ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IBM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

既存のインフラを有効活用する:
大変そうで大変ではない? 「基幹システムをDXに対応させる方法」とは
「レガシーシステムをどうするか」という課題に悩む企業は多い。IBM AS/400に詳しい有識者によると「レガシーシステムでもAIやIoTなどのモダンな技術と連携させることができる」という。詳しい話を聞いた。(2021/9/16)

IBMがWatson Assistantに新機能 大量の問い合わせ対応の自動化、効率化支援へ
IBMは、インテリジェント仮想エージェント「IBM Watson Assistant」にAIと自動化技術を使った新機能を追加した。3つの機能で自動応対やコールセンタースタッフの業務を支援する。(2021/9/16)

2021年はデータ侵害コストが過去最高額に 低減に向けた3つの取り組みとは?
日本IBMは「データ侵害のコストに関する調査レポート」の2021年度版を発表した。テレワークの普及やランサムウェア攻撃の増加は、データ侵害に関するセキュリティコストにどのように影響したのだろうか。コスト低減に向けて3つのポイントを紹介する。(2021/9/9)

推論用アクセラレーターを搭載:
IBMの「Telum」プロセッサ、不正をリアルタイムで検知
IBMは、トランザクション実行中にAI処理を高速に実行するためのオンチップ・アクセラレーションを搭載したプロセッサ「IBM Telumプロセッサ」について、その詳細を「HotChips」カファレンスで発表した。(2021/8/31)

医療業界のデータ侵害コストは対前年比200万ドル増:
データ侵害のコストは過去最高の平均424万ドル、IBMがセキュリティ調査レポートを公開
日本IBMは、「2021年データ侵害のコストに関する調査レポート」を発表した。データ侵害インシデントにかかる1回の侵害当たりのコストは、前年よりも10%増え、平均424万ドルだった。(2021/8/27)

バイデン米大統領、GoogleなどIT大手招集のサイバーセキュリティ会議
バイデン米大統領は、相次ぐランサムウェア攻撃を含むサイバー攻撃に官民で立ち向かうべく、民間企業のCEOを集めた会議を開催した。IT企業ではGoogle、Apple、Amazon、Microsoft、IBMが招かれた。会議後、各社はそれぞれの対策を発表した。(2021/8/26)

日本でのデータ侵害でかかるコストは平均5億円 世界平均よりも高い結果 世間からの「厳しい目」が要因か
日本IBMがデータ侵害の経済影響に関する調査結果を発表。企業が日本でデータ侵害に遭った場合にかかる平均コストは5億1000万円と、世界平均よりも高い結果だった。(2021/8/25)

DACと日本IBM、通信・メディア業界のDX推進で協業 デジタル資産を一元管理
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と日本IBMは通信・メディア業界のDX推進で協業し、デジタル資産管理ソリューション「Arc XP」の国内展開を開始。コンサルティングからシステム開発、運用サポートまで、両社共同でワンストップ提供する。(2021/8/24)

資源循環プラットフォームの構築へ、三井化学と日本IBM、NRIがコンソーシアム設立
三井化学と日本IBM、NRIの3社は、資源循環型社会の実現を目指したコンソーシアムの設立に合意した。ブロックチェーン技術を活用した資源循環プラットフォーム構築の取り組みを進める。(2021/8/18)

製造IT導入事例:
従業員体験を可視化し、自社の強みや職場の課題を把握するシステムを構築
日本IBMが導入を支援する、クアルトリクスの従業員エクスペリエンス改善ツール「Qualtrics EmployeeXM」が、豊田合成の「従業員エンゲージメントシステム」に採用された。(2021/8/13)

データ仮想化ツールの機能と主要5製品【後編】
「IBM Cloud Pak for Data」「PowerCenter」「TIBCO Data Virtualization」の違いは? データ仮想化の主要ツールを比較
主要なデータ仮想化ツールのうち「IBM Cloud Pak for Data」「PowerCenter」「TIBCO Data Virtualization」を解説する。自社のニーズに合った機能や特徴があるツールはどれか。(2021/8/13)

製造IT導入事例:
AIによる豆腐の自動検品システムを開発、導入
日本IBMは、四国化工機が導入した豆腐の割れや欠けなどを自動判定するAIラインピッキングシステム「STI-ALPS」の開発を支援したと発表した。2021年6月から稼働を開始している。(2021/8/10)

村田製作所、再委託先が7.2万件の情報を不正持ち出し IBM中国法人の社員が個人用クラウドにアップロード
村田製作所が日本アイ・ビー・エムに委託した会計システムの更新作業中、再委託先の中国法人の社員が、約7万2000件の情報を不正に取得していたことが判明。無断でデータをダウンロードし、中国国内のクラウド上にアップロードしていた。(2021/8/6)

量子コンピュータ利用、急加速なるか:
量子コンピュータ「IBM Q」日本で稼働する効果とは 先駆けて研究、IBMと連携築いたキーパーソン語る
量子コンピュータ「IBM Q」の実機がついに国内で稼働した。発表会には産官学から関係者が集結し、本格的な研究開発を進める姿勢をアピールした。量子コンピュータを巡っては、IBMと国内大学の国境を越えた連携が進む。その土台を築いたキーパーソンが、技術面の急速な進化の道のりを語った。(2021/8/5)

国保旭中央病院、スマートホスピタルに向け情報基盤を刷新 IBMのヘルスケア共通プラットフォームを活用
国保旭中央病院は、日本IBMと共同で「スマートホスピタル構想」の実現に向け、「ヘルスケアサービス向けデジタルサービスプラットフォーム」を利用した情報基盤を開発する。既存のカルテシステムも連携させて柔軟な情報活用を可能にし、業務効率化や患者の利便性向上など、病院機関のDXを加速させる。(2021/8/3)

製造IT導入事例:
IBMなど4社共同開発の室内環境センシングシステムを横浜市役所などが導入
日本IBMほか3社は、RFIDタグによる室内環境センシングシステムを共同開発し、横浜市役所およびNOKの本社ビルに導入した。RFIDタグと温度センサーなどを組み合わせた環境センサーで送受信ができる。(2021/8/2)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
IBMのオープンソース日本語フォント「IBM Plex Sans JP」の実力をデザイナーが検証してみた
ネットで評判のIBM製日本語フォントは本当に優れているのか。ベテランのエディトリアルデザイナーが検証してみた。(2021/7/30)

「量子コンピュータはスパコンより速い」のウソと本当 日本設置の意義は
川崎市に設置された米IBMの商用量子コンピュータについて多くのメディアが報じているが、「スパコン超えの性能」や「1万年かかる計算を3分20秒で」などの報道をそのまま受け取ってはいけない。量子コンピュータ日本設置の意義を整理する。(2021/7/30)

量子コンピュータ:
その名も「kawasaki」、国内初のゲート型商用量子コンピュータが稼働
東京大学とIBMは、日本初導入となるゲート型商用量子コンピュータ「IBM Quantum System One」が稼働を開始したと発表。設置場所は「新川崎・創造のもり かわさき新産業創造センター」で、東京大学が設立した量子イノベーションイニシアティブ協議会に参加する慶應義塾大学や、日本IBMを含めた企業11社を中心に活用を進めることになる。(2021/7/28)

国内での実用化も近い?:
ついに量子コンピュータの国内稼働が開始 東京大学、IBM、川崎市が連携
東京大学とIBMは、ゲート型商用量子コンピューティングシステム「IBM Quantum System One」の稼働を川崎市で開始した。東京大学とIBM、川崎市は、量子コンピューティングの普及と発展を目指して今後も協働する。(2021/7/28)

日本で動き始めたIBM製“商用量子コンピュータ”の性能は? 実機を見てきた
米IBMの商用量子コンピュータの稼働が、神奈川県川崎市で始まった。実機の写真とともに、性能や設置の狙いなどを見ていく。(2021/7/27)

りそなHD、NTTデータ、日本IBMが「金融デジタルプラットフォーム」で共創開始
りそなHD、NTTデータ、日本IBMは、金融機関と異業種をつなぐ「金融デジタルプラットフォーム」の提供で協業する。オープンなプラットフォームで、多種多様な金融サービスの実現を支援する。(2021/7/16)

製造ITニュース:
原因究明の早期化に貢献、IBMが構築した労働災害データのAI検索システム
日本アイ・ビー・エムは2021年7月8日、三井化学がIBMのAI(拡張知能)「Watson」を活用したSaaSシステム「労働災害危険源抽出AI」を導入したことを発表した。(2021/7/13)

過去の労災、埋もれさせない――データから危険予測のAI、三井化学とIBMが開発
三井化学は、過去の労働災害情報をデータベース化し、安心安全な労働環境づくりに活用するために「IBM Watson」を用いたAIシステムを開発した。(2021/7/9)

4Kカメラ100台で能楽「葵上」を3D化、後から好きなカメラ位置に再編集 キヤノンと日本IBMが協業
日本IBMとキヤノンは7月2日、100台超の4Kカメラで360度全方位を撮影した映像を3秒で3Dデータ化する技術を芸術や芸能分野に向けて広めていくために協業を始めた。第1弾として能楽の映像を公開。(2021/7/5)

IBMプレジデントのホワイトハースト氏(元Red HatのCEO)が辞任
IBMのRed Hat買収でIBM入りし、2000年から同社プレジデントを務めてきた前Red HatのCEO、ジム・ホワイトハースト氏が辞任した。後任はまだ発表されていない。ホワイトハースト氏はシニアアドバイザーとして同社にとどまる。(2021/7/5)

IBM Cloud、“政府認定クラウド”入りは2022年に 次世代基盤に移行中で申請見合わせ
日本アイ・ビー・エムはクラウド基盤「IBM Cloud」について、政府のセキュリティ評価制度「ISMAP」の認定を2022年内に取得すると発表した。当初は21年内を目標としていたが、IBM Cloudが次世代基盤に移行中であることから、年内の申請を見合わせた。(2021/7/2)

見落としがちな「比較の穴」
IBM AS/400:クラウドとオンプレミスの「正しい対比」「正しい選択」してますか
クラウド移行が活発になっている。だが、「オンプレミスとクラウドの正しい比較」を実施しなければそのメリットやリスクを見落としてしまうという。基幹システムのインフラとして活用されているIBM AS/400に詳しい有識者に話を聞いた。(2021/7/2)

ヒートアップするチップ開発競争【後編】
IBMはなぜ「2ナノ」半導体チップを開発したのか?
IBMは半導体分野の研究開発成果を収益化することに関して積極的ではなかった。2ナノプロセスの半導体チップの開発で、その姿勢は変わる可能性がある。IBMはこの新技術を事業にどう生かそうとしているのだろうか。(2021/6/30)

セキュリティよりも利便性を優先 パンデミックが消費者行動に与えた影響とは――IBM Security
IBM Securityは、パンデミック下の消費者のデジタル行動とサイバーセキュリティへの潜在的な長期的影響に関する調査結果を発表した。同社は、利便性を重視する消費者行動に対して、企業が取るべき4つのセキュリティアクションを提案する。(2021/6/24)

IBMがセキュリティ研究機関「IBM Center for Government Cybersecurity」を創設 米国政府との共同開発も
IBMは、米国連邦政府機関による長期的なサイバーセキュリティ脅威への対応を目的に「IBM Center for Government Cybersecurity」を創設する。同社の専門技術を活用し、イベントやワークショップ、新ソリューションの開発を実施する予定だ。(2021/6/23)

ヒートアップするチップ開発競争【前編】
IBMが開発した「2ナノ」半導体チップとは サーバの処理性能を高速化
IBMは半導体の研究開発の成果として、2ナノプロセスの半導体チップを公開した。この実用化は、同社のサーバやメインフレームにどのような影響を与えるのか。(2021/6/22)

Computer Weekly日本語版
IBM、Microsoft、AWSの量子コンピューティングサービス
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/6/21)

製造マネジメントニュース:
エッジAIなどのプラットフォーム管理ソリューションを共同で提供
日鉄ソリューションズと日本IBMは、5Gの本格活用に伴ってニーズが高まるエッジコンピューティングなどに関して、プラットフォーム管理の新たなソリューションを提供する。(2021/6/11)

7nm以降の先端ノードをめぐり:
IBMがプロセス開発の“契約不履行”でGFに賠償請求か
IBMがGLOBALFOUNDRIES(GF)を契約不履行で訴え、25億米ドルの損害賠償を求めている。IBMはこの訴えをGLOBALFOUNDRIESに通告したが、米国EE Timesに対しては、まだ裁判所には提訴しておらず、従って世間に公表する準備もできていないと伝えてきた。GLOBALFOUNDRIESは既に米国ニューヨーク州最高裁判所に対し、この係属中の訴訟を価値がないものとして却下するよう申し立てを行った。(2021/6/10)

東大医科研とIBMが新型コロナウイルスのゲノム解析システムを共同開発 変異株対策に一手
東京大学医科学研究所付属ヒトゲノム解析センターと日本アイ・ビー・エムは6月8日、新型コロナウイルスの変異状況や流入経路を迅速に解析できるシステムを開発し、運用を始めたと発表した。(2021/6/9)

量子コンピュータ:
東大とIBMが産学連携を加速する量子コンピュータ研究施設を設立
東京大学と日本IBMは2021年6月7日、量子コンピュータ技術の研究開発を行うハードウェアのテストセンターとして「The University of Tokyo - IBM Quantum Hardware Test Center≫」を東京大学 浅野キャンパス内(東京都文京区)に開設したことを発表した。(2021/6/9)

東大とIBM、量子コンピュータの研究開発に向けたハードウェアテストセンターを開設
東京大学と日本IBMは、量子コンピュータ技術の研究や開発に向けたハードウェアテストセンター「The University of Tokyo - IBM Quantum Hardware Test Center」を東京大学の浅野キャンパスに開設した。どのような研究開発を進めるのだろうか。(2021/6/9)

IBM、研究用量子コンピュータを東大キャンパス内に設置 研究施設もオープン
日本アイ・ビー・エムが、東京大学浅野キャンパス(東京都文京区)に量子コンピュータ技術のハードウェアに関する研究や開発を行うテストセンターを開設したと発表。日本国内での研究開発の促進や人材育成を狙う。(2021/6/7)

DRは本番とレプリカ機のデータ整合が費用・リスク抑制のカギ
「IBM AS/400」の災害対策、手頃なコストで確実な事業継続を実現するには
「リモートレプリケーション」は本番機が被災してもレプリカ機ですぐに業務を再開できる点が強みだが、構築と管理の難しさやITインフラのコストが課題だった。これらを解決するシンプルな答えは。(2021/6/8)

追手門学院大学、「VMware on IBM Cloud」で学生や教職員が利用するシステムをクラウド化
追手門学院大学は、学生・教職員8000人が日常的に利用する教育・事務系システムを運用する基幹システムを「VMware on IBM Cloud」のプライベートクラウドソリューションでクラウド化。柔軟かつ信頼性が高く、コストパフォーマンスにも優れたシステム基盤の運用が可能になったという。(2021/6/2)

TADF材料の励起状態を計算:
量子コンピュータ実機で有機EL発光材料の性能予測
三菱ケミカルと日本IBM、JSRおよび、慶應義塾大学の研究プロジェクトチームは、量子コンピュータ実機を用いて有機EL発光材料の励起状態を高い精度で計算することに成功した。(2021/5/28)

何が課題で、何が実現しているのか
IBMのロードマップで見る、量子コンピュータ実現のステップ
当然ながら、量子コンピューティングを実現するには量子コンピュータとそこで実行するアプリケーションを開発する必要がある。従来型コンピュータとは全く異なるそれらを扱えるようにするIBMの取り組みとは。(2021/5/28)

頭脳放談:
第252回 IBMが2nmプロセスを発表、その先にIntelとの共同開発が見える?
IBMが「2nm」という極微細な半導体製造プロセス技術を発表した。現在の最先端プロセスは7nmなので、ロードマップ上の5nmと3nmを飛ばして2nmである。でも、この製造プロセスをIBMは、何に使うのか。その背景には、何かありそうだ。(2021/5/21)

組み込み開発ニュース:
性能とエネルギー効率に優れた2nmチップ技術を発表
IBMは、2nmのナノシート技術による新しい半導体デザインを発表した。指の爪ほどのチップに最大500億個のトランジスタを搭載可能で、7nmノードチップと比べて性能が45%向上し、エネルギー消費量を75%削減する。(2021/5/20)

IBMがCloud Pak for SecurityのSaaS版を発表 Zscalerとの提携も
IBMは「IBM Cloud Pak for Security」のSaaS版を発表した。ゼロトラスト構築支援に向けて、セキュリティプロバイダーのZscalerとの提携を明らかにした。併せてゼロトラストのユースケースに関する新たな取り組みも推進する。(2021/5/14)

「AIZU Online Judge」と「AtCoder」のデータを利用:
IBM、ソフトウェア開発へのAI活用を促進する大規模データセット「Project CodeNet」を公開
IBMはAIによるコードの理解と変換をサポートする大規模なオープンソースデータセット「Project CodeNet」を公開した。50種類以上のプログラミング言語で作成され、約1400万のコードサンプルで構成されている。正常に動作するコード以外にエラーを起こすコードも含まれており、AIの学習データとして役立つという。(2021/5/13)

TechTarget発 世界のITニュース
IBM、Red HatがプロセスマイニングのCelonisと提携 「DX」支援の狙いとは
IBMとRed Hatは、DXに取り組むユーザー企業への支援を強化するため、プロセスマイニングツールを手掛けるCelonisと提携した。業務の「非効率性」の解消を後押しする。(2021/5/13)

IBM Watsonに新機能 AIの信頼性や透明性を強化へ
日本IBMは、「IBM Watson」を使ったソリューションに複数の新機能を追加する。AIの信頼性や透明性、クラウドでAIを使う場合のデータへの可用性などを強化する。(2021/5/12)

GAAアーキテクチャを採用:
IBMが「2nm」プロセスのナノシートトランジスタを公開
IBMは、米国ニューヨーク州アルバニーにある研究開発施設で製造した「世界初」(同社)となる2nmプロセスを適用したチップを発表した。同チップは、IBMのナノシート技術で構築したGAA(Gate-All-Around)トランジスタを搭載している。(2021/5/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。