ニュース
» 2010年04月13日 08時31分 UPDATE

WordPressのブログに大量のハッキング被害、不正サイトへ誘導も

「WordPress」を使っていたブログが大量にハッキングされ、、ブログ閲覧者がマルウェア感染サイトへ誘導されてしまう事件が起きた。

[ITmedia]

 セキュリティ企業各社は、オープンソースのブログ作成ソフト「WordPress」を使っていたブログが大量にハッキングされる事件が発生したとそれぞれ伝えた。ブログ閲覧者を悪質なWebサイトへリダイレクトしてしまう。

 被害に遭ったのはドメイン登録業者Network Solutionsのホスティングサービスを利用していたブログが多いという。リダイレクト先のサイトにはマルウェアが仕掛けられていた。これに感染すると、偽ウイルス対策ソフトなどさらに別のマルウェアに感染する恐れがあるという。

 セキュリティ企業のSucuri Securityは、ブログでこの事件の原因について、WordPressではデータベースの管理情報がプレーンテキストの状態で保存されるという問題を指摘している。悪意を持つNetwork Solutionsのユーザーが、問題のある設定ファイルを見つけ出すスクリプトを作成してデータベースの管理情報を入手し、ブログのデータベースを改ざんしていたことが分かった。

 Network Solutionsでは問題の根本原因を解決したと説明するが、WordPressのユーザーは念のため、管理パスワードの変更を促している。

関連キーワード

WordPress | セキュリティ | 改ざん


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ