レビュー
» 2011年10月24日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:VMware vCenter CapacityIQを使用したキャパシティ管理の方法

キャパシティ管理がさらに難しくなる仮想環境において、「効率性」と「可用性」という相反する目標を達成するためには、仮想化専用のツールを利用することが効果的だ(提供:ヴイエムウェア)。

[PR/ITmedia]

 キャパシティ管理はすでに企業のデータセンターで確立され、実施されている管理手法である。次の2つの目標を達成するため、効果的なキャパシティ管理が求められる。

  • 効率性: 既存のリソースを効率的に使用し、コンピューティング リソースの無駄を最小限に抑える
  • 可用性:リソース要求の急激な増加に備えて十分な余剰キャパシティを確保する

 この2つのキャパシティ管理の目標は、相反している。効率性向上のためにリソースのキャパシティ サイズを調整すると、一般的にキャパシティの可用性が低下する。

同様に、キャパシティ バッファを追加すると、リソースの効率性が下がる傾向がある。

このように、キャパシティ管理は調整の難しい作業であり、理論よりも経験が重要になる。

 本書では、仮想環境での難しいキャパシティ管理を容易に行うことができる、

VMware が提供する仮想化専用のツール「VMware vCenter CapacityIQ」の機能を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -