レビュー
» 2011年10月06日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:BCPを真剣に考えるなら・・・東海圏最大規模のビック東海データセンター

4種類の免震装置や電力の2ルート引き込みなどを採用したビック東海のデータセンター。 昨今、高まりを見せているBCPへの要望に応え、400ラックの増床により大型移設にも対応可能(提供:TOKAIコミュニケーションズ)。

[PR/ITmedia]

◆TOKAIコミュニケーションズ データセンター(BroadCenter)の概要

  • 場所:東海エリア(東京駅より新幹線と在来線で90分)
  • 建物構造:免震構造、RC(鉄筋)
  • 電力設備:中部電力を使用した電源の2ルート引き込み
  • 非常用発電設備:ガスタービン式、72時間連続可能な燃料備蓄
  • 無停電電源装置:並列冗長方式(N+1)

 当データセンターではメールサービス、ファイルサーバ、データバックアップなど、様々なクラウドサービスも実施しておりピンポイントで利用することも可能だ。

 下記ダウンロードより、データセンターのスペック情報から、当センターで提供している各種情報系サービスの資料まで一括で入手いただけます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -