レビュー
» 2011年05月26日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:日本KFCが選択した、生産性向上とセキュリティ対策を両立したテストデータ生成手法

高品質なシステム開発に欠かせない良質なテストデータ。通常多くの時間・コストを要するテストデータ作成作業を如何にして効率化したのか? 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社の事例を紹介する(提供:システムエグゼ)。

[PR/ITmedia]

 システムの開発時や機能追加の際には、サブシステムの単体テスト・モジュールの結合テスト・全体のシステムテスト等において、システムが正常に稼動するかどうかの確認にテストデータが必要となる。

 特に最終的なシステムテストにおいては、実際の業務処理を想定したデータが必要とされ、システムの本番稼働後に処理を行うデータに極力近いものが望ましいのだが、テストデータの品質によっては不具合を抱えたままのシステムがリリースされることにもなってしまう。

 テストデータの作成は「1からテストデータを作る」「既存のデータベースにあるデータを利用する」などいくつかあるが、前者ではセキュリティ上のリスクはないが膨大な時間・コストが必要、後者では作成の手間は大きく削減できるが機密情報の漏洩リスクが否定できないなどの問題を抱えている。

 この相反する課題を一挙に解決する手段として日本KFCが選択したDBエース データマスキングエディションによる取り組みを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -