ニュース
» 2012年05月25日 18時54分 UPDATE

プログラム容量を20分の1に軽量化、IBMがアプリサーバ新版発表

日本IBMは「WebSphere Application Server」の最新バージョンを発表した。

[ITmedia]

 日本IBMは5月25日、Webアプリケーション向けサーバソフトウェアの最新版「WebSphere Application Server V8.5」を発表した。6月15日から提供し、価格は税別30万5700円から。

 WAS V8.5では、プログラム容量を従来の20分の1に軽量化した新たな実行環境「Liberty Profile」を追加。メモリ使用量を大幅に減り、起動時間が5秒以内に短縮された。本番環境でもメモリの使用量を最小限に抑えられるという。

 またサービスレベルに基づく負荷分散やバッチ処理など大規模なWebアプリケーションに求められる機能をNetwork Deploymentエディションとして統合した。使用料金に変更は無く、新エディションを利用することでサーバの可用性向上や処理の効率化を実現できるという。

関連キーワード

IBM | Webアプリケーション | WebSphere


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ