ニュース
» 2009年12月01日 16時54分 UPDATE

ユーザー数に応じたメール暗号化サービス、サイバートラストらが提供

サイバートラストとデジタル・インフォメーション・テクノロジーは、S/MIMEによる暗号化をユーザー数ライセンスで利用できるサービスを始めた。

[ITmedia]

 サイバートラストとデジタル・インフォメーション・テクノロジーは12月1日、S/MIMEを利用した電子メール暗号化サービス「cybertrust sealed mail」を開始した。

 同サービスは、2社が共同開発した暗号化ゲートウェイ「cybertrust sealed mail ES」で自動的に電子メールをS/MIMEで暗号化する。企業に貸与するcybertrust sealed mail ESと、電子メール暗号化専用鍵発行管理サービス「cybertrust sealed mail KMS」で構成される。

 S/MIMEは、暗号化する際にあて先数に応じた電子証明書が必要なことから、多額のコストが伴う課題があった。2社のサービスでは電子証明書の枚数ではなく、cybertrust sealed mail ESを導入する企業のユーザー数に応じて課金する仕組みを採用。これにより、S/MIMEの利用に伴う負担を軽減する。

 年間利用料は(アクティブ+スタンバイ構成、保守サポート含む)が150万円、年間ユーザーライセンスが100ユーザーの場合で24万円となっている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

暗号化 | サイバートラスト


関連ホワイトペーパー

暗号化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -