レビュー
» 2011年01月07日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:浮き彫りになったXMLの課題──HTML・XML混在環境におけるセキュリティの理想解

Webアプリケーションに対する攻撃は増加を続け、従来のHTMLアプリケーションだけでなく、XMLとXMLに関連するデータに対しても高度な保護が求められている(提供:シトリックス・システムズ・ジャパン)。

[PR/ITmedia]

 Webアプリケーションに対する攻撃が知られるようになって久しいが、その数は増加の一途をたどっている。アプリケーションに対する不正なデータを用いた攻撃は、古典的なレイヤー3−4ファイアウォールでは防御が不可能であり、Webサーバに対するリクエストそのものを解析する必要がある。さらに昨今標準的に使用されるようになったXMLデータは、複雑に構造化されているため、その解析自体がサーバCPUの負担となる。

 SOAコンセプトが浸透し、Web 2.0テクノロジーが企業内にも積極的に導入されるようになった今、HTMLアプリケーションとXMLアプリケーションの両方のセキュリティを保護するための早急な環境構築が企業に求められている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -