ニュース
» 2011年08月03日 21時01分 公開

ビジネスマン向けのタブレット、イー・アクセスとシャープが提供

イー・アクセスは、シャープ製のタブレット端末「GALAPAGOS(A01SH)」を発売する。ビジネスユースからプライベートユースまでに対応した多彩な機能が特徴。

[國谷武史,ITmedia]

 イー・アクセスとシャープは8月3日、イー・モバイルブランドで提供するタブレット端末「GALAPAGOS(A01SH)」を発表した。ビジネスユースからプライベートユースまでに対応した多彩な機能が特徴で、8月下旬から販売を開始する。

GALAPAGOS(A01SH)

 新製品は7型の液晶画面(1024×600画素)を採用。ビジネスシーン向けにMicrosoft Office互換の統合オフィスソフト「Documents To GO(完全版)」がプリインストールされ、ワープロ文書やスプレッドシート、プレゼンテーションデータなどの閲覧や編集が容易に行えるほか、HDMIケーブルなどで大型ディスプレイに接続することで、会議などの際に資料を表示させることができる。本体の前面と背面に内蔵するカメラで、ビデオ通話や撮影も行える。

 プライベートシーン向けに、電子書籍ストアの「TSUTAYA GALAPAGOS」が利用できるほか、リモコンとしてシャープの液晶テレビやブルーレイレコーダーの一部機種も操作できるようになっている。高解像度ゲームなどアプリを快適に利用できるよう、CPUにはデュアルコアの「NVIDIA Tegra 2」を採用した。

会議での資料の表示(左)やテレビ電話でのコミュニケーションも可能

 イー・アクセスの阿部基成副社長は、「ターゲットは30〜40代のビジネスマン。持ち運びがしやすい約389グラムの軽さなので、同世代の女性にも利用していただきたい」とコメントした。OSには国内初というAndroid 3.2を搭載。通信には無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)やBluetoothを使用できる。バッテリ駆動時間は約7.5時間(静止画表示時)となっている。

 イー・アクセスではモバイルWi-Fiルーターの「Pocket WiFi(GP01/GP02)」や同様の機能を搭載するスマートフォンと組み合わせた利用を想定しているといい、これら端末とのセット販売を中心に展開するという。なお、単体での販売も検討中。価格は未定だが、「既存製品と競争できる価格にする」(阿部氏)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -