レビュー
» 2011年10月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:変更管理と構成管理の統合

ITサービスマネジメントのベスト・プラクティスの概要を示すとともに、変更・構成管理製品用に IBM が開発したベスト・プラクティス・プロセスの詳細を示します(提供:日本アイ・ビー・エム)。

[PR/ITmedia]

 本稿では、ITILR に準拠する中核部分を表す変更管理プロセスおよび構成管理プロセスのベスト・プラクティスの概要を示すとともに、それらのプロセスがサービス・プロバイダー・ドメインにどのように拡張されるかを説明します。それらのカスタマイズ可能なプロセスは、実行プラットフォームおよび構成管理データベースと結合されて、IBM TivoliR Change and Configuration Management Database (CCMDB) の根幹を形成します。CCMDB は、IT サービス・マネジメント (ITSM) のための IBM の戦略の中心となるものです。

 ここでは、ITSM のベスト・プラクティスの概要を示すとともに、CCMDB 製品用に IBM が開発したベスト・プラクティス・プロセスの詳細を示します。また、これらのプロセスの実装から得られた多くの知見について説明するとともに、サービス・プロバイダー環境でこれらのプロセスを実装するための鍵となる課題についても説明します。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -