ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NTTデータ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ハイブリッドクラウドに対応した監視収集ツール「Hinemos Monicolle」、NTTデータ先端技術が販売開始
NTTデータ先端技術は、監視収集ツール「Hinemos Monicolle ver.1.0」の販売を開始する。ハイブリッドクラウド環境に対応した12種類の機能を1つのパッケージで提供する。高可用性構成も可能だ。(2019/10/21)

セブンが「レジなし店舗」実験 NTTデータが協力、運営の課題など検証
セブン-イレブン・ジャパンが、レジなし店舗の実証実験を始める。NTTデータが用意する模擬店舗で購買体験や店舗運営の課題を検証する。一般の客は利用できない。(2019/10/16)

シェアトップは2017年に引き続きNTTデータ:
2018年国内RPAソフトウェア市場は対前年比113.5%増の155億600万円 IDCが発表
IDC Japanが発表した国内RPAソフトウェア市場の動向によると、2018年の市場規模は対前年比113.5%増の155億600万円。シェアトップは、2017年に引き続きNTTデータ。(2019/10/9)

ブロックチェーン活用したデータ分析の実証実験開始 行動履歴から次の行動を予測
デジタルチケットの使用履歴からユーザーが次にとる行動を予測し、適切なタイミングでスマートフォンにおすすめを通知する。NTTデータが独自開発したブロックチェーン技術を活用し、個人属性情報を取得せずにデータ分析を行うという。(2019/10/3)

精度向上だけでなく担当医の負荷も軽減:
米国人患者データで学習済みAI、日本人患者でも高い検出精度 宮崎大学とNTTデータ
宮崎大学とNTTデータは、米国人患者のデータを学習させたAIが、日本人患者に適用可能であることを実証実験で確認した。特に腎ガンについては、高い診断性能が確認できたとしている。(2019/9/30)

「レジ無しデジタル店舗出店サービス」などの取り組みも:
ネットイヤーグループがNTTデータの連結子会社に――石黒 不二代氏が語るTOBの狙い
ヤフーによるZOZOの株式公開買い付け(TOB)開始が大きく報じられた2019年9月12日、別のTOBに関する発表会が開催されていた。遅ればせながらレポートをお届けする。(2019/9/27)

2022年末までに1000店舗を目指す:
Amazon Go型“手ぶら決済”を日本に広められるか? NTTデータが発表したデジタル店舗サービスの中身
NTTデータは、日本国内でのレジ無しデジタル店舗の多店舗展開支援を発表した。米国でAmazon Goが他店舗展開を進めているが、日本での出店実績はない。(2019/9/5)

23年度末までに1000店舗を目標:
決済せずに商品を選ぶだけ NTTデータが”レジ無し店舗”出店支援開始 40台のカメラで防犯実験も
NTTデータが、”レジ無し店舗”出店のコンサルティングサービスを開始。レジ無し店舗では、入店時にQRコードの認証をするだけで、レジでの支払いが不要に。商品を手に取りそのまま店を出るだけ。今回のサービスでは、中国のベンチャー企業とタッグを組む。背景にある、NTTデータの課題とは?(2019/9/4)

NTTデータ、国内小売業の「レジなし店舗」参入支援をスタート 「Amazon Go」に負けない技術を実装
NTTデータが「レジなし店舗」の出店を支援するサービスを開始。コンビニやドラッグストアを対象に、消費者が好きな商品を持って退店すると、自動で決済する仕組みを実装する。国外で「Amazon Go」をはじめとするレジなし店舗が徐々に広がっていることを踏まえ、国内での実用化を促進する狙い。(2019/9/2)

東北大、第一生命、NTTデータが包括協定 地方創生で
東北大の研究教育の成果、第一生命の保険ビジネスの知見、NTTデータの最先端の情報通信技術といったそれぞれの強みを生かし、研究開発や人材育成などに取り組む。(2019/8/28)

戦略と組織でDXに適した体制構築が重要:
NTTデータ経営研究所がDXの実態調査 DXに成功した企業に共通する5つの変革とは
NTTデータ経営研究所は、国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に対する取り組みの実態について調査し、その結果速報を発表した。DXで成果を上げるには戦略と組織の両面でDXに適した体制を築くことが重要だとしている。(2019/8/22)

AIで未来の渋滞状況を予測 NTTデータが「乗換MAPナビ」で実証実験
NTTデータはAIを活用して1時間後までの高速道路渋滞を予測し、「乗換MAPナビ」上で情報を表示する実証実験を始めた。予測の有効性を検証すると同時に、アンケートの実施でユーザーのニーズを探る。(2019/8/9)

最新の道路状況を基にAIで渋滞予測し、Android向けアプリへ提供 NTTの実証実験
NTTデータは、VICSによる最新道路状況に基づいてAIが予測した、高速道路の30分後と60分後の渋滞予測情報をエムティーアイの交通情報総合アプリ「乗換MAPナビ」向けに提供する。(2019/8/9)

大学生がインターンに行きたいIT企業、LINEやNTTデータが上位に 1位は……?
「楽天みん就」が、大学生・大学院生(2021年卒)からのインターンシップの人気が高いIT企業を発表した。2位はLINE、3位はNTTデータ、4位は富士通、5位は楽天が入った。1位は……?(2019/7/26)

全英オープンゴルフの映像編集にAI活用 ガッツポーズも自動抽出、NTTデータが実験
NTTデータは、AI技術を活用し、全英オープンゴルフの中継映像にタグ付けする実験を行う。選手の動きを解析し、多様なショットを打つ場面や、ガッツポーズの瞬間を自動抽出。映像の編集作業を効率化する。(2019/7/17)

「外国人に話題のアニメ聖地はここ!」 SNSをAIで分析・解明
「今、外国人に話題のアニメの聖地はここだ!」。日本のアニメファンだけでなく地方自治体も気になるこんな調査結果を、東京海上日動火災保険とNTTデータがまとめた。外国人のツイッターなど会員制交流サイト(SNS)の膨大なデータを人工知能(AI)を使い分析。アニメの舞台や縁のある地域を訪れる“聖地巡礼”を目的に訪日する外国人はどこを目指すのか明らかにした。(2019/7/8)

2018年国内ITサービス市場のベンダー売上ランキング、1位は富士通、続いて日立とNTTデータがランクイン――IDC調べ
IDC Japanが発表した2018年の国内ITサービスベンダーの売上ランキングによると、1位の富士通をはじめ、例年上位の企業が名を連ねた。一方、前年比売上成長率が高かったのはアクセンチュアだった。ITサービスベンダーには、企業のデジタルジャーニーに対応するビジネス変革が求められるという。(2019/7/3)

今日のリサーチ:
ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。(2019/6/14)

ブロッコリーの「出荷予測モデル」を構築 正確な出荷見込みで確実で有利な販売へ――NTTデータとJA香川県ら、開発・実証を開始
NTTデータとJSOLは、香川県農業協同組合(JA香川県)らと共同で、「農作物の出荷予測モデル」の構築に取り組む。出荷量を予測することで、生育調査などの時間を削減するとともに、経験の浅いJA担当者でも事前に出荷見込みを正確に把握できるようになる。(2019/6/10)

「問い合わせ業務」をAIで効率化 金融機関向けFAQシステムをNTTデータが発表
NTTデータはAIを活用した金融機関向けFAQシステム「CONTIMIXE AI(FAQ)」の提供を開始する。一般的なキーワード検索に比べて、検索ヒット率を6割以上高めたという。(2019/5/28)

苦い教訓をどう生かす?:
ランサムウェア感染を機に「レスポンス」の強化に取り組むNTTデータは何を目指すのか
2018年1月に、ランサムウェア「WannaCry」の亜種に感染したNTTデータ。同社はこの苦い経験を機に根本的な再発防止策に取り組んだ。ネットワークセグメントの再設計などと並ぶ主な施策の一つが、EDR製品の導入によるレスポンスの強化だ。(2019/6/10)

「就活生に人気のIT企業」調査、NTTデータが10連覇 Webサービス企業も上位、コンサルは人気低下か
就活口コミサイト「楽天みん就」が、就活生に人気のIT企業を調査。首位はNTTデータで、10年の調査開始以来“10連覇”を達成。楽天、富士通、Google日本法人、SCSKなども上位に入った。(2019/5/16)

Webサービス企業が好調:
就活生に人気のIT企業ランキング、NTTデータが10年連続トップ
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」が「IT業界新卒就職人気企業ランキング」を発表。Webサービス企業やシステムインテグレーターが好調で、1位はNTTデータだった。(2019/5/15)

Weekly Memo:
変わりつつあるビジネスモデル――NTTデータは「システムインテグレーター」を名乗り続けるのか
システムインテグレーター(SIer)として確固たる地歩を築いているNTTデータ。ただ、同社にとっても新たなデジタル化への対応は必然だ。果たして、同社はシステムインテグレーターを名乗り続けるのか。(2019/5/13)

ウェアラブルニュース:
スマートグラス活用ソリューションを保守点検業務に採用
富士ゼロックスは、NTTデータ ニューソンが開発した遠隔作業を支援するスマートグラス活用ソリューション「InfoMesh Visual Navigator」を、同社の商業印刷機の保守点検業務に採用した。(2019/5/13)

田んぼ専用AI、水稲の生育状況や病害虫・雑草を診断へ――NTTデータが試行サービスを開始
NTTデータとNTTデータCCSは、AIと画像解析技術を活用した水稲の「生育診断ソリューション」と「病害虫・雑草診断ソリューション」を開発。営農管理ツール「あい作」のオプションとして、2019年4月1日から1年間の試行サービスを開始した。適切なタイミングでの施肥や病害虫・雑草の防除を支援する。(2019/4/11)

学費納入、オンラインで可能に――近畿大学がインターネットバンキングとの連携開始、コスト削減や効率化に期待
近畿大学は、NTTデータ関西との協働により、インターネットバンキングを活用した新たな学費納入方式を導入。納付書なしで学費を振り込みできる。紙で運用していた納付書の送付を廃止し、事務手続きをペーパーレス化することで、管理作業の効率化やコスト削減、学費納付時の利便性向上を図る。(2019/4/8)

リアル店舗のデジタル化:
EC連携インタラクティブサイネージ×アバター遠隔接客、NTTデータが実証実験開始
将来的な一坪デジタルストアの実現へ向けた実証実験を三井ショッピングパークららぽーと海老名で実施。(2019/3/15)

事業継続できますか:
2018年の災害では34.2%で「BCPが機能した」、NTTデータ経営研究所が調査
NTTデータ経営研究所は、「東日本大震災発生後の企業の事業継続に係る意識調査」の結果を発表した。「平成30年7月豪雨」と「平成30年北海道胆振東部地震」の2つの災害でBCPが機能したと回答した割合は、東日本大震災と比較して1.7倍に増加した。(2019/3/12)

全国の信用金庫の口座を“通帳レス化”する新システム 2019年8月に実用化へ――しんきん共同センター、NTTデータが共同開発
しんきん共同センターは、加盟信用金庫を“通帳レス化”するシステムをNTTデータと共同開発し、2019年8月に提供を開始する。加盟信用金庫の口座保有者は、スマートフォンなどで容易に通帳レスに切り替えられるようになる。(2019/2/25)

「不動産テック」成功のカギは積極的な協業関係、建設業・金融業などが主導か――NTTデータ経営研究所調べ
NTTデータ経営研究所の調査によると、「不動産テック(PropTech/ReTech)」は、FinTechなどと比べると認知度が低いものの、「知っている」と回答した人の所属企業の3社に1社に当たる35.8%が不動産テックに取り組んでおり、不動産業よりも他業種の方が積極的であることが分かった。(2019/2/19)

Weekly Memo:
デジタル時代に企業が行うべきこと 価値創造のための3つのステップとは
デジタル時代に企業が行うべきことは何か――。先ごろ取材したNTTデータの本間洋社長のスピーチが興味深かったので紹介したい。キーポイントは「3つの価値の掛け合わせ」である。(2019/1/28)

IT活用:
変電設備の異常をAIで検知、巡視時間を50%以上削減
東京電力パワーグリッドが変電設備のメンテナンス業務にNTTデータのAIシステムを導入。画像・映像解析や、異音を検知するシステムを導入し、設備の巡視時間を50%以上削減することを目指す。(2019/1/7)

スマートアグリ:
豚を健やかに育て、人に働き方を改革させるAIが誕生へ
日本ハムとNTTデータなどは2018年12月19日、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)を活用した「スマート養豚プロジェクト」を開始すると発表した。スマート養豚プロジェクトでは、従来人の手に依存していた養豚業務の生産性を効率化するとともに、厳しい経営環境に置かれている畜産業の活性化を目指す。(2018/12/21)

“AI×IoT”で豚の健康や発情兆候を判定 複数豚舎も一括監視――日本ハム、NTTデータらが「スマート養豚プロジェクト」を開始
日本ハムは、NTTデータらと共同で、豚舎にカメラやセンサーを設置し、豚の飼育状況などを把握できる仕組みを構築するプロジェクトを開始。子豚の健康状態や繁殖豚の発情兆候などは、カメラ映像からAIが判定。養豚業向けAIエンジンとして実用化も視野に入れる。(2018/12/21)

市町村でトップは:
住んでみたい都道府県はどこ? 1位は
住んでみたい都道府県はどこですか? 18歳以上の男女に聞いたところ……。NTTデータ経営研究所調べ。(2018/12/19)

医療機器ニュース:
救急車の運用を最適化するシステムの有効性を確認
NTTは、消防庁消防大学校消防研究センター、NTTデータとともに、救急ビッグデータを用いた救急自動車最適運用システムの有効性を確認したと発表した。(2018/12/12)

Weekly Memo:
“高度専門人材”の争奪戦に負けるな! NTTデータに見るデジタル変革時代の人事制度とは
NTTデータが、デジタル変革をリードする専門性の高い外部人材を市場価値に応じた報酬で採用する制度を新設した。この機に、同社の説明に基づいて、デジタル変革時代の人事・報酬制度について考察してみたい。(2018/12/10)

NTTデータ、AIやIoTの専門家採用強化 「市場価値に応じた報酬で」
NTTデータは、AIやIoTなど先端技術について、高度な専門知識・技術を習得している人材を、市場価値に応じた報酬で採用する制度「Advanced Professional」(ADP)を新設した。(2018/12/5)

テレビショッピングの番組内容、AIが評価 電話数が27.6%増 NTTデータ
NTTデータは、AI(人工知能)技術を活用し、テレビショッピングの番組内容から視聴者の問い合わせ電話数を予測する技術を開発。従来と比べて電話数が平均27.6%増加したという。(2018/11/14)

AIでテレビショッピングの問い合わせ電話数を予測 効果的な番組制作に活用――キューサイ、NTTデータらが効果検証
キューサイは、NTTデータ、NTTデータ経営研究所と共同で、テレビショッピング番組の内容から視聴者の問い合わせ電話数を予測するAIモデル「nAomI」を開発。nAomIによる効果予測を番組制作に活用した結果、問い合わせ電話数が27.6%増加したという。(2018/11/14)

ブロックチェーン活用で、外航貨物保険の支払い手続きが1カ月超から1週間に――東京海上日動とNTTデータが実証
東京海上日動火災保険とNTTデータは、外航貨物海上保険の保険金請求手続きへのブロックチェーン技術の適用を検証。保険証券や事故報告書、貨物の損傷写真といった必要なドキュメントをブロックチェーン上で共有することで、保険金の支払いプロセスを迅速化する。(2018/11/2)

ニーズの発掘から課題解決・価値創造までを支援:
NTTデータとD2C、デジタルマーケティング分野で協業
NTTデータとD2Cは、デジタルマーケティング分野におけるビッグデータの解析を起点とした、新たなソリューションの開発・提供で協業することに合意した。(2018/10/22)

製造ITニュース:
制御システム向け脅威分析サービス提供へ、3社が業務提携
NTTデータは、プラント制御や製造ラインの制御系システム向け脅威分析サービスを共同で提供することを目的に、イエラエセキュリティおよび神戸デジタル・ラボとの業務提携に合意した。(2018/10/11)

QRコードを使って銀行口座間の送金を可能に NTTデータ、バンキングアプリ「My Pallete」で提供へ
NTTデータは、岩手銀行など、地銀など18の金融機関が利用するスマホ用バンキングアプリ「My Pallete」に、QRコードを使って銀行口座間の送金ができる新機能を追加する。(2018/9/27)

測位の誤差は平均3メートル:
GPS電波が届かない空港施設内でもナビ、NTTデータが地磁気を利用
NTTデータと成田国際空港は、地磁気などを利用したスマートフォン用の空港ナビゲーションアプリを提供する。GPSの電波が届かない屋内でも位置を正確に把握できることが特徴。複数のフロアを立体的に表現する2.5D地図も用意した。(2018/9/21)

スマホで自動運転車を呼ぶ「次世代モビリティ」、NTTデータなどが豊洲で実証実験
NTTデータなどが豊洲駅周辺で自動運転車によるオンデマンド移動サービスの実証実験を実施する。住民参加の実験でサービス内容の検討を進め、2020年までの実用化を目指す。(2018/9/14)

あなたの職場でもきっとできる:
生産性向上の第一人者が厳選した“出社したくなるオフィス”5社
NTTデータ、Google、味の素、タマノイ酢、オトバンク……。「テレワーク時代」が到来する中、従来のオフィスの在り方を見直し「社員が来たくなるオフィス」作りに工夫を凝らしている企業もある。(2018/9/14)

IDC Japan 国内ITサービス市場:
2017年国内ITサービス市場のトップ5は富士通、NEC、日立、NTTデータ、IBM
IDC Japanは、2017年の「国内ITサービス市場のベンダー売上ランキング」を発表した。(2018/8/23)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
効果は年間数十億ドル? 「物流×ブロックチェーン」の可能性
ブロックチェーンを物流に? IBMやNTTデータが考える物流の課題とブロックチェーンによる可能性とは。(2018/8/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。