ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NTTデータ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

NTTデータ Salesforceでキリンの顧客向けプラットフォームを開発
NTTデータは、キリンの事業活動の土台となる「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」を構築した。SalesforceのPaaS「Heroku」で開発された。顧客データを一元管理し、多様化する消費者のニーズに合ったマーケティングを実現する。(2020/10/22)

新型コロナ画像診断AI向け学習用データ、NTTデータが提供スタート
新型コロナウイルスの画像診断AIの開発などに必要なデータをまとめた「新型コロナウイルスデータレポジトリー」が、NTTデータグループが医療機関向けに提供している画像アーカイブソリューション「Nucleus for UCA」に追加された。(2020/10/6)

今日のリサーチ:
熱しやすい「日本代表」 冷めにくい「国内リーグ」――トライバルメディアハウスとNTTデータがスポーツ調査
トライバルメディアハウスとNTTデータが実施した「熱狂スポーツ調査2020」の結果です。(2020/10/2)

NTTデータ、AIで保険販売を支援するサービス 受注されやすい提案をタブレットの操作ログから分析
NTTデータが、保険販売員のタブレット端末の操作履歴をAIを使って解析するサービスを10月1日から提供する。資料の閲覧時間などから契約を獲得できた要因を分析し、得られたデータを販売促進に役立てる。(2020/9/30)

NTTデータ、「サイバー攻撃の痕跡」をアナリストが調べる新サービス
NTTデータ先端技術がサイバー攻撃の痕跡をアナリストが調査・分析する新サービス「Threat Huntingサービス」を10月1日に始める。1回の利用料金は約300万円。(2020/9/28)

預貯金などを電子データで照会 国税庁が金融業務のペーパレス化に向け実証実験
NTTデータは、国税庁による預貯金などの照会業務のデジタル化に向けた実証実験に「pipitLINQ」サービスを提供する。東邦銀行、横浜銀行、福島銀行、ゆうちょ銀行が協力し、業務効率化の効果やデジタル化に対応した事務フローの環境テストなどを検証する。(2020/9/28)

「クラウド活用の課題」を今すぐ解決するには:
PR:ハイブリッド/マルチクラウドをうまく活用できないのはなぜか――安心、安全を実現する方法とは
ビジネス、働き方に新しい在り方が求められ、それを支えるITシステムにも変革が促されている。そのカギとなるのがクラウドだ。ビジネスニーズをより適切に実現する上では、複数のサービスを使いこなすハイブリッド/マルチクラウドのアプローチが求められる。だがスキルや予算に限りがある中、ミッションクリティカルシステムを多数持つ組織の場合、どうすればビジネスニーズを実現できるのか。金融、自治体をはじめ多数の支援実績を持つNTTデータに聞いた。(2020/9/28)

パーソナルデータは「不正引き出し」できるのか:
「もうひとりの私」を預ける 情報銀行が守るパーソナルデータとは
コロナ禍にビジネスのオンライン対応が急務となるなか、企業にとって個人情報の保護と活用はいっそう重要度を増している。その中で2020年8月、ITmediaエンタープライズ主催のWebセミナー「データガバナンスが切り開く企業の未来」が開催された。基調講演では、NTTデータ金融事業推進部デジタル戦略推進部 部長の花谷昌弘氏が「ビジネス資産としてのパーソナルデータ〜個人情報保護法の改正と新型コロナウィルス対応〜」と題して講演した。(2020/9/28)

七十七銀行がAI活用の業況変化検知システムを本稼働 与信管理業務の効率化へ
七十七銀行は、JSOLと三井住友銀行が共同開発した「業況変化検知システム」を、NTTデータの金融機関向けクラウドプラットフォームに構築した「FinCast」の本稼働を開始する。(2020/9/14)

新薬開発の書類をAIで 7割時短 NTTデータが来春提供へ
新薬開発に必要な書類作成にAIを導入して効率化しようと、NTTデータは中外製薬と共同で実施した実証実験の結果を公表した。あらかじめ過去の書類データを読み込ませたAIを使い、実験したところ、最大で7割の時間短縮につながったという。(2020/9/9)

人工知能ニュース:
組み合わせ最適化問題を高速に解き、柔軟性と拡張性を備えた計算方式を開発
NTTデータは、広島大学と共同で、組み合わせ最適化問題の解を高速に探索する新しい計算方式「アダプティブ・バルク・サーチ」を開発した。1秒間に1兆以上の探索ができる。(2020/9/7)

「言語化できない脳の反応」を利用:
脳活動を基に「楽曲の特徴」を可視化し、ヒット要因を把握する技術 NTTデータなど3社が開発
NTTデータなど3社は、楽曲の特徴を捉えてヒットソングがヒットした要因を把握するなど、楽曲の脳情報化に関する技術を開発した。人が楽曲を聴いているときの脳活動を推定して、楽曲の特徴を抽出し、可視化する。(2020/9/7)

AIと脳科学でヒットソングの特徴を可視化  4カ月程度先までのトレンドを予測、NTTデータなど
脳活動を推定する技術で楽曲を評価します。(2020/9/4)

NTTデータ、脳科学でヒット曲の特徴を可視化 4カ月先の音楽チャート予測も
NTTデータが、人間の脳の活動を推定する技術を活用して、ヒット曲の特徴の可視化や、4カ月先の音楽トレンドの予測などができる技術を開発した。(2020/9/3)

船舶へのサイバー攻撃を想定した侵入テスト、NTTデータらが国内で初めて実施
NTTデータなど5社は、船舶へのサイバー攻撃を想定した侵入テストを国内で初めて実施した。侵入テストは他産業では有効なサイバーリスク対策の検証手法。船舶システムにおけるその有効性と知見の獲得が目的だ。(2020/7/21)

3Dプリンタニュース:
AM技術で新たなモノづくりを実現する新会社「NTTデータ ザムテクノロジーズ」
NTTデータは、3Dプリンタを活用したアディティブマニュファクチャリング事業を専業とする新会社「NTTデータ ザムテクノロジーズ」を2020年5月18日付けで設立し、同年7月1日から事業を開始したことを発表した。(2020/7/7)

北日本銀行が「ABIC ASSET CLOUD」を採用 電子サイン化を促進
北日本銀行は、NTTデータエービックの預かり資産業務クラウドサービス「ABIC ASSET CLOUD」を採用した。同サービスは、預かり資産業務に電子サインを導入し、行員の事務負荷を軽減する。(2020/7/2)

ビッグデータ+Twitterでお店の混雑を把握、「おでかけ混雑マップ」公開 NTTデータとunerry
NTTデータは6月18日、ベンチャー企業のunerryと協業し、スーパーやドラッグストアといったお店周辺の混雑傾向を調べられるAndroidアプリ「おでかけ混雑マップ」を公開した。(2020/6/19)

ドローン:
強みはパートナー企業と開発した技術群、ミライトがドローン子会社設立
ミライト・テクノロジーズは2020年6月17日、ドローンを用いた設備点検業務などのドローン事業を専門とする新会社ミラテクドローンを設立すると発表した。NTTデータなど各社と共同開発した技術の豊富さを背景に、顧客ニーズをワンストップで受け止める体制づくりを目指す。(2020/6/18)

MicrosoftとNTTデータが戦略的協業を開始 顧客のDX加速に向け
MicrosoftとNTTデータは、顧客のデジタルトランスフォーメーションを加速するため戦略的協業を開始した。顧客のDX促進やNTTデータのワークスタイル変革、NTTデータ社員の人材育成、社会貢献活動に取り組んでいく。(2020/6/11)

ドローン:
東京電力PGらが新組合を発足、ドローンの航路作成を目指す
東京電力パワーグリッド(PG)、NTTデータ、日立製作所はこのほど、新組合を発足し、電力施設の上空を活用したドローン航路の構築やドローンの目視外飛行で巡視と点検を行えるシステムの開発を進めている。(2020/6/8)

NTTデータ、AIで大動脈瘤の画像診断を支援 2万7000人のCT画像を利用
NTTデータが、AI画像診断サービスを大動脈瘤の発見に活用する実証実験を岩手医科大学と共同で行うと発表した。2万7000人の患者のCT画像をAIに学習させ、大動脈瘤の検出能力を検証する。放射線科医による画像診断を補助するAIなどの開発を目指し、6月19日から2023年1月31日まで行う。(2020/5/29)

NTTデータ、地域別“新型コロナ注目テーマ”を視覚化 住民の関心を自治体施策の参考に
NTTデータは、Twitter上での新型コロナウイルス関連の投稿を分析し、発言内容のカテゴリーや頻度を都道府県ごとに確認できるWebサイトを公開した。(2020/5/27)

NTTデータ、AI画像診断でCOVID-19の診断支援 インドの病院で実験
NTTデータは、同社の出資先であるインドのスタートアップDeepTekと共同で、AIを搭載した画像診断支援サービスを新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断に役立てる活動を始めた。インドの病院で始めた実証実験で、同サービスの有用性を検証するという。(2020/5/26)

NTTデータ、データの整備から分析、活用までトータルでサポートする新ブランド「Abler」を始動
NTTデータは、データの整備から分析、活用までをトータルでサポートするデータ管理サービスの新ブランド「Abler」を創設した。オントロジーやセマンティックといったデータ処理技術を活用し、ナレッジグラフを構築することで、データの“意味理解”を実現し、人間と同程度のデータ解釈が可能だという。(2020/5/21)

攻めのデータ活用が活発化するも、多くの企業が直面する「複雑な課題」とは?――NTTデータ経営研究所
NTTデータ経営研究所の調査によると、企業のデータ活用は、事業計画、市場分析、商品やサービスの検討など、“攻め”領域で活発なことが分かった。一方、各企業とも複合的な要素が絡む課題に直面しており、内部・外部環境やデータ活用の成熟レベルなどに応じた、多面的な打ち手が必要になるという。(2020/5/14)

NTTデータが政府系クラウドに本腰、AWSとの戦い方は? 武器は“マルチクラウド指向”のマネージドサービス
NTTデータが政府系クラウド事業に本格参入。AWSが先行する同分野で、これからどう戦っていくのか。担当者に話を聞いた。(2020/5/1)

情報銀行を活用した「パーソナルデータ同意管理サービス」の実証実験開始 個人に分かりやすい規約の提供へ――NTTデータ
NTTデータは、情報銀行の仕組みを活用した「パーソナルデータ同意管理サービス」の実証実験を開始する。個人の規約同意の一元管理機能や、同意判断を助ける指標値について有用性を検証し、2021年度中のサービス実用化を目指す。(2020/5/1)

農作物の最適な出荷時期は? 栽培データと気象データから地域別予測モデル NTTデータとJSOL
NTTデータとJSOLは、農作物の出荷予測コンサルティングサービスの提供を始める。農作物の生育状況や累積気温などのデータから出荷時期に影響を与える要因を分析し、出荷予測モデルを構築する。(2020/4/27)

ロックインなしでイノベーションを継続するクラウドサービスとは
NTTデータがクラウドサービスにオープンテクノロジーを採用、その真意は
NTTデータが提供しているクラウドサービス(OpenCanvas)を拡充し、アジリティーと堅牢(けんろう)性を両立させるという。どんな技術を採用したのだろうか。(2020/4/24)

「完全在宅勤務」の実施企業は1割 ポストコロナを見据えた働き方を確立するには?――NTTデータ経営研究所が調査
NTTデータ経営研究所が実施した「新型コロナウイルス対策と働き方」に関する調査によると、完全在宅勤務を実施している企業は約1割で、週3〜4回以上のテレワーク/リモートワークを利用している人は全国で2割だった。“コロナの収束とその先”を見据えた働き方に向け、企業が対処すべき課題とは?(2020/4/22)

国境を越えてパーソナルデータ連携へ NTTデータがエストニア電子政府の基盤活用で実証
NTTデータは、海外とのパーソナルデータ連携に関する実証実験を実施し、個人情報を管理するパーソナルデータストアの接続を検証した。エストニアの電子政府を支えているデータ連携基盤「UXP」と接続するための標準仕様も策定した。(2020/4/21)

一般消費者にとっての「情報銀行」の利用条件とは? 位置情報や資産情報の提供には抵抗あり――NTTデータ経営研究所調べ
NTTデータ経営研究所の調査によると、「情報銀行」の利用で重視する条件は「第三者からの認証/認定」「報酬の高さ」で、パーソナルデータの提供について、位置情報、住所、電話番号、金融資産情報などの提供には抵抗のある人が多いことが分かった。(2020/4/8)

NTTデータ、官庁・自治体のクラウド導入・運用を支援 ハイブリッド/マルチクラウドにも対応
NTTデータが官庁や自治体に向けて、クラウド基盤のマネージドサービス「Digital Community Platform」の提供を始めた。複数のクラウドサービスの導入支援から実運用までを一気通貫でサポートする。ハイブリッド/マルチクラウド環境の構築も担う。(2020/3/18)

公共機関のデジタル化を支援するマルチクラウド対応のマネージドサービスを開始――NTTデータ
NTTデータは、官庁や自治体などの公共機関向けにマルチクラウド対応のクラウド基盤「Digital Community Platform」の提供を開始した。ニーズに合わせてクラウドサービスを選択でき、既存システムのクラウド化や新規導入などの検討段階から、運用、活用までトータルで支援する。(2020/3/17)

「働き方改革、DXに付け入る攻撃に注意」:
サイバー攻撃の手口がより巧妙化、多様化 NTTデータ
NTTデータはサイバーセキュリティのグローバル動向に関する四半期レポート(2019年10〜12月)を公開した。サイバー攻撃の手口がより巧妙化・多様化する傾向にある。クラウドサービスのアカウントの乗っ取りを狙う攻撃が増加すると予測しており、注意を促している。(2020/3/3)

男女・文理別「就活生の注目企業ランキング」、アクセンチュアやNTTデータが不動の人気
オープンワークがこのほど、男女/文理別の「就活生の注目企業ランキング」を発表。各カテゴリーに共通して、IT業界ではアクセンチュアやNTTデータが人気だった。日本アイ・ビー・エムや楽天、サイバーエージェント、野村総合研究所なども支持されていた。(2020/3/2)

NTT DATA Innovation Conference 2020レポート:
デジタルを解き、未来を創る――着実なDXへの挑戦がよりよい未来の社会を創る
デジタル技術の進展により、これまで想像できなかったような「リアルワールドとデジタルワールドが融合された世界」が実現されようとしている。テクノロジーが創る未来の世界に向けて、企業が取り組むべきアプローチとは。NTTデータの取り組みや人材育成などを、事例を交えて紹介する。(2020/2/26)

カードゲームでRPA導入のポイントを学べる研修サービスが登場
NTTデータは、カードゲームを使ってRPA導入のポイントを学べる企業向けの研修サービスを2020年3月1日から開始する。RPA導入で起こりやすいイベントをカードゲームにしており、RPAツールの利用やRPA業務アセスメントなどのノウハウを分かりやすく理解できるという。(2020/2/18)

東京都の担当者に聞く:
NTTデータで働く協力会社社員が新型肺炎に感染 その時企業はどうすべきか
NTTデータ社内に常駐していた協力会社社員が新型肺炎に感染。保健所によって濃厚接触者が特定され、NTTデータは在宅勤務の指示を行った。社員が感染した場合、企業はどうすべきか?(2020/2/17)

NTTデータの拠点ビルで新型コロナウイルスの感染者 14人の濃厚接触者を特定済み
(2020/2/15)

将来、ビジネス変革をもたらす「3つの情報社会」と「8つの技術トレンド」とは
NTTデータは「NTT DATA Technology Foresight 2020」を公開した。社会の持続性確保に不可欠な新たな規範や価値観の探求という潮流を、3つの「情報社会トレンド」で捉え、8つの「技術トレンド」で技術の詳細と将来像を具体的に示した。(2020/1/27)

SalesforceとTableauを組み合わせたワンストップサービス、NTTデータが提供開始
NTTデータは、「Salesforce」と「Tableau」を導入する企業に対して、両サービスを組み合わせたワンストップサービスの提供を開始する。経営や業務の課題に対するコンサルティングから、ソリューション導入やカスタマーサクセス支援までを一元的に提供する。(2020/1/24)

日本年金機構、財産調査務の電子化による業務効率化の検証を開始 預貯金照会の電子化サービス「pipitLINQ」を活用
日本年金機構は、財産(預貯金状況)調査業務にNTTデータの「pipitLINQ」を導入し、預貯金などの照会業務を電子化する実務検証を実施する。財産調査業務に関わる一連の流れを電子データで行い、作業時間の削減効果、口座の特定結果、照会結果などを検証する。(2020/1/17)

問い合わせ、料金案内、安否確認などをAIが代行――NTTドコモとNTTデータ、AIによる電話応対業務の自動化ソリューション提供へ
NTTドコモとNTTデータは、AIを活用した電話業務の自動化ソリューションを2020年4月以降に提供開始予定で、実業務における実証実験を開始した。AIによる電話応対技術とRPAを組み合わせ、PC操作を含めた電話応対業務を一貫してAIが代行するソリューションの提供を目指す。(2020/1/8)

AI・RPA・クラウドでコールセンター業務を完全自動化 ドコモとNTTデータが4月以降に提供
ドコモとNTTデータが、電話応対業務を自動化するサービスを共同で提供すると発表。AI・RPA・クラウドの技術を組み合わせたもので、実証実験を行った後、4月以降に企業や自治体向けに正式サービスを始める。(2020/1/7)

NTTデータ、次世代医療基盤法の認定事業を開始 電子カルテなどの医療情報を匿名加工して提供へ
NTTデータは、ライフデータイニシアティブと連携し、電子カルテを含む詳細な医療情報を収集・匿名加工して、研究機関などに提供する認定事業「匿名加工医療情報作成事業」を2020年1月6日に開始する。両社は、事業開始に当たり、次世代医療基盤法に基づく初の事象者認定を取得した。(2019/12/20)

AIでMRI画像診断を支援 メッドサポートシステムズとNTTデータが実証実験開始
脳のMRI画像診断をAIで支援するエンジンとビュワーを開発し、これらの有用性を評価。2020年度内の商用提供を目指す。(2019/12/2)

ハイブリッドクラウドに対応した監視収集ツール「Hinemos Monicolle」、NTTデータ先端技術が販売開始
NTTデータ先端技術は、監視収集ツール「Hinemos Monicolle ver.1.0」の販売を開始する。ハイブリッドクラウド環境に対応した12種類の機能を1つのパッケージで提供する。高可用性構成も可能だ。(2019/10/21)

セブンが「レジなし店舗」実験 NTTデータが協力、運営の課題など検証
セブン-イレブン・ジャパンが、レジなし店舗の実証実験を始める。NTTデータが用意する模擬店舗で購買体験や店舗運営の課題を検証する。一般の客は利用できない。(2019/10/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。