レビュー
» 2011年09月28日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows Server 2008 R2 Live Migration環境構築ガイド

当ガイドでは、Live Migration環境を構築する手順について記載しています(提供:日本アイ・ビー・エム)。

[PR/ITmedia]

 Live Migration とは、Windows Server 2008 R2 Hyper-V 2.0 (以降Hyper-V 2.0 と表記します) の機能の1つです。Hyper-V 2.0 は、Windows Server 2008 R2 の一部として提供される仮想化機能です。

 Hyper-V 2.0 を使うことによって、1 つの物理的ハードウェア (1 台のサーバー) 上に複数の仮想化された環境 (仮想環境) を作成し、Windows / Linux などの複数のOS を同時に稼働させることができます。Live Migration の機能は、動作している仮想環境を、“停止させることなく” 別のサーバーへ移動させます。

 Live Migration 機能を活用することで、ユーザーからのアクセスを切断することなく物理的ハードウェア間の移動ができるため、負荷に応じた仮想環境の再配置や物理的ハードウェアの計画停止などを比較的容易に実行することができるようになります。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -