ニュース
» 2012年03月28日 17時27分 UPDATE

スマホを使ったテレビ・ネット連動の新サービス、NTTデータが開発

放送番組の画像や音声をモバイル端末のアプリで取得すると、インターネット経由で端末に詳細情報を配信できる。

[ITmedia]

 NTTデータは3月28日、スマートフォンやタブレット端末を活用してテレビ放送とインターネットを連携させたコンテンツを視聴者に配信できるサービス「ダブルスクリーン」を、2012年上半期に提供すると発表した。

 新サービスでは、放送番組の映像や音声をスマートフォンやタブレット端末にイントールした専用アプリで認識すると、インターネット経由で番組に関連したコンテンツが視聴者に配信されるもの。専用アプリで認識した番組の特徴に関するデータはNTTデータに送信され、NTTデータ側で管理している番組のデータ(マスターデータ)と照合して番組を特定する。NTTデータが視聴者に照合結果を返信する際に、端末でさせるコンテンツを指定できるようになっている。

 放送とインターネット連動させるサービスには、データ放送を活用したり、Webサイトの閲覧や検索を視聴者に呼び掛けたりするなどのさまざまな方法が取り入れられている。だがテレビをインターネット回線に接続させたり、ユーザーに文字入力などの作業をさせたりするなどの手間があった。

 新サービスでは通信機能内蔵のモバイル端末のカメラやマイクを利用することでこうした手間を解消できるという。また生放送中でもマスターデータをリアルタイムに生成できるため、放送局側で番組内容に手を加えるなどの作業も発生しないとしている。なお識別のための技術はNTTコミュニケーション基礎研究所が開発した。

 NTTデータでは2012年度中に20社への導入を見込む。

nttdata0328.jpg サービスの構築イメージ

関連キーワード

NTTデータ | モバイルデバイス | テレビ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -