ニュース
» 2011年05月16日 10時49分 UPDATE

センドメール、送信ドメイン認証の設定確認ツールを無償公開

センドメールは、送信ドメイン認証の1つであるSPFレコードの設定状況を確認できるツールを無償公開した。PC版とiPhone版の2種類がある。

[國谷武史,ITmedia]

 センドメールは5月16日、迷惑メール対策の送信ドメイン認証の設定状況を確認できる「SPFレコードチェックツール」を無償公開した。PC版とiPhone版の2種類があり、メールサーバ管理者はホスト情報とメールヘッダー情報を入力するだけで、正しく動作しているかを確認できる。

 同ツールは、送信元のIPアドレスを認証に用いる「SPF(Sender Policy Frameworks)」を利用して、送信者はドメインが詐称されていないことを宣言し、受信者がメールの実際の送信元をドメイン単位で確認する、迷惑メール対策の設定状況を確認できるもの。

 センドメールのWebサイトにアクセスし、確認したいメール送信元のIPアドレスとメールヘッダーを入力すると、「pass(認証成功)」や「permerror(送信元のSPFレコードの文法的な誤りなどによる永続的なエラーのため認証処理を失敗)」といったメッセージが表示され、状況を把握できる。

 同社では今後、もう1つの送信ドメイン技術である「DKIM」用のツールや、Android対応版などの提供も予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -