ニュース
» 2012年04月23日 11時02分 UPDATE

LAN上のIT機器を発見するライフサイクル管理サービス、PFUが提供開始

LANに実際に接続されている機器を検出して、IT資産台帳との照合や棚卸しなどが行える。

[ITmedia]

 PFUは4月23日、IT機器のライフサイクル管理サービス「iNetSec Smart LCM」を開始した。LANに実際に接続されている機器を検出してIT資産台帳との照合や棚卸しなどが行えるもので、レポート作成や機器の配備や増設、撤去などのフィールドサービスも提供する。

 同サービスは、LANに接続されたIT機器を検出するアプライアンス「iNetSec Smart Finder」を利用して機器の種類やIPアドレスなどの情報を収集、同社が用意するWebポータルに暗号化して転送する。Webポータルではこの情報を基に実際にLANにつながれた機器の台帳を作成できる。事前にIT資産台帳を登録すれば、台帳上に存在する機器と実在の機器の照合が行え、未登録機器や実在しない機器の洗い出しができる。

 製品を担当するサービスビジネス統括部商品企画部長の野川龍相氏によると、このサービスを試行した企業では台帳に登録された機器の台数より実在する機器が1割程度多いことが分かり、台帳との誤差を修正してライセンスコストの最適化ができたという。

 このほか、同サービスでは機器の稼働状況の把握や許可されていない機器のLAN接続の遮断、同社へのフィールドサービスへの依頼、進捗管理などがWebポータル上で行える。

 500ユーザーでPC500台、管理対象のLANセグメントが10の場合の利用価格は、初期費用が15万円、IT機器管理サービスが月額17万8800円(税別)、フィールドサービスが月額23万5000円(年間100台のPCに入れ替え支援のケース)となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ