ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テレビ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

NHKも採用する「バーチャルプロダクション」 先進性だけじゃない、業界の“切実な導入理由”とは
一般のテレビ番組でも広がりつつあるバーチャルプロダクションだが、どうも先進性だけでなく「切実な面」でも選ばれるようになっているという。バーチャルプロダクションにいち早く参入し、NHKとも協力するスタジオブロスに、業界が導入する背景を聞いた。(2024/2/21)

赤坂優月『魔法使いになれなかった女の子の話』がテレビアニメ化、2024年10月放送 Project ANIMA第2弾作品
総監督に、「スレイヤーズ」シリーズや「灼眼のシャナ」シリーズなどのファンタジー作品を手掛けてきた渡部高志さん。アニメ制作はJ.C.STAFF。(2024/2/20)

よく利用する映像配信サービス 「TVer」「Netflix」を超える1位は
直近1年間に「映像配信サービスを利用した」という人は5割強に上ったことが、マイボイスコム(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。最も利用されている映像配信サービスとは。(2024/2/19)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
劇場で「鬼滅の刃」最新話を見てきたマンガ家、「わくわくが止まらねぇぞオイ!」
テレビアニメ「鬼滅の刃」の新シリーズ「柱稽古編」の第1話と前シリーズ「刀鍛冶の里編」の第11話が、「ワールドツアー上映『鬼滅の刃』絆の奇跡、そして柱稽古へ」として劇場公開中。ボクも見てきました。(2024/2/18)

「セクシー田中さん」について日テレが声明 特別調査チームを設置へ 小学館なども協力
テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者である芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、日本テレビ放送網は、声明を発表した。同社のドラマ制作部門から独立した社内特別調査チームを設置し、調査に臨むという。(2024/2/15)

顧客情報流出のドコモとNTTネクシア、個人情報保護委員会から指導を受ける
「ぷらら」「ひかりTV」の顧客情報流出問題で、政府の個人情報保護委員会がNTTドコモと業務委託先のNTTネクシアに対して指導した。個人情報保護委員会とドコモが2月15日に発表した。ドコモは、同様の事態の再発防止を徹底するとしている。(2024/2/15)

柴犬、飼い主がテレビを見て泣いていたら…… 「そんなことしてくれるの!?」と驚きの気遣いが114万再生突破!
気遣いにまた涙……。(2024/2/12)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
「これ……ラブコメじゃん!!」 ヒット中の映画“ガンダムSEED”に驚愕したマンガ家の話
映画「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」が好スタートを切ったようです。テレビシリーズからおよそ20年ぶりとなる完全新作。評判が良さそうなのでボクも見てきました。(2024/2/11)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「Apple TV」や「Apple Music」がMicrosoft Storeで提供開始/MicrosoftがAIの正確さとプライバシー問題を解消するAIコントローラー発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、2月4日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/2/11)

『ニートくノ一となぜか同棲はじめました』がテレビアニメ化 ムチパツニートくノ一役に矢野妃菜喜「しづりもやべーですが周りはもっとやべー奴」
ニートの日(2月10日)に併せて発表!(2024/2/10)

LINEマンガ『喧嘩独学』がテレビアニメ化! 4月から「+Ultra」枠で放送開始
最弱高校生がけんか動画配信者として成り上がる。(2024/2/10)

11カ月赤ちゃん、覚えたての挙手で「はーい」するが…… ママも苦笑する超テキトーっぷりに「かわいすぎる」「手の短さがたまりません」
テレビに夢中。(2024/2/10)

平野紫耀、旧ジャニ“退所後初”のCMが清涼感たっぷり “またテレビで見られる”と感涙の声「今夜は乾杯だー!!」「最高かよ!!」
爽やかなお酒のCMに出演。(2024/2/7)

今日のリサーチ:
ニュースや時事ネタの情報源 Z世代はX>テレビ>検索――SHIBUYA109 lab.調査
Z世代はいかに情報を取捨選択しているのでしょうか。(2024/2/4)

Maketing Dive:
アマプラは「広告付きがデフォ」でCTVの覇権を握る、他――「Marketing Dive」の8つの予言【5】【6】
今回は「Marketing Dive」の8つの予言から「破壊的ブランドがより大きな脅威をもたらす」「広告サポート型ストリーミングに真打ちが登場する」について詳しく紹介する。(2024/2/3)

Amazon特選タイムセール祭り:
バッファローのストレージ類が最大16%もお得! テレビの録画や思い出の写真の保存にピッタリ
「Amazon特選タイムセール祭り」において、PC周辺機器を展開するバッファローはHDDやSSD、NASなどストレージ製品を最大16%オフで出品している(2024/2/3)

Dangbei、Google TV搭載の超薄型スマートレーザープロジェクター「Dangbei Atom」を発売
Hangzhou Dangbei Network Technologyは、「Dangbei Atom(ダンベイ アトム)」を発売した。価格は13万4800円(税込み)だ。(2024/2/2)

寄付金の着服あった「24時間テレビ」、日テレが再発防止策 キャッシュレス募金など導入
テレビ番組「24時間テレビ」の寄付金の着服問題について、日本テレビ放送網は再発防止策を発表した。新たな規約を設けた上でキャッシュレス募金などを導入する。(2024/2/1)

「これ、毒です」──厚生労働省、アニメ「薬屋のひとりごと」とコラボ 電子処方箋の啓蒙で
厚生労働省は1日、電子処方箋の認知拡大と普及を目指し、テレビアニメ「薬屋のひとりごと」とタイアップすると発表した。(2024/2/1)

今日のリサーチ:
スキマ時間に接触するメディア 若年層はデジタル、40代以上はテレビを優先――IPG Mediabrands Japan調査
IPG Mediabrands Japanが生活者のデジタルメディアの利用実態と意識を明らかにすることを目的に実施した調査の結果です。(2024/2/1)

クロちゃん、前代未聞の急な“100万円捜索”でトレンド独占 万札の束手にした“雄姿”に評価うなぎのぼり「急な生放送なのに面白い」「すごいテレビw」
芸人の底力を見た。(2024/2/1)

スピン経済の歩き方:
『セクシー田中さん』の悲劇で加速する 日本マンガ実写化ビジネスの海外流出
テレビドラマ化した漫画原作者が亡くなるという悲劇が起きてしまった。同じことを繰り返さないために、日本のコンテンツビジネスで求められることとは――。(2024/1/31)

ドンキとニトリが飛びついたチューナーレステレビ 「NHK避け」だけじゃないニーズを考える
チューナーレステレビが話題になって久しい。これまで家電と縁遠かったドンキやニトリが販売するようになり、目にする機会が増えた。話題になる際はNHKの受信料と一緒に語られることが多いものの、真のニーズは違うところにありそうだ。(2024/1/31)

劇場版「ヒロアカ」最新作は「ユアネクスト」、8月2日公開 敵は新たなオールマイト?
劇場版にテレビアニメ7期と連載10周年イヤーが熱い。(2024/1/30)

見栄晴、下咽頭がんステージ4 治療のため芸能活動休止に「ビックリしました」「絶対に戻ってきて下さい」とエール
「競馬予想TV!」で発表しました。(2024/1/28)

原作の漫画家が自らドラマ脚本を書いた理由 外された脚本家は「苦い経験」 日テレ「セクシー田中さん」巡るゴタゴタ
日本テレビで昨年10月から放送したドラマ「セクシー田中さん」について、原作者で漫画家の芦原妃名子さんが苦言を呈した。(2024/1/27)

小寺信良のIT大作戦:
Macintosh誕生40周年 コンピュータが未来だったあの時代
初代Macintoshが世界に発表されたのが、1984年1月24日。今年がちょうど40周年に当たるのだそうである。当時「テレビ土方」だった筆者が、Macintoshとの出会いを語る。(2024/1/30)

顔はCG、声は生成AIの“リアル龍馬” ヤクルトのテレビCMに登場 CM業界でも進む生成AI活用
ここまで来たか。(2024/1/25)

「Fire TV」シリーズに画像生成AIによる壁紙機能 まずは米国から
画面上に壁紙として生成したアート風の絵を表示したり、Amazon Photosアカウントに保存したりできる。(2024/1/22)

TVer、2023年12月の月間ユニークブラウザ数(MUB)が3129万になったと発表
民放公式テレビ配信サービスのTVerは、2023年12月における月間ユニークブラウザ数(以下、MUB)が3129万MUBと初の3100万台超えとなり、前の年の同じ月と比べて約124%を達成したことを発表。月間再生数も3.98億回を突破したことも明らかにした。TVerは1月17日のニュースリリースで利用率増加に取り組む考えを示している。(2024/1/22)

今日のリサーチ:
2023年に視聴者が最も多く検索したテレビCMランキング
マーケティングの効果を測る重要指標である「指名検索」。2023年に最も指名検索スコアが高かったテレビCMは何だったのでしょうか。(2024/1/21)

「消しゴムマジック」はPixelだけではない! GalaxyやXiaomiの“消しゴム”機能と比較してみた
近年Google Pixelシリーズの「消しゴムマジック」がテレビコマーシャルなどで話題となっているが、似たような機能が他社のスマートフォンにもある。今回は他社の同様な機能と「消しゴムマジック」を比較してみることにする。(2024/1/22)

今日のリサーチ:
2023年に最も見られたテレビ番組、リアタイは「WBC日本対イタリア戦」、タイムシフトは「VIVANT」最終回
2023年のテレビ視聴率(個人視聴率)と見逃し配信のランキングを紹介します。(2024/1/20)

「おっさんずラブ」、春田と牧の“わたあめキス”に視聴者大興奮 「最高すぎてしぬ」「武蔵はテレビ前の私達かー」
最高か。(2024/1/20)

劇場アニメ「テンカウント」が制作中止を発表 テレビアニメから展開形態変えるがまたも“制作上の都合”
ノーカウントになってしまった……。(2024/1/19)

来店を起点としたテレデジ統合でのメディアプラニングを実現:
テレビおよび主要プラットフォーム横断で広告効果を可視化、博報堂DYMP「Tele-Digi AaaS」に新機能
広告の実店舗への送客効果を比較する際に、複数のプラットフォームを横断した上、テレビCMまで含めて行うことが可能になった。(2024/1/18)

「TVer」月間4億再生に迫る 3割がテレビで見た 23年12月
「TVer」で2023年12月の月間ユニークブラウザが3129万(前年同月比を約124%)に達し、初めて3100万を超えた。(2024/1/17)

炎上撲滅掲げる魔法少女(32)のアニメに注目集まる 「闇そのものだから闇堕ちしないタイプの魔法少女」「全然解決してないの草」
CBCテレビでの初回放送は同時間帯視聴率1位(世帯・個人全体)を記録。いったい何が起こってるんです?(2024/1/16)

村重杏奈、“最強遺伝子”弟のインスタオープンに芸能界からは感謝の声も テレビ出演でデビュー期待する声が沸騰中
テレビ出演してからファン急増。(2024/1/15)

神木隆之介、浜辺美波の「パーンチ!」にも無表情 映画「ゴジラ-1.0」コンビの“じゃれあい”にファンほっこり「ここ最近一番好きなペア」
NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」でも共演していた2人。(2024/1/13)

Marketing Dive:
マーケティングのニューノーマルはどこへ向かう? 「Marketing Dive」の8つの予言
リテールメディア、コネクテッドTV、ソーシャルコマースなど、新たな潮流の中で勝者と敗者がどのように分かれるのか。(2024/1/13)

TBS「news23」に放送倫理違反 BPO「映像の見た目を優先した」 JA共済“自爆営業”報道で
BPO(放送倫理・番組向上機構)は1月11日、TBSテレビのニュース番組「news23」で放送倫理違反があったと公表した(2024/1/12)

Xiaomiの日本戦略を聞く 「テレビは想定の3倍以上、新スマホも爆発的に売れている」
Xiaomiが、「神ジューデン」の後継機として「Xiaomi 13T Pro」を発売した。KDDI向けには、チューナレススマートテレビ「Xiaomi TV A Pro」を投入し、キャリアショップでテレビを売るというインパクトで話題を巻き起こした。日本での存在感を高めているXiaomiの戦略を聞いた。(2024/1/12)

生活苦は「社会保険料」のせいなのか? 負担率から本当の原因を考える
最近「生活が苦しい」とSNSや街の声としてテレビで聞くようになりました。その要因の一つとして「社会保険料」が挙げられていますが、本当に社会保険料が生活苦をつくりだしているのでしょうか? 負担率から真の要因について考えていきます。(2024/1/12)

CES 2024:
パナソニックのスマートテレビが「Fire TV」に――OSを「Fire OS」に切り替え 2024年から順次
パナソニックのスマートTVのOSが、Firefox OSからFire OSに切り替わることになった。2024年に発売するフラグシップ有機EL搭載TVを皮切りに、パナソニックのスマートTVに「Fire TV」の機能が統合されることになる。(2024/1/10)

テレビドラマ「VRおじさんの初恋」 NHKで4月から放送 “バ美肉おじさん”の恋を描く
NHKは、テレビドラマ「VRおじさんの初恋」を4月から放送すると発表した。主人公の中年の独身男性がVR空間で制服姿の少女として過ごす中で、ある美少女アバターに恋をした姿を描くヒューマンドラマ。主演は俳優・野間口徹さん。(2024/1/10)

パナソニックはアマゾンと協業 シャープはAI技術PR CES
米ラスベガスで世界最大級の家電IT見本市「CES」が9日(日本時間10日)、開幕する。パナソニックホールディングス(HD)やシャープ、村田製作所などの関西企業も出展し、新型テレビや人工知能(AI)を活用したにおいセンサーなど、新たな製品や技術をPRする。(2024/1/10)

画面が“スケスケ”のテレビ、LGが商品化 世界初「ワイヤレス透明OLEDテレビ」
LGは、世界初のワイヤレス透明OLEDテレビ「LG SIGNATURE OLED T」を発表した。通常のテレビと異なり、ディスプレイ面が透明で裏が見えるのが特徴。LGの高級家電シリーズ「LG SIGNATURE」製品として販売する。(2024/1/9)

パナのスマートテレビが「Amazon Fire TV」ベースに Fire OS搭載3モデルを発表
パナソニック エンターテインメント&コミュニケーションは、米Amazonと「Fire TV」のライセンス契約と協業を発表した。「VIERA」のスマートテレビのOSにAmazonの「Fire OS」を採用。第一弾として、65/55インチ「Z95A」と77インチ「Z93A」の新型OLEDテレビを投入する。(2024/1/9)

なかやまきんに君が米空母に“筋肉潜入”! 「とんでもない事になりました」「デカいですね、これは」と大興奮
もちろん「ザ・きんにくTV」らしく、艦内のジムへの潜入も……!(2024/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。