ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「sendmail」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「sendmail」に関する情報が集まったページです。

.NET TIPS:
電子メールを送信するには?(outlook.com編)[.NET 4.5、C#/VB]
Microsoft Graphに統合されているOutlookメールREST APIを使用して、電子メールを送信する方法を解説する。(2018/11/28)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
三井住友海上のRPA導入、そのキーマンは知る人ぞ知るExcel VBAマスターだった
わずか1年足らずでRPAの導入に成功した三井住友海上。導入を主導した近田さんは、ビジネスとIT、両者の知見を持つ特異なキャリアと「Excel VBAマスター」という、これまた保険営業らしからぬ、特異なスキルを持った人物だった。(2018/1/24)

Excel VBAプログラマーのためのGoogle Apps Script入門(終):
Googleフォームで入力したデータをスプレッドシートに追加しGmailで知らせる
Googleが提供するGoogle Apps Script(GAS)のプログラミングで、Google Apps(主にスプレッドシート)を操作する方法を解説していく連載。最終回は、Googleフォームで入力したデータをスプレッドシートに追加しGmailで知らせる方法を紹介する。(2017/8/28)

脆弱性の発見・修正を自動化し、レスポンスの迅速化を目指す:
コンピュータ同士が競うCTFがついに実現、その後人間との“共闘”も
米国時間の2016年8月5日、「参加者が全てコンピュータ」というこれまでにないセキュリティ競技会が開催された。コンピュータたちが脆弱性の発見、検証、修正に関する能力を競い合った。(2016/8/12)

安定版Linuxディストリビューションの一部に影響、アップデートの適用を:
glibcの脆弱性「GHOST」、影響範囲を見極め冷静な対処を
2015年1月28日、Linuxで広く利用されているGNU Cライブラリ(glibc)に、バッファオーバーフローの脆弱性が存在することが明らかになった。Red Hat Enterprise Linux 6&7といった安定版のLinuxディストリビューションに影響があるため、注意が必要だ。(2015/1/28)

現代中国インターネットの覇者たち:
「利益よりもユーザーを最優先」 Tencent・QQ事業のトップに聞く
Tencentのソーシャルプラットフォーム責任者として、主にメッセージングツール「QQ」のサービス全体を統括する湯道生シニアエグゼクティブ・バイスプレジデントが事業成長のポイントを語った。(2014/6/19)

セキュリティ・ダークナイト(14):
存在に気付かないふり? Struts
多くのサイトで使われるようになったApache Struts。Strutsは関係ないや、と思っているあなたのサイトにも、Apache Strutsが複数インストールされているかもしれません。(2013/11/20)

Google、OSSのセキュリティ問題対応にも報奨金を提供へ
OpenSSHやBINDといったオープンソースプロジェクトのセキュリティ強化に貢献した研究者などに、500〜3133.7ドルの賞金を贈呈する。(2013/10/11)

コスト効率と付加価値を実現するには:
PR:事業者は、メールサービスとどう向き合うべきか
インターネット接続プロバイダやそのアウトソース先、さらに企業にとって、メールサービスの運用はますます大きな課題となっている。打開策はどこにあるのか?(2013/8/28)

もいちど知りたい、セキュアコーディングの基本(5):
見落としがちな整数関連の脆弱性(後編)
前回に続き、バグの中でも大きな割合を占める整数の取り扱いに関する脆弱性について解説します。今回取り上げるのは「切り捨て」「符号拡張/ゼロ拡張」についてです。(2013/8/1)

NEWS
分散ストレージで大容量メールを保管可能に、センドメールが新アダプター提供
センドメールは、メールサーバ製品「Mailcenter Store」で、容量の追加が容易な分散ストレージ「Scality Ring Organic Storage」を利用可能にするアダプターを提供する。(2013/4/18)

米Scalityの分散ストレージシステムとのコネクタを開発:
メールシステムのバックエンドに大容量分散ストレージを、センドメール
センドメールは4月17日、メールストアサーバ「Mailcenter Store」と分散ストレージシステム「Scality Ring Organic Storage」のネイティブ接続が可能なコネクタ「MC Connector」を開発した。(2013/4/17)

クラウドデータベースとの連携を実装:
カスペルスキー、メールセキュリティ製品の新版
カスペルスキーは12月4日、メールサーバ向けセキュリティ製品の新バージョン、「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server」を発表した。(2012/12/4)

FreeBSDのコレ知ってる?(1):
自由な設定が可能な最新リソース制御機能
静かに活躍の場を広げているFreeBSD。そのFreeBSDに昔から搭載されているのに知られることなくお蔵入りしている機能や、新しく開発された機能を取り上げ、紹介していきます。最初のテーマは、ホスティングサービスなどでニーズの高いリソース制御機能です。(編集部)(2012/6/25)

未来のサービスを見据えたモノづくり企業を目指せ!:
PR:データが人を幸せにする――M2M時代のデバイス開発に必要なDB要件とは
ハードウェアメーカーも、新しい社会インフラを見据えたサービス開発に乗り出すとき。では、高度なITインフラのノウハウが必要なサービス開発に適したソフトウェア実装とはどんなものだろうか?(2012/4/12)

これから始めるIPv6(3):
3つの手順で実現、サーバOSのIPv6対応
IPv4アドレス在庫の枯渇やWorld IPv6 Dayの実施に伴い、「そういえば昔IPv6について読んだけれど、いまはどうなっているんだろう?」と感じている人も多いのではないでしょうか。最新状況を踏まえたIPv6の「基礎」を改めて紹介します。(編集部)(2011/11/28)

SendmailとVMware、コラボレーション製品ビジネスで協業
「VMware Zimbra Collaboration ServerとSendmailのメールセキュリティ製品を組み合わせた仕組みを日本でも展開する。(2011/7/4)

重要なメールのリストを自動作成するツール、センドメールが発売
センドメールは、重要なメールがスパムなどに埋もれたり、対策システムなどでブロックされたりしないようにするためのツールを発売した。(2011/6/3)

センドメール、送信ドメイン認証の設定確認ツールを無償公開
センドメールは、送信ドメイン認証の1つであるSPFレコードの設定状況を確認できるツールを無償公開した。PC版とiPhone版の2種類がある。(2011/5/16)

NEWS
センドメール、送信ドメイン認証への対応を確認できるツールを無料公開
送信ドメイン認証への対応が正しく行われているかをチェックできる「SPFレコードチェックツール」を無償公開した。(2011/5/16)

NEWS
迷惑メール対策の技術「DKIM」を推進する団体、ヤフーや楽天ら6社が設立
なりすましメールの判別やメール本文の改ざん検知ができるドメイン認証技術の国内普及を目指し、送信事業者やISP、ベンダー、総務省などが協力して同技術の導入、評価を進める。(2010/11/16)

迷惑メールの排除を目指す新団体が設立――楽天ら25組織が参加
ITサービス企業やセキュリティ団体が、ドメイン認証技術の1つである「DKIM」の普及を目指す「Japan DKIM Working Group」を設立した。(2010/11/15)

センドメール、クラウド事業者向けのメールソリューションを提供
スパム配信に悪用されない対策を備えたソフトウェア群やコンサルティングを提供する。(2010/7/12)

OpenLDAPによるディレクトリサーバ運用(5):
ビシッと決めるチューニング:しっかり基本編
ユーザー情報や組織情報などを一元的に管理するディレクトリサーバは、企業システムの中で重要な役割を果たしています。オープンソースの「OpenLDAP」によるディレクトリサーバの構築方法を解説した前連載に続き、その運用方法を紹介していきます。(編集部)(2010/6/21)

欧米の大手金融に学べ:
PR:金融危機に敢えて電子メールシステムを再構築、TCO削減と信頼のビジネス基盤を実現
電子メールは、今や企業活動における情報の大動脈として欠くことができない。企業はコスト削減の厳しい要求からIT資産の棚卸と統合を迫られているが、むしろこの状況を、より柔軟でセキュアな次世代メッセージング基盤を整備する好機と見るべきだ。(2010/5/12)

スパム送信するLinuxマシンが不釣り合いに多い理由
Linuxから送信されているスパムの量が、世界のLinuxマシン普及台数と比較して不釣り合いに多い理由をMessageLabsが分析した。(2010/5/7)

マカフィー、SaaS型メールセキュリティサービスに参入
セキュリティ専業のマカフィーは、競合の多い市場で新たなサービスモデルを成功につなげられるだろうか。(2010/4/28)

NEWS
センドメールがメールセキュリティ製品のスパム対策強化、4つのブロックリストをオプション販売
センドメールはメールセキュリティ製品のオプションとしてMX ツールズの電子メール悪用対策ブロックリストを提供。より高精度なコンテンツスキャンを実現するという。(2010/3/26)

センドメール、スパム対策の精度を高めるオプションを発売
センドメールとMXツールズが提携し、センドメール製品に組み込めるMXツールズのスパム対策リストなどをオプションとして発売する。(2010/3/25)

GMOインターネット、「お名前.com」にスパム対策を導入
GMOインターネットはサービス品質の向上を目的に、サーバレンタルサービス「お名前.com 共有サーバー SD」にスパムメール対策を導入した。(2009/12/10)

目指せ! Cプログラマ(1):
プログラミング言語Cについて知ろう
プログラミング言語の基本となる「C」。正しい文法や作法を身に付けよう。Cには確かに学ぶだけの価値がある(編集部)(2009/12/9)

センドメール対応の統合ログ管理製品、インフォサイエンスとセンドメールが提供
インフォサイエンスとセンドメールは、センドメールのメールシステムに対応した統合ログ管理製品「Logstorage for Sendmail」を発売する。(2009/9/15)

SMBのメールセキュリティ対策
メールセキュリティで失敗しないための基礎知識
メールセキュリティは、企業規模を問わず不可避の問題だ。しかも、「こうすれば万全」といった解がない。ここでは自社にとってより最適な解を見つけるための、対策の基礎知識を紹介する。(2009/7/2)

センドメール、仮想化対応のWindows用メールソフトを発表
センドメールは、VMwareやHyper-Vに対応したWindows用メールサーバソフトを発表した。(2009/4/16)

機能集約で不要なトラフィック、サーバを減らせ
仮想型も登場、サーバ運用コストを半減させる統合メールセキュリティアプライアンス
スパムにより急増するトラフィックの低減と法令で要求される機能を実現するには、管理コストがかさんでしまう。そこでメールセキュリティに必要な機能を1つに集約すると、現実的で即効性のある対策となり得る。(2009/3/19)

総務省ガイドラインに準拠:
クラスキャット、中小企業/ISP向けのスパム対策アプライアンスを発売
クラスキャットは、センドメールのスパム対策ソフトウェアを搭載した中小企業やISP向けのセキュリティアプライアンスを発売した。(2009/3/9)

メール環境刷新:
三井ホームがPOPサーバの強化とメールアーカイブの安定運用を両立
メールアカウント数の急増とメール流量の増大で、POPサーバの障害やアーカイブのキャパシティ超過に苦慮していた三井ホームは、老朽化したメールシステムを全面刷新した。(2009/2/24)

ガイドラインに準拠:
センドメール、中小ISP向けのスパム対策パッケージ発売
センドメールは、総務省のスパム対策ガイドラインに準拠したスパム対策のパッケージ製品を発売する。(2009/2/18)

UNIX処方箋:
Solaris 10におけるサービスの確認および管理方法
現場ですぐに役立つ知識を欲するあなたに贈る珠玉のTips集。今回は、Solaris 10から導入されたサービスを管理するシステムであるSMF(Service Management Facility)について解説します。(2009/2/3)

セキュリティ対策の「ある視点」(14):
ASV検査、ペネトレテスターの思考を追う
PCI DSSで定められた脆弱性スキャンテストを行う組織、ASV。彼らの検査手順と考え方をトレースし、セキュリティの意味を再考せよ!(2009/1/22)

日本法人を設立:
Cloudmark、日本代表に元センドメールの小島氏を起用
米Cloudmarkは、日本法人設立に向けて代表者に元センドメール社長の小島國照氏を起用した。(2009/1/6)

アップデーティング・メールセキュリティ:
メール暗号化の必然性と暗号化手法の基礎
電子メールセキュリティはウイルス対策、スパム対策だけで終わるものではなく、アーカイブや暗号化、一斉配信や大容量ファイル転送なども広義のメールセキュリティに含まれる。そこで本連載では、メールセキュリティの定義を“アップデート”し、メール管理者が知っておくべき手法をていねいに解説する(編集部)(2008/11/20)

進化するスパムフィルタ【後編】
フィルタだけでは減らないスパム、その撲滅に向けてすべきこと
いくら判定精度が高くても、単一のスパム対策では押し寄せるスパムは減らせない。正規メールの誤判定や判定後の対応など、見えにくい問題を取り上げながらスパム対策製品の導入ポイントを探っていく。(2008/10/22)

進化するスパムフィルタ【前編】
IPレピュテーションはスパムの抜本対策となり得るか
ボットネットを介した分散送信を仕掛けられるなど、スパムメール撃退が困難を極める中、トラフィック増による管理コスト増大も企業を悩ませている。IPレピュテーションはこうした問題を経済的に解決できるという。(2008/10/8)

実践でも役立つLPICドリル(6):
Linuxシステムの起動と停止の手順
本連載は、Linux 認定試験 LPICに対応しています。一般的なLinuxユーザーレベルのトピックは省略し、システム管理とサーバ管理の内容を取り上げています。また、LPIC対策だけでなく、関連するトピックについて系統的な理解を問う問題も出題しています。連載の特徴は、対象となるプログラムのバージョンを可能な限り明記していること、比較的新しくまとまった解説がまだ少ないトピック、重要だが理解しにくいトピックを優先して取り上げていることです。問題を解き、その解説を読むことにより実践でLinuxを活用できる力を身に付けます。(2008/9/30)

IIJ、送信ドメイン認証対応のフィルタリングプログラムを無償公開
IIJは、自社開発した送信ドメイン認証を実装するメールフィルタリングのソースを無償公開した。受信側での送信ドメイン認証への対応を支援する。(2008/8/28)

電子メールの誤送信を抑止、日立ソフトが製品化
日立ソフトは、送信メールによる情報漏えいを防止する「留め〜る」を発売する。(2008/8/27)

VMwareで動作:
センドメール、仮想化メールセキュリティアプライアンスを発表
センドメールは、VMware上で動作する仮想メールセキュリティアプライアンス「Sentrion MPV」を12月に発売する。(2008/8/26)

NEWS
センドメール、VMwareに対応する仮想メールゲートウェイを発表
VMwareに対応する初のメールゲートウェイ製品として、オールインワン型のソフトウェアアプライアンスを提供する。併せて、情報漏えい防止オプションも発表した。(2008/8/26)

運用負荷から解放されるASP型メールセキュリティサービスのススメ:
PR:監査フィルタリングをも取り込む高セキュリティメールASPサービス
電子メール運用の課題であるセキュリティ対策とシステム管理の負担軽減を実現するには、どのような仕組みを導入したら良いだろうか。以前は、メールシステムを自前で構築するという場合が多かったが、運用時の負担は大きなものとなっていた。ブロードバンドセキュリティのASP型電子メールサービス「AAMS」は、電子メール運用の負担を軽減するとともに、自社運用と同等の柔軟なセキュリティルールが設定できる点や、高い精度で迷惑メールを正しく判定する点がユーザーから評価されているという。(2008/8/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。