ニュース
» 2012年03月06日 18時33分 UPDATE

アフラックで個人情報の漏えい事故、メールの誤送信が原因

2555人の契約者情報などを誤ったメールアドレスに送信していたという。

[ITmedia]

 アメリカンファミリー生命保険は3月6日、メールの誤送信が原因で契約者情報が社外に流出したと発表した。契約者情報を含むファイルにはパスワードが設定され、現時点で悪用は確認されていないという。

 同社によると、流出した情報は2555人分の契約者および被保険者の氏名、生年月日、年齢、性別、郵便番号、住所、電話番号と契約内容。口座情報やクレジットカード番号などは含まれていないとしている。

 2月27日に同社仙台総合支社の社員が販売代理店あてに送信する際に、誤ったアドレスに送信してしまったという。現在までにアドレス所有者への連絡を試みているが、取れていないという。流出情報に該当する顧客には書面で状況を説明する対応を行った。

関連キーワード

アフラック | 誤送信 | 個人情報漏洩


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ