル)に変更履歴やコメントを付けることができる。その方法を紹介しよう。(2021/4/2)

デジタル・イエスタデイワンスモア計画:
Chromebook隆盛の陰でひっそり思い出す「Firefox OS」と「Fx0」
過去を振り返りつつも未来に進む連載。今回はスマートフォンにひっそり咲いたFirefox携帯について。(2021/3/31)

Windowsフロントライン:
Windows 10Xの迷走にChromebookの陰
2019年の発表当初は「Surface Neoに搭載される2画面デバイスに最適化されたOS」という触れ込みだったWindows 10Xだったが、その役割も変わるようだ。そこには、GoogleのChromebookが大きく影響しているという。(2021/3/30)

Tech TIPS:
Gmailで不要メールを一括削除する
Gmailアプリで必要なメールのみ読んで、他のメールはそのままにしていると、いつの間にか受信トレイにメールがたまってしまう。このような場合にメールを一括で削除して、受信トレイを整理する方法を紹介しよう。(2021/3/26)

ASUS、学校利用に向く抗菌素材採用の11.6型2in1ノート
ASUS JAPANは、学校などでの導入にも適した11.6型2in1ノートPC「ASUS B1100FKA」を発表した。(2021/3/17)

発売記念キャンペーンで税込み3万5800円:
内蔵ペンでタブレットとしても使える2in1モデル「ASUS Chromebook Detachable CM3」を試す
国内のGIGAスクール構想にコミットを続けるASUS JAPANから、新たに2in1のデタッチャブルモデル「ASUS Chromebook Detachable CM3」が登場した。実機を使ってチェックしよう。(2021/3/17)

Googleさん:
10周年を迎えるChromebook、期待の新人
2011年6月15日に最初のモデルが発売された「Chromebook」。10年目を迎え、出荷台数が急増中。メインでも使えそうな期待の新モデルも、もうすぐ発売されます。(2021/3/11)

2020年のPC出荷台数は新型コロナ対策需要で過去最高の1591万台 MM総研調べ
MM総研は、2020年暦年における国内PC出荷台数の調査結果を発表した。(2021/3/11)

Chrome OSの新バージョン「M89」リリース Androidスマホとの連携機能を強化
GoogleのChromebook/Chromebox用OSがバージョンアップする。「Better together(一緒により良く)」と「Get things done fast(物事を迅速に高速に)」をキーワードに、機能の追加や改善が複数行われる。(2021/3/10)

ChromebookのOSもバージョン89に Android端末との連携やクリップボード履歴機能など
ChromebookのOSが「Chrome OS 89」にアップデートし、Android端末との連携機能「Phone Hub」や[Windows]+[V]に似たクリップボード履歴機能などが追加された。(2021/3/10)

ASUS、スタイラス付きで1キロ以下のChromebook「Detachable CM3」の動画公開
ASUSがタブレットとノートを含む4つのモードで使えるChromebook「Detachable CM3(CM3000)」の公式動画を公開した。10.5インチディスプレイで重さはキーボードを入れて920グラムだ。スタイラスを本体に収納できる。価格や販売時期はまだ不明。(2021/3/9)

「GIGAスクール構想」の推進に向けて――NECが教育ICTプラットフォームを強化
NECが教育ICTに関する説明会を開催した。同社が展開する教育クラウドサービスやハードウェア製品に関する近況や新展開が紹介された中で、興味深い話も飛び出した。(2021/3/9)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【後編】
Windows Virtual Desktopが快適に使える「シンクライアント」の条件とは?
シンクライアントを選ぶときは何を考慮すればよいのか。MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を利用する場合を例に挙げ、シンクライアント選びのポイントを説明する。(2021/3/11)

Chromeブラウザの更新サイクルが6週間から4週間に短縮へ
Googleが、Chromeブラウザのリリースサイクルを従来の6週から4週に短縮する。9月に予定しているバージョン94から適用の予定だ。隔週セキュリティアップデートの導入でサイクル短縮が可能になったとしている。(2021/3/5)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Chromebookはやっぱり安全だ」と納得できる6大機能
「Chromebookは安全に使えるデバイスだ」という声がある。本当にそうなのか。判断を下すにはそのセキュリティ機能を正しく理解することが重要だ。Chromebookが搭載する6つのセキュリティ機能を解説しよう。(2021/3/4)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【中編】
Windows Virtual Desktopが使えるシンクライアントの本命は? 5社の違いを比較
シンクライアントの代表的なベンダーにはDellとHP、IGEL Technology、NComputing、Stratodeskがある。これらの主要ベンダーが提供するシンクライアントの特徴を説明する。(2021/3/4)

エイサー、Chromebookを最大5000円引きで提供する割引キャンペーン 4月4日まで
日本エイサーは、同社製Chromebookを割引価格で提供する「はじめるなら、今!Acer Chromebook」キャンペーンを開始した。(2021/3/3)

「GIGAスクール」端末シェアでAppleが首位に MM総研調べ
MM総研は、GIGAスクール構想で導入される端末のメーカー別出荷台数の調査結果を発表した。(2021/3/3)

エイサー、学校向け2in1ノート「Acer Chromebook Spin 511」に耐久性を高めた新モデル
日本エイサーは、学校導入向け2in1ノートPC「Acer Chromebook Spin 511」シリーズの新構成モデルを発表した。(2021/2/26)

NEC、GIGAスクール向け学習用端末のラインアップを強化
NECは、教育機関を対象とした学習者用端末や教育支援サービスなどの製品群の拡充を発表、販売を開始する。(2021/2/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。