ニュース
» 2010年02月12日 08時43分 UPDATE

MSの更新プログラムでブルースクリーン? ユーザーから報告相次ぐ

「“MS10-015”をインストールしたらブルースクリーンエラーが発生した」という報告がXPユーザーから相次いでいる。

[ITmedia]

 米Microsoftが2月9日に配布した月例セキュリティ更新プログラムについて、「更新を適用したらブルースクリーンエラーが発生してPCが正常に起動できなくなった」という報告が、一部のWindows XPユーザーから寄せられているという。SANS Internet Storm Centerなどによると、原因はWindowsカーネルの脆弱性に対処した「MS10-015」にあるとみられている。

 SANSのセキュリティ専門家は2月11日、勤務先の社内で多数のPCがブルースクリーン問題に見舞われ、対応を強いられたとSANSのサイトで報告した。Microsoftのユーザーフォーラムにも、この問題についての投稿が殺到している。

 SANSの専門家の場合、ブルースクリーンの原因がMicrosoftの更新プログラムにあるらしいと分かり、障害を引き起こしているドライバファイル(.sys)を突き止めてこれを削除したところ、PCは正常に戻ったという。

 ただこの会社ではMicrosoftの自動更新機能を無効にしていたため、「Microsoftはアップデートを強制したのか」と問い合わせた。Microsoftからは「自動更新機能が無効になっていれば、アップデートは適用されない」との返答があったといい、現時点で原因は不明のままだという。

 Microsoftのユーザーフォーラムでは、Windows XPのCDまたはDVDを使ってこの問題を解決する方法を同社担当者が紹介している。

関連キーワード

Microsoft | SANS | 月例パッチ


関連ホワイトペーパー

Microsoft(マイクロソフト)


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ