ニュース
» 2010年09月14日 08時00分 UPDATE

中堅・中小企業のSaaS/クラウド活用:【第1回】既存業務システムの外出しだけでは駄目だ (1/3)

SaaSやクラウドを活用することで大きな効果が期待されるにもかかわらず、なぜ中堅・中小企業は本格活用に踏み出さないのだろうか。

[岩上由高(ノークリサーチ),ITmedia]

 SaaSやクラウドは情報システムの構築、運用にあまり多くの労力や費用をかけられない中堅・中小企業にとってこそ有効と言われることが多い。確かに、IT資産を自ら所有、調達せずに済む点は中堅・中小企業におけるIT活用を大きく促進するものと期待される。だが、実際に数多くの中堅・中小企業がSaaSやクラウドの活用に取り組んでいるかといえば、大半はまだ様子見の状態というのが実情だ。期待される効果は既に明確なのに、どうして中堅・中小企業はSaaSやクラウドの本格活用に踏み出さないのか。

 本連載は3回にわたり、ユーザー企業を対象とした調査データやSaaSおよびクラウドを取り巻く最新状況を踏まえて、この問い掛けに答えていくことにする。

潜在的な需要は確かにある

 まず、以下のグラフを見ていただきたい。これは年商5億円以上〜500億円未満の中堅・中小企業に対し、「2010年中に投資を抑える予定の項目のうち、筆頭に挙げられるもの」を尋ねた結果である。これを見ると、「IT関連担当人員の増強」が突出して多いことが分かる。中堅・中小企業は情報システムを担当する人員が大企業と比べ少ない。一方、情報漏えい対策など情報システムを安全に活用するための労力は企業規模に限らず必要だ。そうした状況にありながら、中堅・中小企業はIT関連人員投資に関しては削減の意思を示しているのだ。

2010年中に投資を抑える予定の項目として筆頭に挙げられるもの 2010年中に投資を抑える予定の項目として筆頭に挙げられるもの

 結果的に従来と同等もしくはそれより少ない人員で情報システムの管理、運用を行っていく必要が生じる。SaaSやクラウドはこうした状況への有効な解決策の1つだ。このようにIT投資全般の観点から見ると、確かに中堅・中小企業にはSaaSやクラウドの活用に向けた潜在ニーズが存在しているといえるだろう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -