ニュース
» 2010年03月02日 13時06分 UPDATE

メールソフトのセキュリティ設定の方法、JPCERT/CCが紹介

JPCERT/CCは、一般的なメールソフトにおけるセキュリティ設定の方法を紹介している。

[ITmedia]

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月2日、一般的なメールソフトにおけるセキュリティ設定の方法をサイト上で公開した

 電子メールでの脅威には、スパムやウイルスの配布などがあり、最近では特定の少数を標的にした標的型メール攻撃も出現している。特に標的型メール攻撃は、標的者の傾向を理解した上での攻撃手法であるため、JPCERT/CCでは利用者自身で対策をすることが重要と指摘する。

 紹介しているメールソフトは、「Apple Mail.app」「Becky! Internet Mail」「Outlook Express」「Outlook 2003」「Outlook 2007」「Windows Live Mail」「Thunderbird」。2009年3月1日時点の最新版のプログラムを元に、一般的に想定される設定例を掲載しているという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -