レビュー
» 2011年10月04日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:脅威の入り口はインターネットだけじゃない?

ウイルスや攻撃はインターネットからやってくる?そんな常識はすでに過去のもの。本ドキュメントは「インターネットにつながっていないからこそ安心」している心理を突いた、イマドキの攻撃とそれに対する防御策について、わかりやすく説明する(提供:トレンドマイクロ)。

[PR/ITmedia]

「インターネットは、脅威の巣。」

便利な半面、インターネットでは悪意を持ったユーザが罠を張っているのはご承知の通りだ。だからと言って、すべての攻撃がインターネットからやってくるわけではない。ファイアウォールやIDS/IPSが普及した現在、攻撃者は、そのガードをかいくぐる攻撃手法を考えている。

一方、脆弱性対策が叫ばれる中、インターネットに接続していないシステムの脆弱性対策が手薄になる傾向がある。その理由として、「インターネットにつながっていなければ安心」という心理要因が大きい。攻撃者は、この心理要因を利用しているのだ。

現在のネットワークは、境界線がなくなってきていると言われている。クラウド化がその一端を担う一方で、人という物理要因が情報を持ち込む行為が、境界線における情報セキュリティを無効化する傾向があるのだ。

本ドキュメントでは、そんな利用者心理を突いた「インターネットを介さない」イマドキの攻撃手法と、それに対する技術的対策について簡潔に述べる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -