ニュース
» 2010年04月27日 08時16分 UPDATE

iPadユーザーを狙う攻撃発生、「ソフトの更新」促す迷惑メールが出回る

正規サイトに類似した偽サイトにアクセスすると、マルウェアをダウンロードしてしまう。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のBitDefenderは4月26日、iPadのソフトウェアアップデートを装ってマルウェアに感染させようとする迷惑メールが見つかったとして注意を呼び掛けた。

 問題のメールは、「最高のパフォーマンス、新機能、セキュリティ」を提供するという触れ込みで、iTunesソフトウェアの最新バージョンを入手し、iPadのソフトウェアを更新するよう促す。リンク先のサイトは正規のiTunesソフトウェアのダウンロードサイトに似せたものになっている。

 しかし、このサイトではユーザーが知らないうちにマルウェアがダウンロードされてしまう。マルウェアはシステムにバックドアを作り、外部から不正にアクセスしてシステムを制御できる状態にしてしまう。さらに、感染しているコンピュータにインストールされているソフトウェアのシリアル番号や、メッセンジャー、POP3メールのアカウント、パスワードも記録してしまうという。

 マルウェアの影響を受けるのはWindowsのみ。同社では、iPad用ソフトウェアのダウンロードは公式サイトを利用すべきで、知らない場所からファイルをダウンロードしたり保存したりしてはいけないと忠告している。

関連キーワード

iPad | マルウェア | iTunes | 偽サイト


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -