ニュース
» 2012年03月30日 08時50分 UPDATE

iPadのお絵描きアプリ「Paper by FiftyThree」 Microsoft出身チームが公開

「Paper by FiftyThree」は仮想の紙にさまざまな筆記用具で描画できる無料アプリ。アプリ内で170円のツールを買い足せる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米新興企業のFiftyThreeのiOS向け無料描画アプリ「Paper by FiftyThree」が、3月29日(現地時間)に公開され、米AppleのApp Storeの無料アプリランキングですぐに2位に浮上した。

 Paper by FiftyThreeは、仮想の紙にさまざまな筆記用具ツールで絵を描ける描画アプリ。本当の紙のように、ぼかしやにじみを表現できる。新iPadのRetina Displayにも対応。アプリ自体は無料だが、アプリ内で筆記用具を追加で買い足せる。各筆記用具は170円。

 paper アプリ内購入ではApple IDの入力を求められる

 描いた作品は、アプリ内からTumblr、Facebook、Twitterに投稿したり、メールで送信できる。

 このアプリを公開したFiftyThreeは、ジョージ・ペチュニックCEOら5人の米Microsoft出身者が立ち上げた新興企業。ペチュニック氏のLinkedInによると、同氏はMicrosoftで未完のタブレット端末「Microsoft Courier」の立ち上げに携わった。

 Courierのプロジェクトは、米Apple対抗タブレットとして数千万ドルを投資して2009年秋に立ち上げられたが、紆余曲折の末頓挫した。

 同氏以外の4人も、それぞれCourierやBing Maps、Xbox 360などに従事した経験の持ち主だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ