レビュー
» 2012年06月07日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:情報漏えいの主要因、USBメモリのセキュリティをいかに確保するか

情報漏えい対策が必要なのはサーバやクライアントPCだけではない。小型で盗難・紛失の可能性が高いUSBメモリの情報漏えい対策は喫緊の課題だ。USBメモリの安全性を効率的に高める方法を解説する。

[PR/ITmedia]

 データの保存や受け渡しにUSBメモリを使う機会は多いだろう。小型で可搬性が高いUSBメモリは手軽に持ち運べる反面、盗難・紛失のリスクは想像以上に大きい。日本ネットワークセキュリティ協会が発表した「2010年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書〜個人情報漏えい編〜」によると、紙媒体を除く情報漏えい経路のトップはUSBメモリだった。

 USBメモリを介した情報漏えいをいかに防ぐか。本ホワイトペーパーが提案するのは、高度な暗号化や指紋認証機能をUSBメモリに備えるという対策だ。また、多数存在する従業員のUSBメモリを効率的に管理する手段として、USBメモリの使用状況やセキュリティポリシーを一元管理するシステムも併せて紹介している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -