ニュース
» 2010年08月10日 07時46分 UPDATE

Windowsに権限昇格の脆弱性、セキュリティ企業が概略を公表

MicrosoftのWindowsに新たな脆弱性が報告され、攻撃者がカーネル権限で任意のコードを実行できてしまう可能性も指摘されている。

[ITmedia]

 MicrosoftのWindowsに新たな脆弱性が報告されたとして、セキュリティ企業が8月6日付で概略を公表した。

 VUPENとSecuniaのアドバイザリーによれば、この脆弱性はWindowsカーネルモードのデバイスドライバ内部にある機能のバッファオーバーフロー問題に起因する。ローカルの攻撃者にこの問題を悪用された場合、サービス妨害(DoS)状態を誘発されたり、権限を昇格されたりする恐れがある。さらに、攻撃者がカーネル権限で任意のコードを実行できてしまう可能性も指摘されている。

 両社とも最新のパッチを当てたWindows 7、Windows Server 2008 SP2、Windows Server 2003 SP2、Windows Vista、Windows XP SP3でこの問題を確認したとしている。リスクレベルはVUPENが4段階評価で下から2番目の「Moderate」、Secuniaは5段階評価で下から2番目の「Less critical」となっている。

 現時点でMicrosoftの公式パッチは存在しない。Secuniaは回避策として、信頼できるユーザーのみにアクセス権限を与えることを挙げている。

関連キーワード

Windows | Microsoft | 脆弱性


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ