未来を創る「子どもとプログラミング教育」

マウスコンピューター初のChromebookの実力は? 「mouse Chromebook U1-DAU01GY-A」を試す(1/4 ページ)

» 2024年06月25日 15時00分 公開
[Yukito KATO, 井上翔ITmedia]

 マウスコンピューターが6月3日、同社初のChromebook「mouse Chromebook U1-DAU01GY-A」(mouse Chromebook U1)を発売した。同社は手頃な価格で高クオリティーなPCに定評があるだけに、3月12日に第一報が出て以来、本機は発売されたらぜひ試したいと思っていた。

 今回、本機を借用してレビューの機会を得た。使用感をじっくりとチェックしていこう。

mouse Chromebook U1-DAU01GY-A マウスコンピューター初のChromebook「mouse Chromebook U1-DAU01GY-A」。最小構成の販売価格は6万9850円(税込み)だ

「Next GIGA」を見越したスペック

 mouse Chromebook U1は、文部科学省の「GIGAスクール構想」で導入された端末の取り換え(リプレース)、いわゆる「Next GIGA」を視野に開発されたという。スペック的には2024年度から適用される条件を満たしており、スタイラスペンによるペン入力にも対応する。ペン入力時の利便性を確保するために、360度回転するコンパーティブル式のボディーも採用している。

天板 天板にはChromebookのロゴがあしらわれている。これはChromebookの要件の1つだ

CPUはAlder Lake世代の「Intel N100」を搭載

 CPUは「Intel Processor N100(Intel N100)」を搭載している。Intel N100は「Celeron N5105」などJasper Lake世代の低価格PC向けCPUの後継モデルで、第12世代Coreプロセッサ(開発コード名:Alder Lake)で採用された高効率コア(Eコア)のみを4基4スレッド搭載している。内蔵GPUは、Alder Lakeと同じXe-LPアーキテクチャのコアを備える。

 「低価格PC向けCPUだからパフォーマンスは期待できないのでは?」と思う人もいるかもしれない。しかし、CPUコアのパフォーマンスは、2015年にリリースされたサーバ/ワークステーション向けCPU「Xeon E3-1225 v5」よりも高い。また、内蔵GPUのコアも素性が良く、GPUを使った演算(いわゆる「GPGPU」)の処理パフォーマンスも悪くない。

 メインメモリは8GB(LPDDR5-4800)、ストレージは64GB(eMMC)を備えている。ストレージがeMMCなのはパフォーマンス的にちょっと気になる所だが、小学校や中学校の授業で“普通に”Chromebookを使うなら十分ではあるだろう。

CPUロゴ CPUは「Intel N100」を搭載する。従来の低価格PC向けCPUと比べると、CPUコアとGPUコアの両方共にパフォーマンスが改善しており、特にGPUコアのパワーアップ度合いは大きい

ペン入力にも対応(外付けホルダー付き)

 Next GIGAに向けて文部科学省が公開した「標準仕様書」では、「タッチパネル」と「ペン」の搭載が必須となっている。ペンについては、本体側にセンサーを備えるスタイラスペンの他、タッチセンサーに反応する簡易的なものでも構わないことになっている。

 その点、mouse Chromebook U1では、タッチ入力に加えて、Googleが定める「USI2.0」規格のペン入力にも対応しており、同規格に準拠するペンも付属する。ペンを別途用意しなくても済むことは、Next GIGA向け端末の導入を検討している教育機関(自治体)はもちろんだが、「学校と同じような環境を子どもに用意したい」と考える家庭にもありがたいことだろう(※1)。

(※1)小学校/中学校課程の大半の学校では、児童/生徒に学習用端末を“貸与”という形で提供しており、中には学校からの持ち出し(≒家庭への持ち帰り)を禁止または制限しているケースもある。GIGAスクール構想/Next GIGA向けの学習用端末と同じ、あるいは近いスペックのPCがコンシューマー向けに販売されるのは、「子どもの自宅での学習の足しにしたい」というニーズがあるからだという

 スタイラスペンはバッテリー内蔵の充電式で、4096段階の筆圧検知と60度の傾斜検知に対応している。特に傾斜検知は書き味(描き味)を改善する上で非常にありがたい。

 充電は付属のUSBケーブルで行う。本体にペンホルダーは内蔵されていないものの、USB Standard-A端子に差し込むペンホルダーも付属する。

 ペンホルダーについては、ペンと一緒に持ち運ぶ際に便利な上、ペンだけを紛失するリスクを低減できるので、付属するあけでもありがたい。ただし、強いて欠点をいうとペンホルダーをUSB端子に入れたまま何かにぶつけてしまうと、USB端子が破損したり、ペンホルダーが破損したりしてしまう恐れがある。運が悪いと、両方が同時に壊れてしまう可能性も否定できない。

 ゆえに「ペンホルダーを本体に内蔵してほしかった(できればペンの充電対応で)」と思ってしまう。しかし、Next GIGAの学習用端末としての導入を主眼に入れると、コストの制約で難しい面もあるだろう。ここは“痛しかゆし”である。

ペン ペンは充電式で、付属のUSB Type-Cケーブルを使って充電できる
ホルダー 本体にペンホルダーは内蔵されておらず、USB Standard-A端子に差し込むタイプの外付けペンホルダーが付属する
充電の様子 実際に充電している様子。本体に充電対応ホルダーがあれば、と思ってしまうところだが、コストとの兼ね合いでそれは難しかったのだろう
書けるって素晴らしい スタイラスペンの傾き対応は、思ったよりも書き味(描き味)の改善にプラスの効果が大きい
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー