ニュース
» 2011年06月29日 07時54分 UPDATE

Google、Facebook対抗のソーシャルプロジェクト「Google+」を発表

「Google+」(グーグルプラスと読む)は、Facebookのような友達のグループ分け機能やグループビデオチャット、フィードリーダー、位置情報付きの投稿が可能なモバイルアプリなどで構成される総合的なソーシャルサービスだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月28日(現地時間)、総合的なソーシャルサービス「Google+(グーグルプラスと読む)」プロジェクトを発表した。米Facebookのサービスに似た友達のグループ機能やグループビデオチャット機能などを備える。

 Googleはこのプロジェクトで「現実世界でのコミュニケーションの細やかさと豊かさをソフトウェアで再現」することを目指しているという。プロジェクトには、友達をカテゴリ別にグループ化する「Circles」、フィードリーダーの一種「Sparks」、グループビデオチャットツール「Hangouts」、グループチャット機能も付属するモバイルアプリが含まれる。モバイルアプリはAndroid版が既にAndroid Marketからダウンロードできるようになっており、近いうちにiOS版もリリースする計画という。

Circles(ソーシャルグループ作成ツール)

 Googleアカウントに登録している連絡先を、視覚的なユーザーインタフェース(UI)でグループ(=サークル)分けする機能。「友達」「家族」や趣味の集まりなどのサークルを設定し、カード状に並んだ連絡先をドラッグドロップすることでグループ分けする。ユーザーはこのサークルにより、公開範囲を気にせずコンテンツを共有したり、グループチャットをすることができる。

 circles

Sparks(フィードリーダーツール)

 興味のあるテーマをSparksに登録しておくと、Web上の関連コンテンツがテーマごとに表示されるようになるフィードリーダー的なツール。ユーザーはここで集めた情報をCirclesのメンバーと共有したり、「Google +1」ボタンで評価したりできる。

Hangouts(グループビデオチャットツール)

 10人までが同時に参加できるビデオチャットルーム。特徴は、チャットを始めるために相手を呼び出すのではなく、チャットルームに参加して自分がチャットできる状態であることを示すことで、会話を気軽に始められるようにしてある点という。

モバイルアプリ

 Androidアプリ「Google+」では、投稿に位置情報が自動で追加される。モバイル端末で撮影した写真をクラウド上にアップロードし、すぐに友達と共有できる「インスタントアップロード」機能を備えるほか、グループチャット機能「Huddle」でCirclesの仲間とのチャットを簡単に開始できるという。Android向けはAndroid 2.1以上に対応。iOS版は“間もなく”App Storeに登場する見込み。

 android

 Googleはこれまで、「Google Buzz」や「Google Social Search」、「Google +1」などのソーシャル機能を提供してきたが、「Google+」は本格的にFacebookに対抗する大規模なプロジェクトになっている。Google Buzzではプライバシーの扱いが問題になったが、Google+ではユーザーが自分のデータの公開や友達の設定をより分かりやすく、意味のあるものにしたという。エンジニアリング担当副社長のヴィック・ガンドトラ氏は公式ブログで「Googleが10億人以上のユーザーの信頼を得ていることを重く受け止めて」おり、「これまで以上に“あなた”を尊重する必要があると考えている」と説明している。

 Google+は現在、限られたユーザーによるフィールドテスト中で、一般公開の日程は明らかになっていない。テストへの招待を希望するユーザーはプロジェクトのページからエントリできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ