ニュース
» 2012年03月01日 08時21分 UPDATE

Facebook、「ページ」にもタイムラインを適用 3月31日に一斉切替

Facebookの企業やブランド向け公式ページの表示がタイムラインに切り替わる。カバーが表示できるが、これまで設置できたランディングページは廃止される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは2月29日(現地時間)、2月に全ユーザーへの適用を完了した「タイムライン」を、企業やブランド、アーティスト用アカウントである「ぺージ」にも適用すると発表した。ユーザー向けと同様に1カ月の猶予期間の後、ページのプロフィール表示は3月30日をもってタイムラインに切り替わる。

 page ページの管理人には、日本時間の2月29日夜から告知が表示されている

 タイムラインは、Facebookが昨年9月に発表した新しいプロフィールページで、「カバー写真」やユーザーの過去のアクティビティが時系列に並ぶ年表の様な部分で構成される。

 ページ向けでは、一般ユーザー向けとは異なる以下の機能がある。

重要な情報をトップに固定

 タイムラインでは投稿が時系列に表示され、古くなるとページの下に移動してしまう。ページ管理人にとって重要な投稿(イベントの開催告知など)は、「大事な出来事」としてページ上部に固定できる。固定できる期間は1週間だ。

 daiji 投稿時に「大事な出来事」を選択すると固定できるメッセージを作成するダイアログが開く

管理者用パネル

 ページ右上にある「管理者用パネル」ボタンから、最近のアクティビティを確認したり、ファンからの投稿やメッセージに応答するためのパネルを開ける。このパネルから、ページの編集やアクティビティログの利用、広告の作成、ヘルプの参照などができる。

 panel

ランディングページの廃止

 従来、初めてページを訪れる人が自動的に誘導されていたいわゆるランディングページが設定できなくなる。現在ページの左側に表示されているイベントやアプリなどのリストは、カバー下の基本データにまとめられる。

カバー

 カバーに使える画像は、個人アカウントでは解像度などに制限はないが、ページでは最低でも399ピクセル以上のものを使う必要がある。また、広告や宣伝、連絡先情報(メールアドレスや電話番号)などの掲載は禁じている。

 米Coca-Colaやアーティストのコールドプレイなどが、既に新しいタイムライン表示に切り替えている。

 coca-cola

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -