ニュース
» 2010年03月26日 07時53分 UPDATE

Cisco、IOS Softwareのセキュリティ情報7件を公開

Cisco IOSの定例セキュリティアップデートが公開された。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは3月25日、ルータやスイッチに搭載されているIOS Softwareのセキュリティ情報7件をまとめて公開し、任意のコード実行やサービス妨害(DoS)状態の誘発に利用される恐れのある脆弱性に対処した。

 アドバイザリーの対象となっているのは、IOS SoftwareのIPsec、NAT Skinny Call Control Protocol、Multiprotocol Label Switching Packet、H.323(DoS)、Session Initiation Protocol(DoS)、Unified Communications Manager Express(DoS)、Crafted TCP Packet(DoS)の7件。それぞれソフトウェアアップデートをリリースして脆弱性に対処した。

 Ciscoは毎年3月と9月の第4水曜日(米国時間)にIOSの定例セキュリティアップデートをまとめて公開している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -