ニュース
» 2012年03月08日 11時33分 UPDATE

Twitter創業者の新興企業Obvious、新サービス「Branch」を発表

「Branch」は、さまざまなテーマについて、テーマごとにキュレートされた専門家がディスカッションすることで“情報を知識に変換する”サービスだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Obviousは3月6日(現地時間)、新サービス「Branch」のプロトタイプを発表した。同社は、米Twitterの共同創業者、ビズ・ストーン氏とエバン・ウィリアムズ氏、元Twitter幹部のジェイソン・ゴールドマン氏が昨年6月に立ち上げた新興企業。

 新サービスのページbranch.comはまだ準備中だが、このページでアップデート情報の通知を申し込める。

 branch home 「会話は波及する」と書かれた準備中のページ

 ストーン氏によると、Branchは「ネット上のモノローグ(独り言)をダイアローグ(会話)に」発展させることで、ネットにあふれる“情報”を“知識”に変えるツールという。テーマごとに、そのテーマに詳しいとして集められた(キュレートされた)専門家のグループがディスカッションし、それをユーザーが閲覧できるサービスになるようだ。

 Branchは、ニューヨーク在住の3人の開発者が立ち上げた「Roundtable」というサービスが前身。Roundtableに注目したObviousが開発者らに提携を申し込み、Obvious下のサービスとして公開することで合意したという経緯だ。

 公開されているβ版では、例えば「ObviousとBranchの提携」というテーマでウィリアムズ氏がBranch(スレッドのようなもの)を立てている。ここではIT系ブログメディアPandoDailyのサラ・レイシー氏や多数のIT企業関連書籍の著者であるスティーブン・レヴィ氏などがグループに招待されており、議論を交わしている。

 branch 1

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -