ニュース
» 2010年03月23日 12時21分 UPDATE

企業のWindows 7導入に向けたセキュリティ対策、ソフォスが提言

ソフォスは、企業がWindows 7を導入するに当たって実施することが望ましいセキュリティ対策を取りまとめた。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のソフォスは、このほど企業がWindows 7を導入するに当たって実施すべきというセキュリティ対策を取りまとめ、公表した。導入する企業に以下の使用方法を推奨している。

未知の脅威の阻止

 定義ファイルが更新される前の脅威(ゼロデイ攻撃)には、コンピュータのメモリが安全に使用されているかを確認するデータ実行防止(DEP)機能を有効にする。

安全なWebブラウジングの実現

 標準搭載されているInternet Explorer 8の保護モードと、スマートスクリーンフィルターを両方有効にする。

最新のセキュリティ修正プログラムを常時適用

 セキュリティの修正プログラムのアップデートがアクションセンターの一部として組み込まれ、クリックのみで簡単に確認や更新ができるようになっている。

データ流出防止(DLP)機能

 すべてのデータ保護ツールを有効にする。ファイルを暗号化のEncrypting Files Systemや、コンテンツの編集・印刷などを制限するActive Directory Rights Managementサービス、USBポートの使用を制御するグループポリシーオブジェクト、ディスクとリムーバブルメディアを暗号化するBitLocker To Go、アプリケーションの使用をコントロールするAppLockerがある。

ユーザー権限の管理

 ユーザーアカウント制御(UAC)を有効にする重大な変更を与えるようなプログラムを実行しようとするとユーザーに確認を求め、悪意のあるソフトウェアを使用する前に自動で警告してくれる。

セキュリティホールを塞ぐ

 ネットワークアクセス保護(NAP)を有効にする。ネットワークに接続を試みるコンピュータに必要なソフトが設定されているか確認し、必要に応じてアクセス制限やソフトを自動更新する。

ユーザーへの啓蒙

 コンピュータ操作に関するセキュリティポリシーを文書化し、すべての社員に配信すべき。ユーザーがセキュリティ脅威に気が付いた場合の問い合せ先を明記する。

関連キーワード

Windows 7 | Sophos | セキュリティ対策


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -