ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「B2B」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Business to Business

「HubSpot」や「Salesforce」とも連携:
B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサイト情報データベース「StoreLeads」の取り扱いを開始した。(2024/2/23)

株式会社ラクーンフィナンシャル提供Webキャスト
B2B取引をEC化して売り上げ150%アップ、老舗洗車用品メーカーの取り組み
老舗洗車用品メーカーのシュアラスターは、B2B取引をEC化したことで、10年間で150%もの売り上げアップを達成したという。しかしその道のりは、決して平たんではなかった。同社社長を招き、直面した課題とその向き合い方を聞いた。(2024/2/19)

株式会社ラクーンフィナンシャル提供Webキャスト
B2Bで意外とみられている決済方法、“口座振替”を取り入れるべき理由とは
B2Bにおいて意外と重要なのが“どのような決済方法を提供できるか”という点だろう。本動画では、B2Bで一般的な決済方法の1つである口座振替をピックアップし、これが重要な理由を解説する。(2024/2/19)

株式会社ラクーンフィナンシャル提供Webキャスト
B2Bでのニーズ高まる「決済代行サービス」、その理由と導入メリットとは
決済周りの業務は当事者間で行うだけでなく、第三者に決済業務を代行してもらう形が浸透しつつある。特にB2Bだ。このような決済代行サービスの特徴とともに、B2Bにおける導入メリットを解説する。(2024/2/19)

媒体をまたいだ広告全体のパフォーマンス確認をより効率的に:
Microsoft広告とのデータ連携に対応 WACUL「AIアナリスト」の広告レポートがアップデート
複数のWeb広告プラットフォームでの広告効果を一元管理する機能が、B2Bでニーズの増大しているMicrosoft広告に対応した。(2024/2/14)

B2B企業のマーケティングオーケストレーション実現を伴走支援:
シンフォニーマーケティングがNTTアドと提携 最適なCXをAIで創造する「次世代B2Bマーケティング」を提供
シンフォニーマーケティングがNTTアドとの戦略的提携を発表した。両社の強みを組み合わせて、B2B企業の価値向上につながるマーケティングソリューションを提供する。(2024/2/9)

戦略立案からカスタマーサクセスまで:
複雑化するB2Bマーケティングの課題を一気通貫で解決 PLAN-Bが支援サービスを提供
PLAN-Bが「BtoBマーケティング総合支援サービス」の提供を開始した。デマンドジェネレーションだけでなく、営業やカスタマーサクセスの領域までをカバーできるのが特徴だ。(2024/1/26)

新春トップインタビュー「ゲームチェンジャーを追う」:
ChatGPTと差別化したオラクルの「産業特化型の生成AI」 B2CとB2Bで起こる変化
日本オラクルの三澤智光社長に、2024年に生成AIの方向性を聞いた。(2024/1/16)

今日のリサーチ:
B2Bのコンテンツマーケティングに関する2023年総括と2024年展望レポート
2023年は広告のCPA高騰や生成AI活用の一般化の兆しが見られました。2024年のB2Bマーケターはどう動くべきなのでしょうか。(2023/12/28)

株式会社クレディセゾン提供ホワイトペーパー:
PR:B2Bビジネスの悩み、支払い日の長期化や請求/回収業務の悩みを解決するには?
B2Bビジネスにおいて、支払い日の長期化は運転資金の確保に影響を及ぼすため多くの企業が頭を悩ませているが、取引先への請求/回収業務には人手と時間がかかる他、業績悪化による支払い遅延のリスクもある。この問題を解決する方法とは?(2023/12/21)

ロジクール、“他社コラボ”で法人領域を強化 笠原社長が事業戦略を説明
これまでコンシューマー向けPC関連製品で伸びてきたロジクールが、B2B領域に本腰を入れる。自社だけではカバーしきれない分野で協業する新しいパートナーシップ制度を導入する。(2023/12/11)

プレイバック注目コンテンツ:
誤解されたB2Bマーケティング
中小のB2B企業には大手のようなデジタルマーケティングは無理? そもそも不要? 思い込みを廃し、現実的にできること、やるべきことについて、ITmedia マーケティングの過去の掲載記事でおさらいしてみましょう。(2023/12/10)

生成AIスタートアップの挑戦:
声で指示すると企画書完成 “トンマナ”まで再現できる生成AIツールとは?
連載「生成AIスタートアップの挑戦」第9回は、メディア制作・運用を起点としたB2Bマーケティング支援を手掛けるスタジオユリグラフ(沖縄県名護市)を取り上げる。(2023/11/7)

B2Bマーケターのための広報入門【第3回】:
広報の成果を「広告換算」するのが決定的に間違っている理由
B2Bマーケティング担当者が広報業務も兼務することもありますが、広報とマーケティングは似ているようで異なる職能です。今回は、広報マーケティング兼任者が見誤りやすいポイントの一つである、広報の成果の測定方法についてご紹介しましょう。(2023/10/31)

ペーパーレス化:
「invox受取請求書」が建設業に特化した機能を搭載、請求書のデジタル化が可能に
Deepworkは、「invox受取請求書」と「invox for BtoBプラットフォーム 請求書」で、建設業に特化し、工種や費目、細目を設定して取極外請求書の取扱いを可能にした。(2023/10/30)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
異業種からのEV参入の突破口となる「B2B」と「ソフトウェア」
“隙間”を満たすさまざまなアプローチが必要だと考えます。(2023/10/30)

戦略&データ活用が導く成功への道:
庭山一郎氏×西内啓氏 第一人者が語る、データからB2Bのマーケティング戦略を立案するための方法
B2Bマーケティングとデータサイエンスの第一人者による夢のコラボが実現。データ駆動型B2Bマーケティングについて語った。(2023/10/13)

「ConnectAI」の使い方:
パナソニック コネクトのB2Bマーケティングにおける生成AI活用例3選
2023年に入り、OpenAIの「ChatGPT」をはじめとする生成AIが社会的なブームを巻き起こしている。ビジネスでの積極活用に取り組む先進企業も現れ始めているが、マーケティング領域ではどんな使い方ができるのか。パナソニック コネクトの事例に学ぶ。(2023/10/12)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】THE MODEL
B2Bの営業活動における、マーケティング、営業、カスタマーサクセスの共業プロセスモデル。(2023/9/30)

B2Bマーケターのための「広報」入門【第2回】:
広報&マーケ担当者が知らないと大恥をかく「プレスリリース」と「メルマガ」の違い
「セミナー集客のためにプレスリリースを出したのに全く反応がない」は、広報業務を兼任するB2Bマーケターがこぼしがちな愚痴の一つだが、言っていること自体のおかしさに気付かないだろうか。そもそもプレスリリースの役割とは……。(2023/9/25)

ミレニアル世代が「メイン購入者」に:
「営業から買う」は時代遅れ B2Bテック製品の購買ジャーニー、どう変化している?
B2B営業の購買ジャーニーが変化してきている。これまで当たり前だった「営業から買う」というスタイルはすでに時代遅れになりつつある。なぜだろうか? 購買者の変化を踏まえ、今後の営業のあり方を考えてみよう。(2023/9/20)

アスクル送料値上げ 「物流現場の働き方改善のため」
BtoB通販サービス「ASKUL」「ソロエルアリーナ」の配送料が10月31日から値上げへ。(2023/9/15)

中小企業にこそB2Bマーケティングを【前編】:
B2Bマーケティングにおける「ハイブリッド施策」の意味を誤解していませんか?
B2Bマーケティングの取り組みは、大企業やデジタルネイティブのスタートアップ企業だけではなく、“普通の中小企業”でも広がっている。中小企業のB2Bマーケティングを成功に導く鍵は何か、エキスパートが解説する。(2023/9/8)

note活用で企業の「想い」を広げる【第3回】:
B2Bブランディングにおけるnote活用 「マクロミル」「ヤプリ」の事例を解説
企業のnote活用を目的別に考えるこの連載、今回のテーマは「B2Bブランディング」です。(2023/9/6)

デジマ調査ラボ:
リード(個人情報)獲得のための最適コンテンツとは? 製品導入経験者に聞いて分かった重視されている情報
デジタルマーケティングに役立つ調査結果を提供するアイティメディアの「デジマ調査ラボ」から、B2Bマーケターに耳寄りな情報をお届けします。(2023/8/11)

勝手に考察!「隠れ優良企業」のビジネスモデルに学ぶ:
時価総額1兆超え 伝説のIT企業「モノタロウ」のすごいビジネスモデルを解説
一時期は楽天の時価総額を上回っていたB2BのIT企業「モノタロウ」をご存じでしょうか? 隠れ優良企業のすごいビジネスモデルを分析していきましょう。(2023/8/7)

デジマ調査ラボ:
「アフターコロナ」での新規顧客獲得において、リード(名刺情報)の質が重要性を増す理由とその対策
デジタルマーケティングに役立つ調査結果を提供するアイティメディアの「デジマ調査ラボ」から、B2Bマーケターに耳寄りな情報をお届けします。(2023/8/4)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「TikTok使って何かやって」と偉い人に言われたらどうすればよい? ChatGPTに助けを求めたら……
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「TikTokはB2Bのマーケティングに使えるか」です。(2023/7/29)

B2B最強ECサイト構築「Trylion Project」の舞台裏
アスクルが日本最大級のB2B ECサイトをモダナイズ、大規模プロジェクト成功のポイントは?
通販サイトを展開するアスクルが「B2B最強ECサイト」の構築を目指したプロジェクトを進行中だ。このプロジェクトではマイクロサービスやクラウドネイティブ技術を採用しているという。アスクルの担当者に話を聞いた。(2023/7/31)

B2Bマーケの新常識:
元インスタ日本事業責任者に聞く、エンゲージメントを高める「熱量」をどう生むか?
マーケティングは、時代の流れに最も敏感であるべき領域の一つだ。トレンドをいち早くキャッチしなければユーザーにプロダクトの価値を伝えることはかなわず、むしろトレンドを築き上げていく役割を担っている。B2Bマーケーターに今必要な視点とアクションとは? インスタ初代日本事業責任者に聞く。(2023/7/21)

HubSpotのCMOが語る「マーケティングリーダーが今こそ持つべき視点」【後編】:
「広告」「イベント」「ROI改善」 アフターコロナのB2Bマーケターが生きる道は?
キャンペーンのコストが増大する一方でマーケティング施策のROIを見る目は厳しくなっている。どうすればいいのか、HubSpotのCMOが語った。(2023/7/13)

今日のリサーチ:
B2Bサイトランキング2023、三菱電機が初のトップ――トライベック・ブランド戦略研究所調べ
カーボンニュートラルなどSDGs関連の情報収集が活発化した2023年、FA(制御機器)分野の中でも発信力を強化した三菱電機が初の首位になりました。(2023/7/10)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
いまさら聞けないインフルエンサーマーケティング 「注目人物は?」「B2Bでもできる?」 GPT-4の答えは
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「いまさら聞けないインフルエンサー活用」です。(2023/7/8)

広がるエンベデッドファイナンス インフォマート「BtoBプラットフォーム」にMFケッサイの請求代行機能を組み込み
保険や資金調達など金融系のサービスを、部品として他のSaaSなどに組み込む「エンベデッドファイナンス(組込型金融)」が徐々に広がりを見せている。インフォマートは、主力サービス「BtoBプラットフォーム」に、マネーフォワードケッサイが提供する請求代行サービス「MoneyFoward Kessai」を組み込み、「掛売決済」として7月26日から提供する。(2023/6/21)

みんなの銀行2周年 決済事業者を中抜きする「A2A決済」とは何か
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のデジタルバンク、みんなの銀行が5月28日に2周年を迎えた。預金量が伸び悩む中、フォーカスするのはB2Bの「A2A決済」だ。(2023/6/6)

今日のリサーチ:
B2B企業の9割がマーケティングの重要性を認識、理由の3位に「プッシュ型の営業活動だけでは限界がある」
B2Bマーケティングの重要度は企業規模を問わず高まっていることがSansanの調査で分かりました。(2023/6/2)

仕組みで顧客体験価値を高め、情報を守る:
PR:「セキュリティ」と「B2Bの顧客体験向上」をどう両立? SaaS時代の対策法とは
ビジネスにおいて、見積もりや納期回答などの対応スピードが遅かったり品質が低かったりすると、ライバルとの競争で生き残れない。対策として、部門や企業をまたぐバリューチェーンの効率化・自動化は必須だが、併せて考慮しなければいけないのがセキュリティリスクだ。SaaSならではの、従来の対策だけでは処理できないリスクに備えるにはどのような体制を整備すればよいのだろうか。(2023/5/30)

B2B連携の「CData Arc」から新バージョンが登場 何ができるようになるのか
CData Arcが新バージョンを発表し、さまざま新機能が追加された。(2023/5/18)

今日のリサーチ:
「コロナ5類移行後もオンライン営業を続けたい」が6割弱――RevComm調査
コロナ5類移行による規制緩和、B2Bの営業職の本音は?(2023/5/3)

リサイクルニュース:
2022年のBottle to Bottle用リサイクルPET樹脂の国内供給能力は26.7万t
矢野経済研究所は、PETボトルリサイクルの国内市場に関する調査結果を発表した。2022年のB to B用リサイクルPET樹脂の国内供給能力は、26.7万tに拡大する見込みで、今後は使用済みPETボトルの確保が課題となる。(2023/4/27)

デジタルガレージと三井住友トラストクラブ、B2B向け決済サービス提供開始
 デジタルガレージと三井住友トラストクラブは4月18日、ダイナースクラブカードの会員に対し、B2B向け決済サービス「DGFT請求書カード払い」の提供開始を発表した。(2023/4/21)

頭脳放談:
第275回 Aruduioへのマイコン供給でルネサスは変わるのか?
ルネサスエレクトロニクスのArmコアマイコンがボードコンピュータ「Arduino」に採用されるという。これまでB2B分野を中心に展開してきたルネサスが、コンシューマー分野に手を広げる形だ。その背景には何があるのか、筆者が推察してみた。(2023/4/21)

SaaS対決特別編:
取引デジタル化の最前線 インフォマートの戦略とは?
BtoBプラットフォームは、企業間のやりとりをデータ化し業務効率化を図るシステムであり、請求書・契約書などデジタル化が特徴。大手企業が導入すれば、取引先も参加しやすくなり、効率的にID数を増やせる。しかし、導入タイミングが重要であり、既に他のシステムを導入している企業が対象となる場合、並行利用が問題となることもある。インフォマートはフード業界向け電子商取引プラットフォームで成功し、コロナ禍や電子帳簿保存法の導入で、企業のデジタル化ニーズを満たすプロダクトとなっている。(2023/4/20)

Adobe Marketo Engageの最新アップデート:
生成AIはB2Bマーケティングをどう変える? アドビの考え方
B2Bの領域において「Experience-Led Growth(体験主導の成長)」をどう実現するか。「Adobe Summit 2023」において語られた「Adobe Marketo Engage」の最新アップデートについてレポートする。(2023/4/20)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
AIはB2Bマーケターを救う WebサイトのフォームをAIが評価して改善を支援
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、AIが入力フォームの有効性を判定する無料の診断サービスなどに注目。(2023/4/7)

デジマ調査ラボ:
B2B企業におけるオンライン営業活動の実態、最大の課題とは?
デジタルマーケティングに役立つ調査結果を提供するアイティメディアの「デジマ調査ラボ」から、B2Bマーケターに耳寄りな情報をお届けします。(2023/3/31)

「オンラインマーケットプレイス」の作り方:
J.Crew、H&Mにトヨタグループ会社も 事例に学ぶオンラインマーケットプレイス活用法
世界の先進企業はどのようなオンラインマーケットプレイスを構築しているのか。今回は、B2CからB2Bまで、さまざまな活用事例を紹介します。(2023/3/29)

プレイバック注目コンテンツ:
GNP(義理、人情、プレゼント)より大事なものとは? 「カンヌライオンズ」に学ぶ新しいB2Bビジネスのヒント
ITmedia マーケティングに掲載されて好評を博した記事を振り返ります。(2023/3/25)

今日のリサーチ:
B2B企業のWeb広告、自社運用は進んではいるものの運用体制変更のハードルは高い――Shirofune調査
B2B企業の広告運用の実態に関する調査結果です。(2023/3/22)

RPG要素を取り入れた「ジャパン・メタバース経済圏」 金融機関やIT企業など10社が参加
金融各社や損害保険ジャパン、富士通などがBtoBオープン・メタバース基盤「リュウグウコク(仮)」の構築と「ジャパン・メタバース経済圏」の創出に向けて基本合意書を締結した。(2023/2/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。