ニュース
» 2010年06月24日 11時30分 UPDATE

祝、書籍化!:リーダーは、明るく楽しくあきらめず〜ドジっ娘リーダー奮闘記制作者座談会 (1/3)

リーダーはどうあるべきか、幸せな組織はどうやって作るのか。新米リーダーの成長をつづった『ドジっ娘リーダー奮闘記』の制作者たちが、本連載に託したリーダーへの思いや、制作秘話を話し合った。

[谷川耕一,ITmedia]

 新米リーダーのしんこちゃんが、さまざまなトラブルを乗り越え成長していく姿を描いたITmedia エンタープライズの『ドジっ娘リーダー奮闘記』。先日26回の連載が終了し、無事立派なリーダーへと成長を成し遂げたしんこちゃんが、6月24日に1冊の本になって帰ってくることになった。面白おかしなストーリー展開と魅力的なイラストで人気を博したこの連載で、制作者たちは読者に何を伝えたかったのか。原作者の小俣さんとイラストレータの本橋さん、そして編集・構成を担当したエンタープライズ編集部の鈴木が、ドジっ娘リーダー奮闘記の制作秘話を話し合った。

参加者

小俣光之さん 原作 プログラマー社長のブログ(ITmediaオルタナティブ・ブログ)ブロガー

本橋ゆうこさん イラストレーション 本橋ゆうこの「エンガワで背泳ぎ?!」(誠ブログ)ブロガー

鈴木麻紀 編集・構成 ITmedia エンタープライズ編集部

金武 明日香 モデレータ @IT自分戦略研究所 編集部


小俣光之さん 原作 小俣光之さん

金武 連載の無事終了、そして書籍化おめでとうございます。

全員 ありがとうございます!

金武 連載を始めるきっかけは何だったんですか?

小俣 わたしがブログを書いているITmedia オルタナティブ・ブログの定例ミーティング後の懇親会で、編集の鈴木さんから声を掛けてもらったことです。組織のリーダーにリーダー論を説く記事が書けないかという話で、当初は普通の記事形式を想定していましたが、企画を詰めていく過程で会話形式にしようということになっていきました。

 そこで早速、先輩が若手の男性リーダーを指導する内容の原稿を書いて鈴木さんにメールで送りました。そうしたら、「ちょっとアレンジしました」と鈴木さんから返信が来て。それはわたしが書いた原稿とは全く違うものになっていたのですが、コミカルな読み物風で面白いので、これで行きましょうということになったんです。主人公の『しんこちゃん』は、この時に登場しました。

鈴木 最初は、青年が失敗を乗り越えて成長する姿を書いてもらう予定だったのですが、女の子の方がいいかな、それなら先輩は熱血漢で……と、そこからざっくりとキャラクターの設定をしました。

金武 制作はどのような流れだったのでしょうか?

小俣 わたし、書くのが早いんです。1本を15〜30分で書いちゃう。で、どんどん書いて鈴木さんに送るのですが、当初はなかなか記事にしてもらえませんでした。

鈴木 わたしは逆に、とても時間がかかっていました。というのも、小俣さんの文章は説教くさくて(笑)。でも伝えようとしていたメッセージは大切な物ばかりなので、読者にうまく伝わるようにしようと工夫しました。

 まずは原稿をバラバラにして、先輩役の輩田(やからだ)さんが「こうしろ」と頭ごなしに言うのではなく、しんこちゃんが「こうしたい」と自分から言うように輩田さんにリードしてもらいます。さらに起承転結に組み替えたり書き加えたり、編集部の先輩に見てもらって「ここはしんこちゃんらしくない」などの意見が出たら反映して。そうやって出来上がった原稿を本橋さんに送っていました。

本橋 わたしは原稿が届いたらまず読んで、そこから1日ぐらい置いておきます。そうすると自分の中でお話がいい具合に醸成されて、会話の様子が思い浮かんできました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ