ニュース
» 2010年09月27日 11時33分 UPDATE

Twitterでまた悪質リンクが横行――解決済み

「WTF」という言葉を含むツイートのリンクをクリックすると、自動的に意図しないツイートを投稿してしまう問題が発生したが、数時間後に解決した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは9月26日(現地時間)、再発していた悪質リンクの問題を解決したと発表した。

 同様の問題は9月22日にも発生している(対処済み)

 今回問題になったツイートは、「WTF(What The Fuckの略で“何だって?!”という意味)」という言葉を含んでおり、このツイートに表示されているリンクをクリックすると意図しないツイートを自動的に送信するようになっていた。Twitterのステータスページによると、同社はこのリンクを無効にし、既に投稿されてしまったツイートを処理しているという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Twitter | 脆弱性 | 投稿 | XSS | セキュリティ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -