レビュー
» 2012年02月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:運用を始めてからでは遅い! 仮想化環境におけるアプリケーションパフォーマンス管理

仮想化を採用する企業は増えているが、仮想という新たな階層が加わり、様々なOSやアプリケーションが同一の物理サーバー上で稼働し、インフラ管理を複雑で困難なものにしている。 本書では、仮想化環境において適切なパフォーマンス管理を行うための実践的な手法を解説する。

[PR/ITmedia]

 仮想化により、物理サーバーを集約し、利用効率を上げ、コストを減らすシナリオは魅力的である。だが、一方で、仮想化環境におけるパフォーマンス管理には次のような課題が存在する(VMwareの場合)。

  • 仮想マシン上で稼働しているアプリケーションをいかに可視化するか?
  • 物理環境と仮想化環境の関連づけをどのように行なうか?
  • Virtual Machine Manager (もしくはHypervisor)が与える影響をどのようにして把握できるか?

 従来の監視ツールでも、ESXホストや仮想マシンのリソース状況を把握することは可能だが、仮想マシン上で稼働しているアプリケーションの可用性を監視するのは極めて困難である。

 では、このようか課題にどのように対処すればいいのだろうか?

 本書では、エンドユーザーの視点から、アプリケーションのパフォーマンスを可視化し、仮想/物理両方の環境を関連づけ、パフォーマンス問題の原因を的確に把握するためのソリューションについて解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -