ニュース
» 2012年03月06日 12時54分 UPDATE

クラウドサービスは2015年までに1400万人の雇用を創出――Microsoft/IDC調べ

IDCがMicrosoftの依頼で行った調査によると、クラウドサービス関連の雇用数は2015年までに約1400万人になり、その半数は中国とインドにおけるものになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 クラウドサービスへの投資増大により、2015年までに約1400万人の雇用が創出され、年間1兆1000億ドルの売上増大が見込める――。米Microsoftは3月5日(現地時間)、米調査会社IDCに依頼したクラウド市場に関する調査白書を発表した。

 idc 1 クラウドサービスが創出する雇用数推移(資料:IDC)

 2015年の関連雇用数を地域別に見ると、中国が約463万人で最も多く、次がインド(約212万人)、米国が約110万人で3位だった。日本は約26万人となっている。2012年〜2015年の雇用の国別成長率では、ブラジルが386%で最も高い。北米は96%で、日本は155%となっている。

 idc 「雇用創出におけるクラウドコンピューティングの役割」(資料:IDC)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -