ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WordPress」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WordPress」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
自社のWebサイトが検索結果に出てこない? 原因と解決法を徹底解説
せっかく時間をかけて作ったWebサイトが、なぜかGoogleで検索してもなかなか表示されない経験はありませんか? 実は、これには理由があります。(2024/2/20)

半径300メートルのIT:
「セキュリティ人材が足りない……」と嘆く前に 企業に必要なのは“懐の深さ”だ
セキュリティ人材の不足が世の中で叫ばれていますが、人材不足を嘆く前に自社が従業員の才能を伸ばせる環境かどうかを再考してみるといいかもしれません。(2024/2/6)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
【2024年版】絶対に外せないSEO対策10選
SEO界隈の変化に対応するため、SEOタイムズ編集部では独自調査を行い、2024年に必ず実施すべきSEO対策をまとめました。(2024/1/30)

AWSが美少年に? とあるユーザーコミュニティーから生まれた“擬人化スライド”がすごかった
女性中心のAWSユーザーコミュニティー「クラウド女子会」を取材。その活動内容や、創設期の奇抜な取り組みを聞いた。(2024/1/19)

CMS、Webサーバ、CDN、CSSフレームワーク、トラフィック分析ツールなど:
2023年に躍進したWeb技術とは? Q-Successが18分野を調査
Q-Successは18種類のWeb技術について、2024年1月1日と2023年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2023」として発表した。(2024/1/10)

MetaのThreads、Mastodonとのクロス投稿のテストを開始
MetaのザッカーバーグCEOは、Threadsの投稿をMastodonなどの「ActivityPub」プロトコル採用サービスでも表示できるようにするテストを開始するとThreadsにポストした。実現すればMastodonでThreadsの投稿が表示され、「いいね」したりできるようになる。(2023/12/14)

コロナ禍でオープンキャンパスができない! とある大学が窮地をAWSで切り抜けた話
約8000人の学生を抱える北海道の私立大学・北海学園大学。コロナ禍によってこれまで通りのオープンキャンパスができなくなった同校は、クラウドを活用して窮地を乗り越えたという。(2023/10/16)

会社員が学び直したいITスキル 2位「Python」、1位は?
会社員、主婦、シニア、フリーランスは、どのようなITスキルをリスキリングしたいと考えているのか。ストリートアカデミー(東京都渋谷区 )が、「リスキリングしたいITスキル」に関する調査を実施した。(2023/9/13)

1世紀にわたるドメイン保護、専門家のサポートなど:
Automattic 、「従来のホスティングの枠を超える」WordPress100年プランを発表 3万8000ドル買い切りで
WordPressのホスティング事業を営むAutomatticは、WordPressの100年プランを発表した。料金は買い切りで3万8000ドル。(2023/9/9)

いまさら聞けないビジネス略語【第2回】
CCの“本来の意味”は? あれじゃないCPUとは 頭文字B、Cの必修ビジネス略語
なじみ深いビジネス略語ほど、文脈を踏まえて「何の略なのか」を理解する必要がある。“同音異義”のビジネス略語が少なくないからだ。知っておきたいビジネス略語のうち、頭文字が「B」「C」の代表例を紹介する。(2023/9/5)

NEWS Weekly Top10:
6年で終わった「100年メール」を知っていますか?
先週は、“永久じゃなかった”永久不滅ウォレット記事が話題になった。この記事で思いだしたのは、KDDIが「100年使える」と銘打って2007年に始めたものの、わずか6年で終了した「au oneメール」だ。(2023/9/4)

2023年第2四半期Cloudflareアプリケーションセキュリティレポート:
「Log4j」などの古い脆弱性は依然、大量に悪用されている
Cloudflareが2023年第2四半期(4〜6月)におけるインターネット全体のアプリケーションセキュリティの傾向に関するレポートを発表した。毎日平均1120億件ブロックしたサイバー脅威データを基に分析した結果分かった傾向とは。(2023/9/2)

WordPressから「100年プラン」登場 データ・ドメインを1世紀にわたって保護 約550万円
ブログウェア「WordPress」を使ったWebサイトのホスティングサービスを提供する米Automatticが、「100-Year Plan」(100年プラン)を発表した。100年にわたってドメインとデータを保護するもので、価格は3万8000ドル(31日時点で約554万円)の1回払いで利用できるとしている。(2023/8/31)

PR:最前線ビジネススキルを学べる講座を1200円から! ChatGPTからPythonまで夏のビッグセールでお得に受講するチャンス!
(2023/8/22)

Herokuの「代替PaaS」を比較【第5回】
“Heroku代替”として無料で使える「CapRover」「Fly.io」とは?
Salesforceが「Heroku」の無償プランを廃止したことにより、これまで無償プランを使っていたHerokuユーザーは、代替手段を検討しなければならなくなった。選択肢となり得るのが「CapRover」「Fly.io」だ。(2023/7/14)

大企業もアカウント開設:
Twitterから大移動? 新SNS「Threads」、登録者すでに3000万人超 
InstagramやFacebookを運営する米Meta社のCEOマーク・ザッカーバーグ氏は、新たなSNS「Threads(スレッズ)」の登録者が3000万人を超えたと発表した。(2023/7/7)

MetaのThreads、Mastodonなどと相互運用可能に ActivityPubプロトコル採用で
MetaはInstagramアカウントでログインする新サービス「Threads」が今後オープンプロトコルのActivityPubをサポートし、Mastodonなど同じプロトコルをサポートするサービスと相互運用できるようになると発表した。(2023/7/6)

WordPressの人気アカウントプラグインにCVSS9.8の脆弱性 直ちに更新を
WordPressのプラグイン「Ultimate Member」に特権昇格の脆弱性が見つかった。同脆弱性はサイバー攻撃に積極的に利用されているため注意が必要だ。(2023/7/4)

半径300メートルのIT:
リュウジ氏の一件から考える 本当にWordPressは脆弱なのか?
先日、料理研究家のリュウジ氏がWordPressの改ざんを受けた件について報告していました。筆者としては同氏の気持ちは分かるものの、どうもWordPressに関する誤解が広がっているようにも感じます。(2023/6/13)

WordPressは低セキュリティ? “バズレシピ”リュウジ氏のBASE移転で議論に
人気料理YouTuber・リュウジ氏のWordPressのサイトが改ざんされたことを受け、BASEに移転。「WordPressはセキュリティが低いのか?」と議論に。(2023/6/6)

「AWSを使ってみたい!」 始めの第一歩:
PR:「AWSでWebサイトを作ろう!」 IT初心者が仮想サーバに向き合う 知識ゼロからやってみた
(2023/5/22)

200万に影響 WordPressで人気のカスタムフィールドプラグインに重要な脆弱性
WordPressのプラグインで人気の高いカスタムフィールドプラグインに重大なセキュリティ脆弱性が見つかった。これは200万以上のインストールがあるため大きな影響が予想される。該当する場合は迅速に更新することが望まれる。(2023/5/10)

TwitterのAPI変更でWordPress.comもブログの自動ツイート終了 Mastodon対応へ【訂正あり】
WordPress.comが、ブログの自動ツイートサービスを終了した。TwitterによるAPI変更で料金が月額4万2000ドルになったため。Tumblr、Facebook、LinkedInに加え、InstagramとMastodonでの自動共有を可能にする計画だ。(2023/5/2)

Webサイト「クラッシュ」7つの原因【第8回】
Webサイトがクラッシュしたときに「最低限やるべきこと」はこれだ
Webサイトのクラッシュは、未然に防ぐことがベストだ。だが、そうはいかないときもある。Webサイトがクラッシュしたときに、悪影響を最小限に抑える方法とは何か。(2023/4/13)

Webサイト「クラッシュ」7つの原因【第7回】
Webサイトを沈黙させる「DDoS攻撃」の“あの兆候”とは?
サイバー攻撃の中には「DDoS攻撃」など、Webサイトのクラッシュによるサービス停止を狙った攻撃がある。そうした攻撃には、どのような兆候があり、どう備えるべきなのか。(2023/4/6)

Webサイト「クラッシュ」7つの原因【第6回】
Webサイトを運営するなら「ドメイン名」の“あれ”を忘れてはいけない
Webサイトの在りかを示す「ドメイン名」。その運用を間違うと、Webサイトのクラッシュを招きかねない。注意すべきドメイン名の問題とは何か。その対処法とは。(2023/3/30)

Webサイト「クラッシュ」7つの原因【第5回】
商業Webサイトの「アクセス集中で何も売れない」問題を回避するには
自社Webサイトへのアクセス集中は企業にとってうれしいことだが、Webサイトのクラッシュを引き起こす可能性もある。アクセスが集中してもWebサイトの正しい表示を維持するには。(2023/3/23)

半径300メートルのIT:
「よし、ウチもDXでECやるぞ!」の前に読むドキュメント
DXの一環で自社のECサイト構築を考えている企業もいることでしょう。ただし、その際にセキュリティをおろそかにすると、クレジットカードなどの顧客情報が漏えいして恐ろしい事態に発展することも。そんな悲劇を回避するにはどうすればいいのでしょうか。(2023/3/20)

Webサイト「クラッシュ」7つの原因【第4回】
「何も変更していないのにWebサイトがクラッシュ」 そのときの原因は?
クラウドサービスでWebサイトを運営している場合、何も手を加えていないのにWebサイトのクラッシュが発生することがある。それはなぜなのか。そのとき、まず何をすればいいのか。(2023/3/16)

Webサイト「クラッシュ」7つの原因【第3回】
「WordPress」でやりがちな“あのうっかり”がWebサイトのクラッシュを招く
Webサイトの運営に欠かせない「コンテンツ管理システム」(CMS)の利用の際、“あること”をし忘れると、Webサイトのクラッシュにつながる恐れがある。それは何なのか。(2023/3/9)

Webサイト「クラッシュ」7つの原因【第2回】
Webサイトを良くするはずの「プラグイン」がなぜ“クラッシュ”を招くのか
CMSの「プラグイン」は、うまく使えばWebサイトがより魅力的になる。ただし使い方によっては、プラグインがWebサイトのクラッシュを引き起こすことがある。こうした「逆効果」を防ぐには、どうすればいいのか。(2023/3/2)

高校生が学園祭の配信システムをAWSで自作 奈良・西大和学園「技術統括局」の活躍、本人たちに聞いた
学園祭の映像配信システムや、チケット管理システムをAWSで自作した高校生たち。取り組みの一部始終と、学校がGOサインを出した理由を、本人たちに聞いた。(2023/2/27)

Appleにマイナンバー搭載を要請しつつ安全性を下げる規制強要の矛盾
Appleが提供するiPhoneとApp Storeに、日本政府がいくつかの要請を行っている。その実態や中身はどうなのか、林信行氏がまとめた。(2023/2/24)

CMS、サーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど:
2022年に躍進したWeb技術とは? Q-Successが17分野を調査
Q-Successは17種類のWeb技術について、2023年1月1日と2022年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2022」として発表した。(2023/1/12)

Innovative Tech:
WordPressの“古いプラグインやテーマ”から侵入するサイバー攻撃、ロシアの企業が発表 標的のアドオンリストあり
ロシアのアンチウイルス製品を開発するDoctor Webは、WordPress CMSをベースとしたWebサイトをハッキングする悪意のあるLinuxプログラムを発見したと発表した。(2023/1/10)

PR:隈なく世界中に届く分散技術がクラウドの新たな領域を開く――アカマイ 日隈社長
アカマイは、世界中にネットワークとコンピューティングリソースを分散配備し、トラフィック渋滞という課題を解決するコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)や、情報漏洩やDDoS攻撃などのサイバー攻撃から組織を守るクラウド型セキュリティなど、独自のサービスを展開してきたが、近年は、「分散クラウドコンピューティング」という新しい領域を切り開こうとしている。この技術とサービスが企業のデジタル戦略にどのようなメリットをもたらすのか。アカマイ・テクノロジーズ 職務執行者社長の日隈寛和氏に話を聞いた。(2023/1/6)

編集部コラム:
需要減でもなお「足りない」半導体/レガシー技術、レガシースキルとの決別/VBAマクロ無効化問題
今年後半によく読まれた記事から、2022年のIT業界事情を振り返ります。(2022/12/30)

ITワード365:
【クイズ】「Amazon.comが運営する完全無人のデジタル店舗……」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2022/12/22)

編集部コラム:
絶対にパスワード付きzipファイルしか送らせない企業 vs. 絶対にパスワード付きzipファイルを受け取らない企業の戦い
一年を振り返ってみると業務環境の変化に右往左往した自分自身の体験を思い返すことになりました。(2022/12/21)

WordPressのプラグインにマルウェアが隠される 感染リスクを軽減する方法は?
SucuriはWordPressのプラグインにマルウェアを隠す方法を発見したと伝えた。サイバー攻撃者は、セキュリティソフトウェアや研究者による検出を回避するためにさまざまな攻撃手法を開発しており、今回の方法も巧妙に検出を回避するものだったとされている。(2022/12/8)

WordPressに複数の脆弱性 クロスサイトスクリプティングで閲覧者・投稿者が影響受ける恐れ
JPCERT/CCが、WordPressに複数の脆弱性が見つかったとして最新版へのアップデートを呼び掛けた。悪用されるとWebサイトの閲覧者に悪影響が出る可能性がある。(2022/11/8)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(8):
「新しい資本主義」をエンジニア視点で考えてみる
今回は「新しい資本主義」について考えてみます。きっかけは嫁さんの「新しい資本主義って何だろうね」というひと言。これを調べていくと、「令和版所得倍増計画」なるものの実施が絶望的に難しそうであることが明らかになってきました。(2022/10/31)

求人条件によく載るプログラミング言語 3位は「Python」、2位は「PHP」、1位は? 営業支援企業が調査
求人条件によく載るプログラミング言語は何か。営業支援ツールなどを展開するQuickWorkは調査した結果を発表した。(2022/10/13)

Ubuntuが10年間のメンテナンスを約束する「Ubuntu Pro」発表 個人には5台まで無料提供
英Canonicalが、Ubuntuに対して10年間のメンテナンスの提供を約束する新サービス「Ubuntu Pro」を発表。個人には最大で5台のマシンまでUbuntu Proを無料提供することも明かした。(2022/10/6)

トップ10言語の特徴も紹介:
謎めく「言語ランキング」の世界、Python vs. Javaが無意味な訳
モバイル開発やWeb開発を手掛けるCleveroadは、プログラミング言語の主要な人気ランキングとして、「TIOBEインデックス」と「PYPL」の2つを取り上げて比較した。併せてランキング上位の言語の特徴や動向を解説した。(2022/9/26)

WordPress 3.7系から4.0系は12月でセキュリティアップデート終了 迅速な移行計画策定を
WordPressの古いバージョンである3.7系から4.0系までのセキュリティアップデートが2022年12月1日で終了となる。該当するバージョンを使っている場合は、セキュリティアップデートが提供されているバージョンへ移行することが望まれる。(2022/9/9)

セキュリティ・アディッショナルタイム(47):
SaaS利用やテレワークの拡大で高まるセキュリティリスク、どう対応すべきかをMenlo Securityに聞いた
国内外問わずさまざまな組織が被害を受けるランサムウェア。被害が多発する背景には、どのような攻撃手段があるのか、それらの攻撃にどう対処すればよいのかをMenlo SecurityのAmir Ben-Efraim氏とPoornima DeBolle氏にインタビューした。(2022/8/23)

iPadOS 16のステージマネージャと外部ディスプレイ利用が超便利【先行レビュー】
M1 iPadにだけ許されたiPadOS 16の新機能。これまでのiPadのUIから大きく進化するポイントはこれだ。(2022/8/14)

古い脆弱性に対応するだけでも被害は激減:
ソフトウェア脆弱性を正しく怖がるための「28の真実」
Comparitech.comはサイバーセキュリティに関わる脆弱性について、最新の状況を示す28の重要な統計と事実を取り上げて紹介した。2021年第4四半期にはゼロデイマルウェアが全脅威の3分の2を占めた。だが、同時に84%の企業のネットワーク境界に高リスクの脆弱性が残っていた。企業や個人はまず古い脆弱性に対応するとよいだろう。(2022/8/5)

WordPressプラグインに制御権乗っ取りの脆弱性 直ちにアンインストールを
WordPressのページビルダープラグイン「Modern WPBakery」に脆弱性が見つかった。これを悪用されると、Webサイトの制御権が乗っ取られる可能性があるため迅速なアンインストールが求められる。(2022/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。