ニュース
» 2010年02月03日 14時06分 UPDATE

銀行サイトのパスワード、7割強が使い回し

オンラインバンキングサイト用のパスワードやユーザーネームを別のサイトにも使い回しているユーザーに、セキュリティ企業が警告した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のTrusteerは2月2日、オンラインバンキングサイトのパスワード利用に関する実態調査報告をまとめ、銀行サイト用のパスワードをほかのサイトにも使い回しているユーザーが大多数を占めることが分かったと発表した。

 この調査は金融機関サイト向けのブラウザセキュリティサービスRapportを利用している北米と欧州のユーザー約400万人のサンプルを対象に実施した。

 その結果、オンラインバンキングサイトで使っているパスワードを金融機関以外のサイトにも使い回しているユーザーは73%に上ることが判明。さらに、パスワードだけでなく、ユーザーネームとパスワードの両方を使い回しているユーザーも47%を占めた。

 WebメールやSNSなど、銀行サイトに比べてセキュリティの弱いサイトにも同じパスワードやユーザーネームを使っている場合、こうしたサイトから流出したログイン情報が、銀行サイトへのログインに利用されてしまう恐れがあるとTrusteerは警告する。

 ユーザーは銀行などの金融機関サイトに利用するパスワードと、金融機関以外のサイトに利用するパスワードを使い分けた方がいいと同社は忠告している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

パスワード | 銀行 | 金融機関


ITmedia エグゼクティブセミナーのお知らせ

来たる2月25日(木)に開催される「 第13回 ITmedia エグゼクティブセミナー」では、企業リスク管理の第一人者である牧野二郎弁護士が「相次ぐ不祥事、なぜ情報漏洩は後を絶たないのか」をテーマに基調講演に登壇します。

企業は、個人情報保護、 ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証の取得、リスク管理などに取り組み、多くの管理規定を整えてきたものの、情報漏洩にまつわる不祥事が後を絶たちません。内部統制の整備を通じて、企業はリスクを洗い出したはずですが、実際にそれをつぶす行動を起こしたのでしょうか? 牧野弁護士は、緊急性が高いものから即時につぶすと同時に、計画に基づいて着実にリスクを減らしていく戦略的に取り組みが必要だと説きます。

セミナーの詳細・お申し込みは こちら


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -