ニュース
» 2011年08月24日 14時18分 UPDATE

AndroidのWebブラウザがChromeに? WebKitのChromiumポート採用を計画

GoogleのAndroidの公式Webブラウザは現在、Chromeではなく独自のものだが、将来的にはChromeになるかもしれない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが、Android向けWebブラウザにWebKitのChromiumポートを採用する計画であることを明らかにした。同社のソフトウェアエンジニア、アンドレイ・ポペスク氏が8月22日(現地時間)、WebKitの開発者メーリングリストでこの計画を発表した。

 同社のPC向けWebブラウザの「Chrome」と、モバイルOSのAndroid上で稼働する公式Webブラウザは、いずれもオープンソースのHTMLレンダリングエンジン、WebKitを採用している。だが、現在はそれぞれが別の「ポート」(プラットフォームごとのビルドのようなもの)を使っている。だが、AndroidのブラウザでChromeのコードを利用することが増えてきたため、Androidポートを終了し、Chromiumポートを採用するという。

 その目的でwebkit.orgにビルドボットを立ち上げ、AndroidのNDKやSDKを使ってChromiumのDRTをAndroid向けにコンパイルする計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ