ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「銀行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「銀行」に関する情報が集まったページです。

3メガバンクやKDDI、JR デジタル通貨決済の勉強会開始
みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行といった3メガバンク、そしてKDDI、セブン銀行、NTT、JR東日本など、日本を代表する企業が集まり、デジタル通貨決済の勉強会を開始する。主催であり事務局を務めるのは、インターネットイニシアティブのグループ企業で、仮想通貨交換業を営むディーカレットだ。(2020/6/3)

りそなHD南社長「デジタル化で店舗コスト2割減」 3年後めど
スマートフォンのアプリを使ったサービスを拡充し事務経費を削減するほか、傘下の関西みらい銀行を中心に地域的に重複している店舗を一部集約する。(2020/6/2)

預金金利0.10% auカブコムとauじぶん銀行が口座連携を強化
auカブコム証券とauじぶん銀行は、6月1日から、双方の口座を連携するサービスを「auマネーコネクト優遇プログラム」にリニューアルした。連携によってauじぶん銀行の円普通預金口座の金利を通常の100となる、0.10%に引き上げる。(2020/5/29)

楽天銀行と楽天証券の口座連携「マネーブリッジ」が150万口座突破
約1年で連携を50万口座積み上げ。銀行と証券間で、自動で入出金が行われ、楽天銀行の普通預金金利が0.10%となる特典がある。(2020/5/25)

ファミペイ、「auじぶん銀行」「三菱UFJ銀行」からチャージ可能に
バーコード決済「FamiPay」は、5月26日から「auじぶん銀行」「三菱UFJ銀行」の銀行口座チャージが可能となる。従来のみずほ銀行、三井住友銀行と合わせ、対応金融機関は合計4行となった。(2020/5/22)

KAMIYAMA Reports:
コロナ後の世界 緊急事態から格差縮小へ
財政政策の重要性について、コロナ・ショックの前後で社会の認識が大きく変わる。財政政策を担当する政府と、金融政策を担当する中央銀行の重要性が増すだろう。「コロナ後」の人々は、政府の管理などを以前よりも信頼するようになり、“自由からの逃走”(権力への依存)の傾向が強まるかもしれない。また、GAFAなどと呼ばれるSNSの「プラットフォーマー」たちは、社会的存在意義が増すとみている。(2020/5/18)

auじぶん銀行、入金とau PAY残高チャージで現金1000円プレゼント
auじぶん銀行は、もれなく現金1000円をプレゼントする生活応援企画を実施。対象は口座へ10万円以上の振り込み入金があること、au PAY残高へのチャージ出金額が累計1万円以上を満たし、2020年3月以前にauじぶん銀行口座を開設した人。(2020/5/15)

auじぶん銀行、特別定額給付金などの入金とau PAYチャージで1000円プレゼント
auじぶん銀行は5月15日、振り込み入金があり、au PAYに1万円以上チャージすると、現金1000円をプレゼントするキャンペーンを開始した。期間は8月31日まで。(2020/5/15)

迅速なシステム構築の裏側に迫る:
ドイツはどうやって「2日」で助成金支払いを実現したのか? 開発元銀行インタビュー
コロナ危機に対して、ドイツ・ベルリンでは、助成金支給のシステムを2日で開設し、オンラインで申し込むと即座に5000ユーロが振り込まれるという、素早い対応を取った。この仕組みの裏側はどうなっているのか? ベルリンで給付を担当したInvestitionsbank Berlin(以下IBB)へインタビューした。(2020/5/14)

銀行や携帯電話、複雑な手続きを“ワンストップ”化へ みずほ銀やKDDIら参加の新サービスが2020年6月に開始
トッパン・フォームズは、共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」の消費者へのサービス提供を2020年6月下旬に始める。携帯電話事業者3社のメッセージサービス「+メッセージ」を利用して、各社への口座振替の申し込みや住所変更といった手続きを一元化できる。(2020/5/12)

銀行や行政などの手続きを共通化する「AIRPOST」、6月開始 スマホの「+メッセージ」活用
消費者が銀行や企業、行政などの手続きを携帯大手3社が提供するメッセージサービス「+メッセージ」上で行える共通サービス「AIRPOST」が、6月下旬から順次スタートする。(2020/5/11)

NEC、銀行の個人情報をWebサービスの本人確認に使える共通プラットフォーム 事業者に提供へ
NECと銀行5社は、金融機関が保有する個人情報を使って、事業者がオンライン上でユーザーの本人確認を行える共通プラットフォームを提供する。Webサービスなどを提供する事業者は、郵便などを用いた従来の方法に比べ、より信頼性の高い本人確認を効率的に行えるようになるという。(2020/5/7)

三菱UFJ銀行、提携コンビニATM手数料を引き上げ 平日昼間は198〜220円に ただし無料になる日も設定
最大2倍の値上げ。(2020/5/1)

「Citrix Workspace」への移行にはためらいも
IT部門“増員ゼロ”の銀行がVMwareではなくCitrixのVDI製品を使う理由
金融機関のRenasant Bankは買収によって事業拡大を続ける一方、IT部門のスタッフは増員していない。その理由は、Citrix Systemsの仮想化製品の活用にあるという。どう活用しているのか。(2020/5/1)

auじぶん銀行、子ども虐待防止へ1000万円を寄付 au PAYチャージ額などに応じた寄付も
auじぶん銀行は、児童虐待防止全国ネットワークが行う「新型コロナウイルス感染症対策下における子ども虐待防止のための支援強化策」へ1000万円を寄付。さらに、6月30日までauじぶん銀行での取引金額に応じた寄付も行う。(2020/4/30)

情報銀行を活用した「パーソナルデータ同意管理サービス」の実証実験開始 個人に分かりやすい規約の提供へ――NTTデータ
NTTデータは、情報銀行の仕組みを活用した「パーソナルデータ同意管理サービス」の実証実験を開始する。個人の規約同意の一元管理機能や、同意判断を助ける指標値について有用性を検証し、2021年度中のサービス実用化を目指す。(2020/5/1)

auじぶん銀行、au PAYにオートチャージで3000ポイントを抽選でプレゼント
auじぶん銀行は、6月30日まで「au PAY 残高」へのオートチャージ利用で3000ポイントをプレゼントする「オートチャージで3000ポイントあたる!生活応援企画」を実施。オートチャージ利用のたびに自動的に抽選の対象となる。(2020/4/23)

日銀、新型コロナ「信用収縮は回避」 長期化で「実体経済と金融の相乗的な悪化」を懸念
 日本銀行は21日、4月の「金融システムリポート」を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い「金融機関の資本・流動性にも大きなストレスがかかっている」とした上で、各国政府・中央銀行による財政と金融政策により「グローバルな金融システムにおける著しい信用収縮は回避されている」と指摘した。(2020/4/22)

本番より過酷な演習で転んだ経験をサイバー犯罪対策の最前線に生かせ:
金融機関にふさわしい対応の在り方を問うた「サイバークエストIV」
銀行や証券会社などの金融機関は、非常に多くのサイバー攻撃にさらされ続けている。それらと最前線で戦うには何が必要だろうか。影響を最小限に抑えるべく、優先順位をつけつつ手を打っていかなければならない。(2020/4/22)

視点:
情報銀行がもたらす生活者主権エコノミー〜個人データ駆動型「推測ゼロ」社会の実現〜
なぜ今「情報銀行」なのか。情報銀行の存在意義とは?(2020/4/20)

「銀行API開放は、21世紀のATMである」 目処ついた参照系、不透明な更新系
「銀行APIは21世紀のATMである」といわれる銀行API。「6月まで」と政府がKPIを掲げた参照系APIは、ほぼ目処がついてきた。一方で、フィンテックの基盤として期待される更新系APIについては、温度差も大きく、不透明な状況だ。(2020/4/16)

今日のリサーチ:
地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を基に、第一地銀64行におけるカードローンの申し込みサイトを評価する調査を実施しました。(2020/4/9)

一般消費者にとっての「情報銀行」の利用条件とは? 位置情報や資産情報の提供には抵抗あり――NTTデータ経営研究所調べ
NTTデータ経営研究所の調査によると、「情報銀行」の利用で重視する条件は「第三者からの認証/認定」「報酬の高さ」で、パーソナルデータの提供について、位置情報、住所、電話番号、金融資産情報などの提供には抵抗のある人が多いことが分かった。(2020/4/8)

誰でも銀行APIを使った開発を試せる GMOあおぞらネット銀行がsunabar提供
銀行APIを無償公開しているGMOあおぞらネット銀行が、さらなる活用を促進するため、自由にAPIを使った開発を試せる実験場「sunabar」を提供する。(2020/4/7)

お金を大量供給する「ヘリコプターマネー」 新型コロナ感染拡大のリスクも 
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が経済に深刻な影響を及ぼす中、政府と中央銀行が大量のお金を社会に供給する政策「ヘリコプターマネー」が改めて脚光を浴び始めた。感染拡大は企業活動や消費行動を大きく制約していて……(2020/4/7)

スマホ決済アプリ「TOYOTA Wallet」のAndroid版が登場 対応銀行も拡充
三井住友カードと三井住友銀行は、スマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」のAndroid版リリースに合わせて機能拡充。「TOYOTA Wallet残高」にチャージできる銀行やデビット型サービス「銀行Pay」で利用できる銀行も拡充した。(2020/4/6)

貯金金利0.002%に下げ ゆうちょ銀
 ゆうちょ銀行は2日、1カ月〜5年までの定期貯金と定額貯金の適用金利を年0.01%から0.002%に引き下げると発表した。貯金商品の金利を引き下げるのは平成28年3月以来、約4年ぶりで、民営化後の最低水準となる。市場金利の動向や他行の金利などの状況を総合的に判断したとしている。(2020/4/3)

ゆうちょ銀行で進むDX、あえて機能制限したアプリをリリースする意図とは
ゆうちょ銀行は、デジタルトランスフォーメーションを進めている。アプリ開発やAI-OCRやRPAなどを駆使しているというが、どのような取り組みを実施しているのだろうか。(2020/4/1)

【経済インサイド】新型コロナ、日銀・黒田総裁を翻弄する中国の“大本営発表”
 新型コロナウイルスの感染拡大による企業の資金繰り難は、9月までに解消する−。日本銀行が3月16日に決めた追加の金融緩和策の内容から、こんな見方が浮上している。企業が資金調達のために発行する社債やコマーシャルペーパー(CP)の買い入れ増といった企業の資金繰り支援を、日銀が今年9月末までの時限措置としたからだ。一方、金融市場の混乱に対応するために決めた上場投資信託(ETF)の購入枠の倍増は、「当面」として時限措置としなかった。期限を使い分けた日銀の意図は何か。(2020/3/31)

「救済金を受け取れる」偽メールで銀行口座情報を盗む「Zeus Sphinx」、新型コロナで再浮上
「パンデミック(世界的大流行)の影響で生じた被害の救済金を受け取れる」と称して、添付された用紙への記入を求める。(2020/3/31)

SlackのCEO、「Teamsとの横断通話でMicrosoftと協力中」発言
Slackのスチュワート・バターフィールドCEOが投資銀行との電話で、競合するMicrosoftと協力し、SlackとTeamsのユーザーが音声通話できるようにすると語った。(2020/3/28)

こんな同僚がいたら、こんなこと言われたら、職場でストレス
大和ネクスト銀行は「ビジネスパーソンの健康づくりに関する調査」を実施し、その結果を発表した。ビジネスパーソンは、職場にどんな人がいたらストレスに感じているのだろうか。20〜40代の男女に聞いたところ……。(2020/3/28)

経費精算をLINE Payで可能に マネーフォワードに狙いを聞く
企業の経費精算クラウドサービスを提供するマネーフォワードが、従業員の立替経費の精算金を、銀行振り込みの代わりに電子マネーで送金できるサービスの提供を始める。企業側にとっては、振り込み手数料を削減でき、従業員側には精算の頻度が増すメリットがある。(2020/3/27)

銀行口座がなくても街中で現金を引き出せる? 「アフリカの奇跡」ことルワンダのフィンテック事情
今回は、日本が支援するルワンダの貿易事情と、それに絡む貨幣流通とIT企業の関わりをレポートする。取材すると、日本など先進国とは違う、お金のエコシステムが出来つつあることが分かった。(2020/3/27)

フィンテックの今:
過疎化、高齢化……地方金融の課題をどう解決するか Fintech協会理事の神田潤一氏インタビュー
人口減少や少子高齢化など多くの課題を抱える日本の地方社会。金融に目を向けて見ても、地域を支えてきた地方銀行の経営は厳しさを増している。こうした地方の課題をフィンテックはどう解決していくことができるのか。(2020/3/25)

銀行導入事例
深層学習でブランド個性に合わせた音声を生成する「Amazon Polly」
Amazon Pollyは、ディープラーニングを利用してブランドイメージに合わせた音声を生成できる。オーストラリアの銀行は、コンタクトセンターに「オーストラリア英語」で応答するAIを導入しようとしている。(2020/3/23)

コロナショックで上場企業は今期9.3%減益 4〜6月期に収束なら来期はほぼ全業種が回復の見通し
コロナショックの影響は――。3382社が対象となる20年1月期〜12月期の予想営業利益は、製造業が前期比9.9%減、非製造業も同9.7%減、全産業(銀行、保険を含まず)では同9.3%減という見通しになった。(2020/3/19)

auじぶん銀行、アプリでの口座開設機能を拡充 顔認証で最短翌営業日から取引可能に
auじぶん銀行は、3月18日にスマホアプリでの口座開設機能を拡充。ユーザーが申し込み時に撮影したデータを元に顔認証機能を提供し、キャッシュカード到着前でも最短翌営業日からATMでの入出金など各種取引が利用できるようになる。(2020/3/18)

フィンテックの今:
2020年に変わる3つのフィンテック関連法改正 Fintech協会理事の落合孝文氏インタビュー
2020年はフィンテック関連でどのような法改正が進むのか。送金サービスを提供する資金移動業が3種類になり、1つの登録で証券、保険の商品などを販売できる「金融サービス仲介業」が登場。そして、給与を銀行振り込み以外で支払える、ペイロールカード解禁が想定される。(2020/3/18)

大学4年生、社会人1年生の借金はいくら? 懐事情を調査
現在、借金を抱えている大学4年生、社会人1年生はどのくらいいるのだろうか。「借金がある」と答えたのは……。GMOあおぞらネット銀行調べ。(2020/3/17)

金融業はAIを人員削減に利用
「行員をトレーニングするAI」で人材強化に取り組む銀行の挑戦
金融業界では、将来的に人員をAIに置き換える動きが始まると予想されている。一方でAIを行員のトレーニングに利用して人材の強化に取り組んでいる銀行もある。AIが職を奪うとは限らない。(2020/3/17)

KDDI、新型コロナウイルス感染症に関する緊急支援募金
KDDIは新型コロナウイルス感染症に伴い、臨時休校中の子どもとその家族を支援するため緊急支援募金を実施。auかんたん決済 (WALLET ポイントも可)、 またはauじぶん銀行から募金できる。(2020/3/13)

ITmediaエンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
「シーサートって何?」――セキュリティ分野の素人2人がCSIRTを立ち上げるまで
ITmediaエンタープライズ セキュリティセミナーでセブン銀行のCSIRT創設者の2人が、立ち上げるまでのエピソードを語った。(2020/3/12)

デジタル人民元に計画遅れか 新型コロナの影響で
中国のデジタル人民元の発行計画を担う中国人民銀行の業務が、新型肺炎の流行の影響で滞っていることから、デジタル人民元の発行が遅れるとの見方が出ている。中国の金融関係者は、発行のめどは立っているが、決断には高度な政治判断も必要だと分析している。(2020/3/12)

マイナス金利、脱日本的金融……:
7年ぶりに新作の半沢直樹 1月放送の「エピソードゼロ」からメガバンクの生存戦略を読み解く
7年ぶりに続編が放映されるドラマ「半沢直樹」。当時から今までで、銀行界はどう変わった? メガバンクの生存戦略と作品を合わせて読み解く。(2020/3/9)

「ファミペイ」が累計500万ダウンロード達成 銀行口座チャージにも対応
ファミリーマートのバーコード決済機能付きアプリ「ファミペイ」が、累計500万ダウンロードを達成。3月10日には銀行口座と連携したチャージも開始する。(2020/3/4)

新卒の5人に1人がネット銀行利用 開設理由は?
GMOあおぞらネット銀行が3月3日に発表した調査結果によると、全国の大学4年生と社会人1年生が使っている銀行について、選んだ理由は「家族が使っていたから」がトップだった。(2020/3/3)

今日のリサーチ:
「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。(2020/2/28)

タイムアウト東京のオススメ:
日本橋の銀行に泊まる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/2/26)

週末エンプラこぼれ話:
法律と効率、顧客のためにどう折り合う? 2週間かかった住宅ローン契約を「実印ほぼ廃止」で1日にした銀行が考えたこと
デジタルの時代、職場からなくならない「印鑑フロー」に悩むのは銀行も一緒だ。契約書処理の負担に悩んでいたソニー銀行は、住宅ローン契約から実印と印鑑証明をほぼなくして電子サインに移行した。当初行内からはためらいの声も上がったというが、法的な証明能力と効率性のバランスを維持する方法を、同行はどう見つけたのか。(2020/2/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。