レビュー
» 2011年09月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:SAN/NAS統合も仮想化もシンプルにする「ユニファイドストレージ」の全て

仮想化環境におけるストレージの最適化は喫緊の課題。SANやNASを個別に運用していては、そのうち管理や拡張性、リソース最適化面で壁にぶつかってしまう。こうした問題を低価格で解決できるストレージソリューションが登場した(提供:EMCジャパン)。

[ITmedia]

 サーバの段階的な仮想化が進むにつれて、そのデータを格納するストレージにおいても、運用コストの削減やデータ管理の効率化が求められている。さらにアクセスプロトコルやI/Oの違いを吸収し、統合的な管理ができることも、今後のストレージの要件となる。

 EMCジャパンの「VNXシリーズ」は、こうした要件にリーズナブルな価格で応える新世代ストレージシステム。EMCがCLARiX(SAN)とCelerra(NAS)両製品ラインで培ってきた技術を継承し、ブロック・ファイルI/O統合機能によって、NASとSANの一元的な管理を実現した。また、アクセス頻度の高いデータをSSDのような高速ドライブに配置する自動階層化機能とシンプロビジョニング機能を組み合わせ、容量や機器コストを最適化する。

 VNXのもう1つの特徴は、VMware仮想化環境に最適化されている点。VMware vSphereの仮想ストレージAPIをサポートすることで仮想マシンの移行や展開がスムーズに行え、さらにvCenterからもストレージを直接操作できるといった親和性の高さによって、仮想化環境での管理性とリソース最適化の効率性を両立している。本ホワイトペーパーは、仮想化環境に最適なVNXの特徴を余すところなくお伝えする。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ