ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「金融」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「金融」に関する情報が集まったページです。

富士通とAWS、金融・小売業界へ本腰 共同でソリューション開発
富士通が、金融・小売業界向けソリューションの提供に向け、米Amazon Web Servicesとの協業を強化する。AWSを活用した新サービスを開発し、富士通の直販か、AWS社のマーケットプレースで販売する。(2022/5/18)

房野麻子の「モバイルチェック」:
通信減収の携帯3社、法人と金融で増益 どうなる楽天?
携帯電話各社は決算を発表した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、2022年3月期通期の決算だ。通信料金値下げの影響で減益も予想されたが、蓋を開けてみれば3社とも増益を達成した。そして新規参入の楽天は、モバイル事業の先行投資により大幅な赤字拡大となっている。携帯4社の状況を見ていこう。(2022/5/18)

「PayPay」で金融機関からチャージできない不具合発生
(2022/5/17)

5大銀の最終利益3割増、2兆6467億円
5大銀行グループの令和4年3月期の決算が16日、出そろった。5社合計の連結最終利益は前期より3割多い2兆6467億円と4期ぶりの高水準となった。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が45.5%増の1兆1308億円と過去最高を更新するなど4社が増益を確保した。ただ、ロシアのウクライナ侵攻や米国の金利上昇(債券価格の下落)などのリスクが顕在化しており、各社は金融環境の急変に身構える。(2022/5/17)

ベアの期待値も低く:
会社員の6割が「給料に不満」 預貯金以外では「生命保険」「投信」に人気
転職エージェントのワークポート(東京都品川区)は、20〜40代のビジネスパーソンを対象に給料への満足度や、資産形成に関するアンケート調査を行った。勤務先の給料に満足しているか聞いたところ、60.3%が「満足していない」と回答。給料の上昇に期待を抱けないことから、投資信託や株式など、預貯金以外の金融資産を保有する人も6割に上ることが分かった。(2022/5/16)

非通信が貢献:
携帯大手3社、値下げでも増益 なぜ?
携帯電話大手3社の令和4年3月期連結決算が13日、出そろった。料金値下げの影響がある中、金融や法人向け事業など非通信分野が伸長し……。(2022/5/14)

製造ITニュース:
製造業など各業界のベストプラクティスとAIを統合したソリューション
DataRobotは、製造や金融、ヘルスケア、小売など各産業向けのベストプラクティスとAI機能を統合し、業界向けのパートナーシップ拡大までを一体化した包括的ソリューション「DataRobot AI Cloud for Industries」を発表した。(2022/5/10)

金融庁の高校生向け教材「バズった」 SNSで反響
学習指導要領の改訂で4月1日から高校家庭科で本格的な金融教育が始まり、金融庁が作成した教材がTwitter上で反響を呼んでいる。具体的な事例をクイズ形式で盛り込み、イラストやデータを交えてやさしく解説しているのが特徴だ。(2022/5/9)

130円台まで円安加速 通貨防衛はもはや”無理ゲー”?
4月28日のドル円相場は、1ドル130円台まで下落し、20年ぶりの円安水準を更新した。きっかけとなったのは日銀だ。今回の金融政策決定会合の結果を公表し、「いまの大規模な金融緩和策を維持」としたからだ。(2022/4/28)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
金利ショックで膨れ上がる債務コストー最大の影響は日本ー
金融引き締め政策はすでに膨れ上がった債務返済コストを一段と増やす恐れがあり、インフレとの戦いのために利上げを実施しようとしている中央銀行が巻き添えを食ってしまう危険性があります。(2022/4/28)

金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【中編】
クレジットカード会社が「AI」と距離を置きたくなる“説明責任”問題
金融業界の企業がAIツールの導入を進める際に、対処が必要なのが「説明責任」に関する課題だ。クレジットカード会社を例に、具体的に見ていこう。(2022/4/25)

女性推進も重視:
23卒の就職先人気企業ランキング 文理問わず総合商社が人気
ダイヤモンド・ヒューマンリソースは23卒の就職先人気企業ランキングの結果を発表した。文理、男女別に人気企業TOP20を紹介する。総合商社や大手金融が人気を集めた。(2022/4/20)

金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【前編】
金融機関が「AI」投資を増額へ それでも残る“あの問題”
金融業界の企業の間で、AI技術を組み込んだツールの導入を「避けられないもの」だと考える動きが広がっている。一方で金融業界がAI技術を積極的に活用する上では、解決すべき課題がある。それは何なのか。(2022/4/20)

2万5000人に聞いた:
23卒に人気の企業は? 業界別にTOP10を紹介
文化放送キャリアパートナーズは23卒に人気な企業を業界別にまとめ、ランキング化した。金融、商社、ITなどそれぞれの業界で人気だった企業はどこか。それぞれのTOP10を紹介する。(2022/4/19)

米国金融システムで進むFinTechとの融合 地銀システムベンダーが示したモダンな戦略とは
FinTech市場をけん引する米国でも、従来からの金融機関は変革への岐路に立たされている。地銀向けにシステムを提供してきた企業が、新たにクラウドネイティブなテクノロジーに大規模な投資を表明した。(2022/4/19)

返済額が上がって:
パワーカップルは大丈夫なのか? 住宅ローン金利の落とし穴
日本銀行の金融政策が、世界的に見てかなり異質である。日銀は3月の29日から3日間、「連続指値オペ」と呼ばれる措置に踏み切った。これは「何が何でも金利を上昇させないぞ」というシグナル。それもあって、一時約20年ぶりに1ドル=126円台まで値下がりした。(2022/4/18)

CIO Dive:
クラウド競争に出遅れた大手金融機関が巻き返せない理由
米国大手金融機関のクラウドシフトが進んでいる。複数の銀行が2022年1月の決算説明会でクラウド活用の必然性と取り組みへの姿勢を強調した。ただし、これらの企業は活用を阻む新たな課題にも直面している。(2022/4/15)

日立、高可用性と柔軟性を兼備するオープン勘定系パッケージ「OpenStage」を提供開始
日立は、金融機関向けにオープン勘定系パッケージ「OpenStage」を提供開始する。レガシーシステムを抜本的に刷新して、高可用性と強靭性を備え、高効率かつ柔軟なシステムを実現し、金融機関のデジタルシフトとサステナブルな成長を支援する。(2022/4/13)

バブルはいつか弾ける:
中国、韓国で不動産バブルが終焉か 価格が高止まりの日本
2008年のリーマン・ショック直後から始まった世界的な金融緩和は、各国で不動産市場のバブルを形成した。ところが、日本はぐずぐずしているうちに景気が悪化。国民の不満が爆発して、09年には民主党政権が誕生してしまう。(2022/4/11)

裁判から「解雇」の誤解を紐解く:
裁判結果が話題 「会社に貢献できない人はクビ」と主張する外資企業のウソ・ホント
「会社に貢献できない場合に退職を求められるのは、外資系金融機関では常識」「日本の判例で男性の解雇が無効とされれば、国際企業は日本から撤退する」」と主張する会社と退職を迫られた元幹部が争った裁判結果が話題になっている。(2022/4/8)

新社会人、6割が「資産形成」に興味あり 初任給で「資産運用を計画」22.5%
 FreeLifeConsulting(東京都港区)の運営する金融オンラインスクール「グローバルファイナンシャルスクール」は、4月に就職する新社会人を対象に、「資産形成と初任給の使い道に関する調査」を実施した。その結果、新社会人のうち約6割が「資産形成」に興味があり、既に取り組んでいることが分かった。(2022/4/7)

ふくおかFGの五島新社長インタビュー「客本位、収益上げ続ける」デジタル化軸に変革
マイナス金利政策の長期化など金融機関にとって厳しい経営環境が続く中、持続的な成長に向けて「顧客本位を徹底し、収益を上げ続ける」などと抱負を語った。(2022/4/7)

ソーラーシェアリング入門(54):
金融視点で考えるソーラーシェアリングの現状と課題、「融資と保険」の最新動向
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は前回に引き続き、農林水産省で開催されている有識者会議の内容について解説します。テーマはソーラーシェアリングにおける「融資と保険」です。(2022/4/6)

やはりあの国
金融業界を狙うランサムウェア集団を支援する「予想通りの国家」
金融業界を標的とする攻撃が増加している。それらは、あの国とあの国の支援を受けた集団と結び付いているという。記事を読むまでもなく、今あなたが想像した国が多分正解だ。(2022/3/28)

金融庁の高校生向け「基礎から学べる金融ガイド」が大人にも役立つと話題 家計管理や投資の方法、詐欺対策までカバー
成年年齢の18歳への引き下げを機会に。(2022/3/25)

au PAY、ゆうちょ銀行やイオン銀行などでチャージ可能に
au PAYは、3月24日からゆうちょ銀行、イオン銀行、静岡中央銀行、大垣共立銀行、鳥取銀行の口座からau PAY 残高へチャージ可能に。これにより計126の金融機関へ対応となる。(2022/3/24)

みずほ、GoogleとDX分野で提携 「顧客から最も信頼される金融グループ目指す」
みずほフィナンシャルグループは、グーグル・クラウド・ジャパンとデジタルトランスフォーメーション(DX)分野における戦略的提携に合意した。この提携を通じて、みすほでは新しい商品やサービス体験の提供を目指す。(2022/3/23)

金融の新しいトレンド:
無視できなくなった「ESG投資」 AIで「有望な企業」の見極めが加速?
テクノロジーの活用による進化が進む金融業界。そこに今、新たな可能性が生まれようとしている。それはAI(人工知能)を活用し、より社会にとって価値のある企業に投資を行おうというものだ。キーワードとなるのが「ESG投資」である。(2022/3/22)

株価操作:
SMBC日興、別社員も相場操縦疑い
SMBC日興証券をめぐる金融商品取引法違反(相場操縦)事件で、逮捕された執行役員、ヒル・トレボー・アロン容疑者(51)ら4人以外に別の社員も関与した疑いがあることが19日、関係者への取材で分かった。(2022/3/20)

パワーエリート逮捕:
SMBC日興 組織関与どこまであったのか
市場の公正さを担うべき大手証券会社幹部がなぜ、疑惑の取引に手を染めたのか。SMBC日興証券をめぐる金融商品取引法違反(相場操縦)事件では、幹部4人が逮捕されるという異質さに加え、同社の管理体制の不備も浮き彫りとなった。(2022/3/20)

期日続々:
なお迫る“巨額返済Xデー”ロシア、国債利払いでデフォルトひとまず回避も
16日に利払い期限を迎えたドル建てロシア国債について、保有者がドルで利子を受け取ったことが17日、分かった。欧米の金融制裁の影響でロシア政府が利払いができずに債務不履行(デフォルト)に陥る事態はいったん回避されたが、今後も利払いや元本など巨額返済の期限が次々に迫り、デフォルト危機は続く。(2022/3/19)

混乱に拍車:
ロシア国債、支払い期限 デフォルトの恐れ強まる
ロシアのドル建て国債が16日、利払いの期限を迎えた。米欧や日本による金融制裁で外貨準備の半分近くが事実上凍結されて外貨不足に直面するロシアは、ドルで払えなければ自国通貨ルーブルで支払う方針を示す。(2022/3/17)

対応第1弾は「モバイルSuica」:
銀行口座から電子マネーに直接チャージ ローソン銀行が「Suittoアプリ」の提供を開始
ローソン銀行が、銀行口座から電子マネーに直接チャージできるアプリ「Suitto(スイット)」の提供を始めた。ローソン銀行を含む10の金融機関の口座を登録可能で、対応電子マネーの第1弾は「モバイルSuica」となる。(2022/3/16)

「きんゆう女子。」合同会社化 メンバー、会社の一員、出資など新しい形のコミュニティ
 女性主体の金融コミュニティ「きんゆう女子。」を運営するTOE THE LINE(東京都中央区)は3月14日、グループ会社として「合同会社きんゆう女子」を設立したと発表した。ビジョンの明確化のため、女子会(メディア)運営部分を独立させ、合同会社という形でスタートすることとした。(2022/3/16)

資産形成の多くが「定期預金」:
学生の約70%が「金融について学びたい」 身に付けたい知識は?
マネックス証券のスマートフォン向け投資サービス「ferci(フェルシー)」では、17〜19歳の男女学生572人を対象に「お金と資産形成への意識調査」を実施した。調査からは、すでに資産形成を始めている学生は2割弱にすぎず、約70%の学生が金融について学びたがっていることが分かった。(2022/3/15)

ウクライナ危機でブロックチェーンの活用進む 仮想通貨での資金調達やフェイクニュース対策
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を契機に暗号資産(仮想通貨)などのデジタル暗号技術が改めて世界で注目されている。対露金融制裁の「抜け穴」の決済手段となる懸念が指摘される一方、インターネットで迅速に資金調達や国際送金ができる利便性や改竄(かいざん)されにくい特徴から、ウクライナへの支援金集めや報道機関のフェイクニュース対策などに一役買うなど活用の動きが広がっている。(2022/3/15)

ウクライナ危機でデジタル暗号技術の活用進む 仮想通貨での資金調達やフェイクニュース対策
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を契機に暗号資産(仮想通貨)などのデジタル暗号技術が改めて世界で注目されている。対露金融制裁の「抜け穴」の決済手段となる懸念が指摘される一方、インターネットで迅速に資金調達や国際送金ができる利便性や改竄(かいざん)されにくい特徴から、ウクライナへの支援金集めや報道機関のフェイクニュース対策などに一役買うなど活用の動きが広がっている。(2022/3/14)

デフォルトの可能性:
「紙くず」危機 ルーブル建て債務返済で市場混乱
ウクライナに侵攻したロシアが経済制裁の対抗措置として自国通貨ルーブル建てで対外債務を返済する方針を打ち出し、金融市場に混乱を広げている。(2022/3/13)

米バイデン政権、“デジタルドル”構想を含む暗号資産に関する大統領令
バイデン米大統領は、暗号資産のリスクとメリットの調査を政府に求める大統領令に署名した。デジタルドルに当たる中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究開発やデジタル資産による不正金融リスクの軽減を求める内容だ。(2022/3/10)

米、デジタルドル検討へ 大統領令、中国対抗や制裁回避封じ
【ワシントン=塩原永久】バイデン米大統領は9日、「デジタルドル」の研究を連邦政府に指示する大統領令に署名した。暗号資産(仮想通貨)などの金融デジタル技術で「米国が主導的な役割を握る」として、デジタルドル発行の検討も視野に国家戦略の策定に乗り出す。先行する中国に対抗するほか、ロシアなどへの制裁を回避する手段に、仮想通貨が用いられるのを封じる狙いもある。(2022/3/10)

米、デジタルドル検討へ 大統領令、中国対抗や制裁回避封じ
バイデン米大統領が「デジタルドル」の研究を連邦政府に指示する大統領令に署名した。暗号資産などの金融デジタル技術で「米国が主導的な役割を握る」として、デジタルドル発行の検討も視野に国家戦略の策定に乗り出す。(2022/3/10)

SMBCグループとマイクロソフト、クラウド分野で戦略的提携 金融以外の分野も含め全世界でDX推進へ
SMBCグループがMicrosoftと提携した。同社クラウドテクノロジーを使ったDXを推進し、エンベデッドファイナンス、サプライチェーンファイナンスを含むサービス開発を共同で進める計画だ。(2022/3/10)

取引日示し空売り誘発 SMBC日興、売り手対策で買い支えも
SMBC日興証券(東京都千代田区)の幹部らによる金融商品取引法違反(相場操縦)事件で、逮捕された幹部らは、投資家らに対して、特定銘柄の取引日を提示して株価の下落につながる「空売り」をしやすくさせる一方、株を売却する大株主のためには、自社資金で買い支え、株価を維持していたことが7日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、投資家を確保し、かつ、大株主も納得する特有のスキームの下、相場操縦を繰り返していたとみて捜査している。(2022/3/8)

Microsoft、約200億ドルでの音声認識のNuance買収完了
Microsoftは音声認識大手Nuance Communicationsの買収を完了した。「ヘルスケア、金融、サービス、小売、通信を含む業界全体の会話型AIおよびアンビエントインテリジェンスのリーダー」である同社と成果ベースのAIを構築していく。(2022/3/7)

VisaとMastercard、ロシアでのサービス停止を発表
VisaとMastercardは3月5日、ロシアでの事業を停止するとそれぞれ発表した。ロシアで発行されたカードで行われたすべての取引はロシア国外で機能しなくなり、ロシア国外の金融機関によって発行されたカードはロシア連邦内で機能しなくなる。(2022/3/6)

取引量の約3割の買い注文:
組織ぐるみで買い支えか 日興証券相場操縦事件
SMBC日興証券の幹部らが金融商品取引法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕された事件で、執行役員でエクイティ本部本部長が管轄する2つの部署が連携し、特定銘柄の株価を不正に維持した疑いがあることが分かった。(2022/3/6)

存続を危ぶむ声:
お賽銭が消える ゆうちょ銀行「有料化ショック」
金融機関で多数の硬貨を預ける際にかかる手数料について、1月からゆうちょ銀行が導入に踏み切った。大手銀行などが手数料を導入していく中で、手数料がかからないゆうちょ銀は「最後の砦(とりで)」のような存在だっただけに、硬貨を扱う機会が多い店舗や団体からは困惑の声が広がる。(2022/3/4)

銀行のクラウド活用の実情【後編】
銀行がクラウド活用を諦める“最大の原因”とは?
銀行はクラウドサービスを利用する上で、どのような課題を抱えているのか。全世界の金融機関を対象にしたクラウドサービス利用動向調査の結果から探る。(2022/3/4)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
金利ショックで膨れ上がる債務コスト、最大の影響は日本
金融引き締め政策はすでに膨れ上がった債務返済コストを一段と増やす恐れがあり、インフレとの戦いのために利上げを実施しようとしている中央銀行が巻き添えを食ってしまう危険性があります。(2022/3/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。