ニュース
» 2010年09月03日 16時16分 UPDATE

Google Chrome 6のリリース、深刻な脆弱性も多数修正

Google Chrome 6.0.472.53では17件の脆弱性に対処した。うち7件が「高リスク」に分類されている。

[ITmedia]

 米Googleは9月2日にリリースしたWebブラウザ「Google Chrome」安定版の最新バージョンで、多数の深刻な脆弱性を修正した。

 Google Chrome Releasesのブログによると、最新版の「バージョン6.0.472.53」では、新たに判明した16件を含む計17件の脆弱性に対処した。新たに見つかった脆弱性のリスクレベルによる内訳は、「高リスク」が8件、中程度が4件、比較的リスクの低いものが4件となっている。

 脆弱性の発見者にはリスクの程度に応じて報酬を支払った。特に「WebSocketsにおける整数エラー問題」の報告については、「危険度が極めて高い」もしくは「極めて優れた情報」と判断した場合の報酬1337ドルを支払っている。

 このほかに、Chrome 5で回避策を取ったとしていたWindowsカーネルの不具合への対応が、実は未解決だったとして、最新版で改めてこの問題に対処している。

関連キーワード

Google | Google Chrome 6 | 脆弱性


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ