メディア

Yukito KATO

Yukito KATOがアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

Microsoftの「Windows 開発キット 2023」は、Arm版Windows 11のアプリケーションを開発するためのPC……なのだが、作業の合間にゲームをしたいという人もいるだろう。しかし、ArmアーキテクチャのPC上で、Intelアーキテクチャ向けのゲームタイトルは動くのだろうか……? 「Steam」で購入できるタイトルから、実行できそうなものをいくつか試してみよう。

()

Microsoftが10月24日(米国太平洋時間)にリリースした「Windows 開発キット 2023」は、Armアーキテクチャ向けのWindows 11に対応するPCとしては比較的手頃な価格である。この記事では、筆者が入手した開発キットを使って、x64アプリの動作を検証していく。果たして、実用的なのだろうか……?

()

Microsoftが10月24日(米国太平洋時間)にリリースした「Windows 開発キット 2023」は、Armアーキテクチャ向けのWindows 11に対応するPCとしては比較的手頃な価格である。Windowsにおける「非x86CPU」の対応を振り返りつつ、この開発キットがどのようなものなのかチェックしていこう。

()

転ばぬ先の「UPS」選び(第3回):

PCやサーバ/NASを不意の停電から守ってくれる「UPS(無停電電源装置)」。過去2回の記事では、UPSを選ぶ上で必要な知識を解説してきたが、今回はその“まとめ”として、SOHO環境を想定して具体的にUPSを選んでいく。

()

ハイブリッドワーク時代のビジネスPC選定術(第3回):

あらゆる場所で仕事を行える「ハイブリッドワーク」では、どこでも仕事をこなせることが何よりも重要である。そんな時代において、Windows“以外”の有力な選択肢として上がってくるのが「Chromebook」を業務利用することだ。この記事では、Chromebookに「Chrome Enterprise」「Google Workspace」を組み合わせてハイブリッドワークを実現する可能性を模索する。

()

ハイブリッドワーク時代のビジネスPC選定術(第2回):

ハイブリッドワークを前提にPCを導入する場合は、どのようなことを考慮すべきなのか――既存のWindows環境を生かしたい場合は「Microsoft 365 Business Premium」を組み合わて環境作りをすることをお勧めしたい。ハイブリッドワークに最適なWindows PCを選ぶポイントと合わせて紹介しよう。

()

転ばぬ先の「UPS」選び(第1回):

PCやサーバ/NASにおいて「データのバックアップ」の重要性が説かれる一方、「電源のバックアップ」については若干見過ごされがちである。万が一の停電に備えて「UPS(無停電電源装置)」の導入をお勧めしたい……のだが、その前に、UPSの役割や、導入に当たって気を付けたいポイントを解説しようと思う。

()

ハイブリッドワーク時代のビジネスPC選定術(第1回):

新型コロナウイルス感染症を受けて急速に広がった「テレワーク(リモートワーク)」は、そこから一歩進んで働く場所を選ばない「ハイブリッドワーク」に進みつつある。そんな時代にビジネスで使うPCはどう選べばいいのだろうか? 具体的な機能から機種を検討する前に、デプロイメント(展開)の方法から検討するべきではないだろうか。

()